食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05740640384
タイトル フランス公衆衛生局、フランスにおける2020年の集団食中毒の年次監視データを公表
資料日付 2021年12月21日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  フランス公衆衛生局は12月21日、フランスにおける2020年の集団食中毒の年次監視データを公表した。概要は以下のとおり。
・集団食中毒の届出件数は、2019年比で43 %の大幅な減少となった。これは、明らかに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック及び実施された人的接触距離確保の措置(外出制限、外食産業の店舗や集団給食施設の閉鎖、在宅勤務等)によるものと考えられる。
・2020年の集団食中毒の届出件数は1,010件で、患者数は6,814名であった。この内、396名(6 %)が病院に行き(入院又は救急部門)、9名(0.13 %)が死亡した。
・企業の社員食堂での集団食中毒の届出件数は大幅に減少した(61 %減少)。以下の分野でも減少が見られた:外食産業(49 %減少)、学校給食(46 %減少)、家庭での食事(35 %減少)、社会医療施設の給食(26 %減少)。
 これまでの年のように、最も頻繁に確認された病原体はサルモネラ属菌であり、特定の病原体が確認された食中毒の内の43 %に相当した(2019年は36 %)。
 他の最もよく疑われた病原体は、毒素を産生する黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)、ウエルシュ菌(Clostridium perfringens)及びセレウス菌(Bacillus cereus)であり、特定の病原体が疑われた集団食中毒の内の74 %に相当した。
 当該年次監視データの報告書(13ページ)は以下のURLから入手可能。
https://www.santepubliquefrance.fr/content/download/399417/3302228
地域 欧州
国・地方 フランス
情報源(公的機関) フランス公衆衛生局
情報源(報道) フランス公衆衛生局
URL https://www.santepubliquefrance.fr/les-actualites/2021/toxi-infections-alimentaires-collectives-en-france-les-chiffres-2020