食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05720400482
タイトル 香港食物環境衛生署食物安全センター、リスク評価調査報告書「食品中の麦角アルカロイド」を公開
資料日付 2021年10月28日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  香港食物環境衛生署食物安全センターは10月28日、リスク評価調査報告書(化学的ハザード評価)「食品中の麦角アルカロイド」を公開した。概要は以下のとおり。
 香港食物環境衛生署食物安全センターは、香港における様々な食品中の麦角アルカロイド(EAs)の発生と含有量に関する概要を提示するため、2019年から2021年に食品中のEAsに関するリスク評価調査を行い、香港の成人集団のEAsに対する食事性ばく露を推定し、関連する潜在的健康リスクを評価した。
 EAsはマイコトキシンで、主にクラビセプス属菌(麦角菌属)の真菌により産生される。麦角菌種は、ライ麦、ライ小麦、小麦、大麦、キビ、オーツ麦などの穀物に感染する。感染過程において、麦角菌は子房にコロニーを形成し、発生中の穀物或いは種子をアルカロイドを含有する菌核(麦角)へと変化させる。EAsは主に麦角に由来する。麦角が穀類と一緒に収穫されると、穀類及びその製品はEAsで汚染されている可能性がある。
 中世には、多くの人がEAsに汚染された穀物や小麦粉又はパンを食べて中毒になった。こうした中毒事件は今日では珍しくなった。これは主に穀物不純物の除去や穀物をひく過程で、ほとんどの麦角が取り除かれるため、穀物食品における麦角アルカロイドの含有量が非常に少なくなったためである。
 FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)は、2021年に食事中の総EAsに対し、一日当たり0.4 μg/kg体重(bw)のグループ耐容一日摂取量(TDI)を設定した。
 本研究は、EAsを含む可能性が高いとされる食品に焦点を当て分析を行った。収集したサンプルは「穀類」、「小麦粉及びでん粉」、「未調理の乾麺及び未調理の生麺」、「パン」、「朝食用シリアル」、「その他ベーカリー製品」、及び「シリアルドリンク」の8食品群計339サンプルである。
 約79%のサンプル(267サンプル)からはEAsは検出されなかった。EAsが検出されたサンプル(全体の21%に当たる72サンプル)のEAs総含有量は、0.54~6.5 μg/kg(下限値~上限値)から1,200 μg/kgの範囲であった。「朝食用シリアル」と「パン」の食品群のサンプルのEAs総含有量は高く、平均総含有量はそれぞれ30?35 μg/kg(下限値~上限値)、12?16 μg/kg(下限値~上限値)であった。本研究で検出された平均総含有量は、欧州食品安全機関(EFSA)が2017年に公表した平均総EAs含有量より総じて低かった。
 本研究では、平均的な摂取量の成人の食事性EAsばく露量は0.018~0.076 μg/kg体重/日(下限値~上限値)(TDIの4.4%~19%)、高摂取量の成人の場合、0.036~0.12 μg/kg体重/日(下限値~上限値)(TDIの9.1%~29%)であった。本研究は、平均的な摂取量の成人も高摂取量の成人もEAsによる健康被害を被る可能性は低いことを示した。2017年にEFSAが公表した欧州の成人集団全体の平均食事性EAsばく露量と比較し、本研究が推算した平均食事性ばく露量は低い。
 推定された成人の食事性EAsばく露量を鑑み、市民には、健康的食生活に関する基本的な食事アドバイスに従い、バランスの取れた多様性のある食生活を維持することが推奨される。
 業界関係者(生産者、飼料メーカー、食品メーカー等)には、コーデックス委員会(Codex)の「穀物中のマイコトキシン汚染の防止と低減に関する実施規準」に従い、麦角及び穀物表面に付着した麦角のダストを取り除き、穀類から病菌を除去する分離技術等を適用し、EAs含有量を低減させることが推奨される。
 報告書ダイジェスト、及び報告書本文(26ページ)は以下のURLから入手可能。
中国語版
https://www.cfs.gov.hk/sc_chi/programme/programme_rafs/files/Presentation_Ergot_alkaloids_in_food_c.pdf
英語版
https://www.cfs.gov.hk/english/programme/programme_rafs/files/programme_rafs_fm_01_27_Report_e.pdf
地域 アジア
国・地方 香港
情報源(公的機関) 香港食物環境衛生署食物安全センター
情報源(報道) 香港食物環境衛生署食物安全センター
URL https://www.cfs.gov.hk/sc_chi/programme/programme_rafs/files/Report_Ergot_alkaloids_in_food_c.pdf