食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05700090149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、遺伝子組換えしたCorynebacterium glutamicum FIS002株由来の食品用酵素D-プシコース 3-エピメラーゼの安全性評価に関する科学的意見書を公表
資料日付 2021年10月18日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は10月18日、遺伝子組換えしたCorynebacterium glutamicum FIS002株由来の食品用酵素D-プシコース 3-エピメラーゼ(D-psicose 3-epimerase)の安全性評価に関する科学的意見書(2021年9月16日採択、13ページ、doi: 10.2903/j.efsa.2021.6870)を公表した。概要は以下のとおり。 
 本評価は、CJ-Tereos Sweetners Europe社による遺伝子組換えしたCorynebacterium glutamicum FIS002株の無処置(intact)ではあるが生育不能の固定化細胞からなる食品用酵素調製品を扱う。
 当該生産株は、食品用酵素D-フルクトース 3-エピメラーゼ(D-プシコース 3-エピメラーゼ、EC5.1.3.30)を生産する。当該食品用酵素調製品は特殊な炭水化物D-アルロース(D-プシコースと同義)を生産するためにフルクトースを加工する際に使用される。D-アルロース生産中の精製により総有機固形分(TOS)残留量は除去されるため、食事由来ばく露量は算出されなかった。
 遺伝毒性試験では安全性の懸念はなかった。全身毒性はラットにおける90日間反復経口投与毒性試験により評価された。EFSAの「食品接触材料、酵素及び加工助剤に関するパネル」(CEPパネル)は、試験の最大投与量である1,796 mgTOS/kg体重/日の無毒性量(NOAEL)を特定した。アミノ酸配列の既知のアレルゲンとの類似性に関する調査が行われたが、合致するものはなかった。
 CEPパネルは、意図する使用条件下で、食事性ばく露によるアレルギー感作性及び誘発反応のリスクは排除できないが、そのような反応が起きる可能性は低いと考えた。当該食品用酵素調製品は、ハザードと考えられる薬剤耐性遺伝子の複数のコピーを含有する。しかしながら、申請者が説明する特定の意図された使用条件下で、D-アルロース生産中のTOS除去及びD-アルロース中に組換えDNAがないことを示すエビデンスに基づき、CEPパネルは当該食品用酵素に関連する特定されたハザードがリスクを及ぼすことはないと結論付けた。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/6870