食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05690550470
タイトル 欧州疾病予防管理センター(ECDC)、クリプトスポリジウム症に関する2018年疫学報告書を公表
資料日付 2021年10月5日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州疾病予防管理センター(ECDC)は10月5日、クリプトスポリジウム症に関する2018年疫学報告書(6ページ)を公表した。主な内容は以下のとおり。
1.2018年は欧州連合/欧州経済領域(EU/EEA)の20か国において、14,299例のクリプトスポリジウム症例(うち確定症例は14,252例)が報告された。
2.届出率は人口10万人対4.4確定症例であった。
3.4か国(ドイツ、オランダ、スペイン及び英国)の症例が全確定症例の76 %を占め、英国だけで41 %を占めた。
4.過去数年と同様、症例の大半は秋(9月にピーク)に報告されたが、2018年では小規模なピークが春(4月)にもみられた。
5.0~4歳児の届出率が最も高かった(人口10万人対15.8症例)。
 当該報告書は以下のURLから入手可能。
https://www.ecdc.europa.eu/sites/default/files/documents/CRYP_AER_2018_Report.pdf
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州疾病予防管理センター(ECDC)
情報源(報道) 欧州疾病予防管理センター(ECDC)
URL https://www.ecdc.europa.eu/en/publications-data/cryptosporidiosis-annual-epidemiological-report-2018