No.
1 その他の内臓機能検査用器具(無線式ルーメンpHセンサ) 2020年3月17日 2020年3月24日
2 ひらめβ溶血性レンサ球菌症不活化ワクチン 2004年10月1日 2004年12月2日
3 ひらめβ溶血性レンサ球菌症不活化ワクチン(Mバックイニエ) 2004年10月1日 2004年12月2日
4 ふぐ目魚類用フェバンテルを有効成分とする寄生虫駆除剤 2003年12月18日 2004年4月22日
5 ふぐ目魚類用フェバンテルを有効成分とする寄生虫駆除剤(フェバンテル) 2003年12月18日 2004年4月22日
6 ふぐ目魚類用フェバンテルを有効成分とする寄生虫駆除剤(マリンバンテル) 2008年1月15日 2008年5月22日
7 ぶりビブリオ病不活化ワクチン 2004年10月1日 2004年12月2日
8 ぶりビブリオ病不活化ワクチン(ノルバックス ビブリオ mono) 2004年10月1日 2004年12月2日
9 ぶり用イリドウイルス感染症・ぶりビブリオ病・α溶血性レンサ球菌症混合不活化ワクチン 2003年12月18日 2004年2月26日
10 ぶり用イリドウイルス感染症・ぶりビブリオ病・α溶血性レンサ球菌症混合不活化ワクチン 2003年12月18日 2004年2月26日
11 アクロミド 2013年3月12日 2013年3月18日
12 アザペロン 2009年3月24日 2012年10月29日
13 アザメチホス 2017年3月22日 2017年3月28日
14 アスコルビン酸(対象外物質) 2008年3月25日 2008年6月19日
15 アスパラギン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
16 アスポキシシリン 2017年3月22日 2017年3月28日
17 アセトアミノフェンを有効成分とする豚の経口投与剤(アレンジャー10、アレンジャー30)【承認】 2009年2月2日 2010年6月3日
18 アセトアミノフェンを有効成分とする豚の経口投与剤(ピレキシン10%)【承認】 2011年5月10日 2011年11月24日
19 アセトアミノフェン【残留基準の設定】 2011年5月10日 2011年11月24日
20 アセトアミノフェン【残留基準の設定】 2009年2月2日 2010年6月3日
21 アバメクチン 2007年4月10日 2012年2月9日
22 アビラマイシン 2008年9月16日 2011年6月9日
23 アビラマイシン 2013年8月20日 2013年8月26日
24 アプラマイシン 2010年3月23日 2013年7月8日
25 アボパルシン 2007年3月20日 2007年3月23日
26 アミトラズ 2006年11月6日 2007年5月17日
27 アミトラズを有効成分とするみつばちの寄生虫駆除剤(アピバール) 2006年11月6日 2007年5月17日
28 アミトラズを有効成分とする蜜蜂の寄生虫駆除剤(アピバール) 【再審査】 2017年5月31日 2017年6月13日
29 アモキシシリン 2006年12月19日 2018年7月17日
30 アモキシシリン水和物を有効成分とする牛及び豚の注射剤(アモスタックLA注)【再審査】 2019年2月27日 2019年6月4日
31 アラニン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
32 アルギニン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
33 アルトレノゲスト 2015年6月23日 2016年1月12日
34 アルベンダゾール 2016年8月17日 2016年8月23日
35 アルベンダゾール 2013年8月20日 2015年9月29日
36 アレスリン 2007年2月6日 -
37 アンピシリン 2006年7月18日 -
38 アンピシリンナトリウム 2005年9月13日 -
39 アンピシリンナトリウムを有効成分とする牛の注射剤(注射用ビクシリン) 2004年10月29日 -
40 アンプロリウム 2020年3月18日 -
41 イソオイゲノール 2007年3月6日 -
42 イソシンコメロン酸二プロピル 2007年3月6日 -
43 イソプロチオラン 2010年1月5日 2010年9月16日
44 イソプロチオラン 2007年8月21日 2008年2月28日
45 イソプロチオラン 2012年5月21日 2012年12月10日
46 イソメタミジウム 2012年2月24日 -
47 イノシトール(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
48 イプロニダゾール 【残留基準の設定】 2015年1月13日 2015年10月27日
49 イベルメクチン 2006年7月18日 2006年11月30日
50 イベルメクチン 2006年4月24日 2006年11月30日
51 イベルメクチンを有効成分とする牛の寄生虫駆除剤(アイボメックトピカル) 2006年4月24日 2006年7月20日
52 イベルメクチン及びプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイバランゴールド) 2006年4月24日 2006年11月30日
53 イベルメクチン及びプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイマックス) 2006年4月24日 2006年11月30日
54 イベルメクチン及びプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイマックス)【再審査】 2015年3月11日 2015年3月31日
55 イミダクロプリド 2003年10月31日 2004年1月15日
56 イミダクロプリドを主成分とする動物体に直接適用しない動物用殺虫剤(ノックベイト) 2003年10月31日 2004年1月15日
57 イミドカルブ 2007年3月20日 2008年12月18日
58 イリドウイルス病・ぶりビブリオ病・α溶血性レンサ球菌症・類結節症混合(多糖アジュバント加)不活化ワクチン【残留基準の設定】 2013年1月30日 2013年7月29日
59 イリドウイルス病・ぶりビブリオ病・α溶血性レンサ球菌症・類結節症混合(多糖アジュバント加)不活化ワクチン(“京都微研"マリナ-4)【承認】 2013年1月30日 2013年7月29日
60 インターフェロンアルファ 2004年3月19日 2004年7月8日
61 ウエストナイルウイルス感染症不活化ワクチン 2006年6月19日 2006年8月31日
62 ウエストナイルウイルス感染症不活化ワクチン(ウエストナイルイノベーター) 2006年6月19日 2006年8月31日
63 ウラジロガシエキスを有効成分とする牛の尿路結石治療剤(ウロストン2品目) 2004年10月29日 2005年1月6日
64 エチプロストントロメタミン 2006年10月16日 2007年5月31日
65 エチプロストントロメタミンを有効成分とする牛の注射剤(プロスタベット C)及び豚の注射剤(プロスタベット S) 2006年4月24日 2007年5月31日
66 エトキサゾール 2003年8月5日 2006年5月18日
67 エトキサゾール 2013年1月30日 2013年8月26日
68 エトキサゾールを主成分とする動物用殺虫剤 2003年8月5日 2006年5月18日
69 エトキサゾールを有効成分とする鶏舎のワクモ駆除剤(ゴッシュ)【承認】 2013年1月30日 2013年8月26日
70 エトキサゾール(原液) 2003年8月5日 2006年5月18日
71 エトパベート 2020年3月18日 -
72 エプリノメクチン 2008年6月3日 2009年2月26日
73 エプリノメクチン 2008年3月11日 2009年2月26日
74 エプリノメクチンを有効成分とする牛の内部寄生虫及び外部寄生虫駆除剤(エプリネックス トピカル) 2008年6月3日 2009年2月26日
75 エマメクチン安息香酸塩 2012年3月26日 -
76 エリスロマイシン 2007年2月6日 2013年2月18日
77 エンロフロキサシン 2005年9月13日 2006年5月18日
78 エンロフロキサシンを有効成分とする製造用原体(バイトリル原体)、鶏の飲水添加剤(バイトリル10%液)、牛の強制経口投与剤(バイトリル2.5%HV液)並びに牛及び豚の注射剤(バイトリル2.5%注射液、同5%注射液、同10%注射液) 2004年10月29日 2006年5月18日
79 エンロフロキサシンを有効成分とする豚の注射剤(バイトリル ワンジェクト注射液)【承認】 2014年11月26日 2015年9月1日
80 エンロフロキサシン 【残留基準値の設定】 2014年11月28日 2015年9月1日
81 オイゲノール 2020年3月18日 -
82 オキサシリン 2017年3月22日 2017年3月28日
83 オキシクロザニド 2020年3月18日 -
84 オキシテトラサイクリン 2013年8月20日 2013年11月11日
85 オキシテトラサイクリン、クロルテトラサイクリン及びテトラサイクリン 2012年1月10日 2012年11月5日
86 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用テラマイシン散)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
87 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用テラマイシン散-200)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
88 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC20%「あすか」)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
89 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC20%「バイオ」NC)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
90 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散10%「KS」)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
91 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散200W)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
92 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散20%「KS」)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
93 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散50%「KS」)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
94 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散「コーキン」200)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
95 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散「コーキン」)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
96 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散「TG」10%)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
97 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散「TG」20%)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
98 オキシテトラサイクリン塩酸塩を有効成分とするふぐ目魚類の飼料添加剤(水産用OTC散「TG」40%)【再審査】 2017年9月6日 2018年3月6日
99 オキシベンダゾール 2007年7月17日 2009年3月5日
100 オキソリニック酸 2010年9月13日 2011年6月30日
101 オキソリニック酸 2006年9月4日 2008年7月24日
102 オキソリニック酸 2019年3月19日 2019年8月27日
103 オフロキサシン 2005年9月13日 2005年11月24日
104 オフロキサシンを有効成分とする鶏の飲水添加剤(オキサルジン液) 2004年10月29日 2005年11月24日
105 オメプラゾール 2008年3月11日 2008年12月18日
106 オメプラゾールを有効成分とする馬の強制経口投与剤(ガストロガード) 2008年3月11日 2008年12月18日
107 オラキンドックス 2008年3月11日 2009年10月1日
108 オルトジクロロベンゼン 2020年3月18日 -
109 オルビフロキサシン 2005年4月11日 2013年10月21日
110 オルビフロキサシン 2006年7月18日 2013年10月21日
111 オルビフロキサシン 2017年8月31日 2017年10月31日
112 オルビフロキサシンを有効成分とする豚の飲水添加剤 2005年4月11日 2013年10月21日
113 オルメトプリム 2020年3月18日 -
114 オレアンドマイシン 2017年10月26日 2017年10月31日
115 カナマイシン 2006年12月19日 2007年5月31日
116 ガミスロマイシンを有効成分とする牛の注射剤(ザクトラン)【承認】 2013年11月13日 2014年7月22日
117 ガミスロマイシンを有効成分とする豚の注射剤(ザクトラン メリアル)【承認】 2016年10月12日 2017年2月7日
118 ガミスロマイシン【残留基準値の設定】 2016年10月13日 2016年12月20日
119 ガミスロマイシン 【残留基準値の設定】 2013年11月13日 2014年7月22日
120 カラゾロール 2007年7月17日 2009年7月30日
121 カルシフェロール (対象外物質) 2010年2月16日 2014年7月8日
122 カルバドックス 2003年7月1日 2003年8月28日
123 カルバドックス 2012年8月21日 -
124 カルバリル 2012年9月18日 2018年9月4日
125 カルプロフェン 2007年2月6日 2009年6月25日
126 キシラジン 2006年12月19日 2019年7月2日
127 キタサマイシン 2017年3月22日 2017年3月28日
128 クエン酸(対象外物質) 2010年2月16日 -
129 クエン酸モサプリドを有効成分とする馬の強制経口投与剤(プロナミド散1%)【承認】 2014年3月24日 2014年10月14日
130 クマホス 2007年1月15日 -
131 クラブラン酸 2007年3月6日 2010年6月24日
132 グリカルピラミド 2020年3月18日 -
133 グリシン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
134 グリチルリチン酸モノアンモニウム 2007年4月23日 2008年1月10日
135 グリチルリチン酸モノアンモニウムを有効成分とする牛の乳房注入剤(マストリチン) 2007年4月23日 2008年1月10日
136 グリチルリチン酸モノアンモニウムを有効成分とする牛の乳房注入剤(マストリチン)【再審査】 2017年5月31日 2017年6月13日
137 グルタミン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
138 グレプトフェロン及びトルトラズリルを有効成分とする豚の注射剤(バイコックス アイアン注射液) 2020年2月26日 -
139 クレンブテロール 2007年1月15日 2009年6月18日
140 クレンブテロール 2006年10月16日 2009年6月18日
141 クロキサシリン 2010年2月16日 -
142 クロサンテル 2012年2月24日 2015年4月14日
143 クロサンテル 2016年7月13日 2016年7月19日
144 クロステボル 2020年3月18日 -
145 クロラムフェニコール 2011年1月24日 2014年3月3日
146 クロルスロン 2007年3月20日 2010年7月1日
147 クロルフェンビンホス 2010年12月10日 -
148 クロルプロマジン 2012年2月24日 2014年7月15日
149 クロルヘキシジン 2020年3月18日 -
150 クロルマジノン 2007年2月6日 -
151 ケトプロフェン 2007年3月6日 2009年10月1日
152 ケトプロフェンを有効成分とする豚の注射剤(ディニタル)【承認】 2014年9月10日 2015年1月27日
153 ケトプロフェン【残留基準の設定】 2014年9月10日 2015年1月27日
154 ケラチナーゼを有効成分とする洗浄剤 2006年7月18日 2006年12月14日
155 ケラチナーゼを有効成分とする洗浄剤(プリオザイム) 2006年7月18日 2006年12月14日
156 ゲンタマイシン 2019年5月23日 2019年5月28日
157 ゲンタマイシン 2011年1月24日 2018年8月28日
158 ゲンチアナバイオレット 2018年8月8日 2018年11月27日
159 コバラミン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
160 コリスチン 2007年3月6日 2008年1月24日
161 コリン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年6月24日
162 サラフロキサシン 2003年7月1日 2003年7月24日
163 サラフロキサシン 2012年8月21日 2018年5月8日
164 サラフロキサシン 2019年1月23日 2019年1月29日
165 サリノマイシン 2012年7月18日 2018年5月29日
166 ジアベリジン 2020年3月18日 -
167 ジエチルスチルベストロール 2012年2月24日 2019年7月23日
168 ジクラズリル 2012年2月24日 2014年5月13日
169 ジクラズリル 2013年8月20日 2014年5月13日
170 ジクラズリル - 2016年11月29日
171 ジクラズリルを有効成分とする牛の強制経口投与剤(ベコクサン)【承認】 2016年8月23日 2017年1月17日
172 ジクロキサシリン 2007年8月28日 -
173 ジクロルボス及びナレド 2009年3月24日 -
174 ジクロロイソシアヌル酸 2019年2月20日 2020年9月1日
175 ジシクラニル 2007年3月6日 2017年8月1日
176 ジニトルミド 2020年2月13日 -
177 ジノテフラン 2012年5月21日 2012年10月29日
178 ジノテフラン 2006年11月6日 2007年7月26日
179 ジノテフラン 2010年2月16日 2010年9月9日
180 ジノテフランを有効成分とする動物体に直接適用しない動物用殺虫剤(フラッシュベイト、エコスピード) 2006年11月6日 2007年7月26日
181 シハロトリン 2012年1月23日 -
182 ジヒドロストレプトマイシン及びストレプトマイシン 2013年8月20日 -
183 ジヒドロストレプトマイシン/ストレプトマイシン 2003年7月1日 2003年7月24日
184 ジブチルサクシネート 2020年3月18日 -
185 シフルトリン 2012年8月21日 -
186 シフルトリン 2019年9月5日 -
187 ジフルベンズロン 2010年12月10日 2015年7月28日
188 シペルメトリン 2013年12月10日 2018年2月13日
189 ジミナゼン 2011年3月25日 -
190 ジメトリダゾール 2012年2月24日 2015年4月14日
191 ジョサマイシン 2010年2月16日 2013年5月27日
192 ジルパテロール 2012年3月26日 2013年1月28日
193 シロマジン 2005年12月5日 2007年11月29日
194 シロマジン 2006年7月18日 2007年11月29日
195 シロマジンを有効成分とする鶏の飼料添加剤(ラーバデックス1%) 2005年12月5日 2007年11月29日
196 シロマジンを有効成分とする鶏の飼料添加剤(ラーバデックス1%)【再審査】 2017年5月31日 2017年6月13日
197 スピノサド 2006年7月18日 2010年4月8日
198 スピノサドを有効成分とする鶏舎噴霧剤(エコノサド) 【承認】 2014年10月24日 2015年2月17日
199 スピノサド 【残留基準の設定】 2014年10月24日 2015年2月17日
200 スピノサド 【残留基準の設定】 2005年12月19日 2010年4月8日
201 スピラマイシン 2016年12月14日 2016年12月20日
202 スピラマイシン 2011年1月24日 2016年9月27日
203 スペクチノマイシン 2017年11月22日 2017年11月28日
204 スペクチノマイシン 2012年7月18日 2017年7月18日
205 スルファエトキシピリダジン 2017年3月22日 2017年3月28日
206 スルファキノキサリン 2020年3月18日 -
207 スルファグアニジン 2017年3月22日 2017年3月28日
208 スルファクロルピリダジン 2020年3月18日 -
209 スルファジアジン 2020年3月18日 -
210 スルファジミジン 2012年1月23日 -
211 スルファジメトキシン 2007年3月20日 -
212 スルファセタミド 2017年3月22日 2017年3月28日
213 スルファチアゾール 2007年3月20日 -
214 スルファドキシン 2020年3月18日 -
215 スルファトロキサゾール 2017年3月22日 2017年3月28日
216 スルファニトラン 2017年3月22日 2017年3月28日
217 スルファニルアミド 2017年3月22日 2017年3月28日
218 スルファピリジン 2017年3月22日 2017年3月28日
219 スルファブロモメタジンアトリウム 2017年3月22日 2017年3月28日
220 スルファベンズアミド 2017年3月22日 2017年3月28日
221 スルファメトキサゾール 2005年9月13日 -
222 スルファメトキサゾール 2006年7月18日 -
223 スルファメトキサゾール及びトリメトプリムを有効成分とする豚の飲水添加剤(動物用シノラール液) 2005年8月5日 -
224 スルファメトキシピリダジン 2017年3月22日 2017年3月28日
225 スルファメラジン 2017年3月22日 2017年3月28日
226 スルファモイルダプソン 2020年3月18日 -
227 スルファモノメトキシン 2007年3月20日 -
228 スルフイソゾール 2007年2月6日 -
229 セデカマイシン 2010年2月16日 2011年3月10日
230 セファセトリル 2017年3月22日 2017年3月28日
231 セファゾリン 2009年3月10日 2013年2月18日
232 セファピリン 2006年7月18日 2018年9月11日
233 セファピリンナトリウム 2005年9月13日 2018年9月11日
234 セファピリンベンザチン 2005年9月13日 2018年9月11日
235 セファピリンベンザチンを有効成分とする製剤原料(セファピリンベンザチン 「コーキン」)、牛の乳房注入剤(KPドライ-5G)及びセファピリンナトリウムを有効成分とする牛の乳房注入剤(KPラック-5G)(取下げ) 2005年8月5日 2018年9月20日
236 セファレキシン 2007年2月6日 2010年6月24日
237 セファロニウム 2010年3月23日 2011年3月31日
238 セフォペラゾン 2007年1月15日 2007年12月20日
239 セフキノム 2006年12月19日 2008年12月18日
240 セフチオフル 2006年7月18日 2007年1月18日
241 セフチオフル 2005年9月13日 2007年1月18日
242 セフチオフルを有効成分とする牛の注射剤(エクセーデC)【承認】 2014年7月2日 2015年5月12日
243 セフチオフルを有効成分とする牛及び豚の注射液(エクセネル注) 2010年2月1日 2010年2月18日
244 セフチオフルを有効成分とする牛及び豚の注射剤(エクセネル注) 2005年4月11日 2007年1月18日
245 セフチオフルを有効成分とする豚の注射剤(エクセーデS)【承認】 2014年7月2日 2015年5月12日
246 セフチオフル【残留基準の設定】 2014年7月2日 2015年5月12日
247 セフロキシム 2011年1月24日 -
248 ゼラノール 2014年3月25日 -
249 セリン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
250 センデュラマイシン 2012年7月18日 2017年11月7日
251 ダイアジノン 2013年3月12日 2014年8月19日
252 タイロシン 2016年11月14日 2016年11月29日
253 タイロシン 2006年9月4日 2012年9月10日
254 タイロシン 2019年2月20日 2019年3月5日
255 タウリン(対象外物質) 2008年9月22日 2009年2月19日
256 ダノフロキサシン 2003年7月1日 2003年7月24日
257 ダノフロキサシン 2009年3月10日 2013年3月4日
258 チアベンダゾール 2010年12月10日 2014年12月16日
259 チアミン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
260 チアムリン 2010年2月16日 2013年6月17日
261 チアンフェニコール 2005年9月13日 2007年10月4日
262 チアンフェニコール 2006年7月18日 2007年10月4日
263 チアンフェニコールを有効成分とする牛及び豚の注射剤(ネオマイゾン注射液及びバシット注射液) 2004年10月29日 2007年10月4日
264 チオプロニン 2020年3月18日 -
265 チモール 2017年10月12日 2018年4月17日
266 チモールを有効成分とする蜜蜂の寄生虫駆除剤(チモバール)【承認】 2017年10月11日 2018年4月17日
267 チルジピロシン 2019年12月18日 2020年3月31日
268 チルジピロシン 2018年11月21日 2019年11月19日
269 チルジピロシン 2020年6月11日 2020年6月16日
270 チルジピロシンを有効成分とする豚の注射剤(ズプレボ40注射液)【承認】 2018年11月22日 2019年11月19日
271 チルミコシン 2007年1月12日 2007年5月17日
272 チルミコシンを有効成分とする製剤原料(チルミコシン)、牛の注射剤(ミコチル300注射剤) 2005年8月5日 2005年12月22日
273 チロシン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
274 ツラスロマイシン 2005年8月1日 2006年3月9日
275 ツラスロマイシン 2009年11月24日 2010年10月28日
276 ツラスロマイシンを有効成分とする牛の注射剤(ドラクシンC) 【承認】 2015年3月11日 2015年7月14日
277 ツラスロマイシンを有効成分とする豚の注射剤(ドラクシン25) 2018年4月26日 2018年5月8日
278 ツラスロマイシンを有効成分とする豚の注射剤(ドラクシン) 2009年11月24日 2010年10月28日
279 ツラスロマイシン 【残留基準の設定】 2015年3月12日 2015年8月4日
280 デキサメタゾン 2013年1月30日 2017年8月1日
281 デコキネート 2020年3月18日 -
282 テトラクロルビンホス(CVMP) 2017年3月22日 2017年3月28日
283 テフルベンズロン 2012年1月23日 2014年1月20日
284 テフルベンズロン 2017年3月15日 2017年12月12日
285 テメホス 2017年3月22日 2017年3月28日
286 デルタメトリン及びトラロメトリン 2013年8月20日 2015年1月13日
287 デルタメトリン及びトラロメトリン 2020年7月28日 2020年8月4日
288 テルデカマイシン 2009年3月24日 2009年3月26日
289 ドキシサイクリン 2006年12月19日 2012年11月5日
290 トコフェロール(対象外物質) 2010年2月16日 2018年3月27日
291 トビシリン 2008年6月3日 -
292 トビシリンを有効成分とするすずき目魚類の飼料添加剤(水産用フジペニン40、水産用フジペニン20、水産用フジペニンP) (取下げ) 2008年6月3日 2014年2月24日
293 ドラメクチン 2005年9月13日 2006年6月8日
294 ドラメクチンを有効成分とする製造用原体(ドラメクチン)並びに牛及び豚の注射剤(デクトマックス) 2005年3月11日 2006年6月8日
295 トリクラベンダゾール 2014年5月14日 2014年5月20日
296 トリクラベンダゾール 2012年2月24日 2013年3月11日
297 トリニューモウイルス感染症生ワクチン 2007年1月15日 2007年5月17日
298 トリニューモウイルス感染症生ワクチン(ネモバック) 2007年1月15日 2007年5月17日
299 トリニューモウイルス感染症生ワクチン(ネモバック)【再審査】 2013年11月13日 2013年12月2日
300 トリプトレリン酢酸塩 2016年3月23日 2016年9月27日
301 トリブロムサラン 2020年3月18日 -
302 トリペレナミン 2017年3月22日 2017年3月28日
303 トリメトプリム 2005年9月13日 -
304 トリメトプリム 2006年7月18日 -
305 トリレオウイルス感染症生ワクチン 2008年3月11日 2008年6月5日
306 トリレオウイルス感染症生ワクチン(ノビリス Reo 1133) 2008年3月11日 2008年6月5日
307 トルトラズリル 2006年10月23日 2007年5月10日
308 トルトラズリル 2008年3月11日 2008年4月17日
309 トルトラズリル - 2020年9月1日
310 トルトラズリルを有効成分とする牛及び豚の強制経口投与剤(牛用バイコックス、豚用バイコックス) 2008年3月11日 2008年6月5日
311 トルトラズリルを有効成分とする牛及び豚の強制経口投与剤(牛用バイコックス、豚用バイコックス)【再審査】 2016年7月19日 2016年8月2日
312 トルフェナム酸 2010年2月16日 2016年5月24日
313 トロメタミンジノプロストを有効成分とする牛の注射剤(動物用プロナルゴンEZ注射液) 2020年9月2日 -
314 ナイアシン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
315 ナイカルバジン 2013年12月10日 -
316 ナナフロシン 2009年3月10日 2019年11月26日
317 ナフシリン 2020年3月18日 -
318 ナラシン 2013年8月20日 2013年8月26日
319 ナラシン 2007年3月6日 2013年1月7日
320 ナリジクス酸 2012年2月24日 2012年3月1日
321 ニタルソン 2020年3月18日 -
322 ニトロキシニル 2020年3月18日 -
323 ニトロフラン類(ニトロフラゾン、ニトロフラントイン、フラゾリドン及びフラルタドンをいう) 2007年1月15日 2007年5月10日
324 ニフルスチレン酸ナトリウム 2020年3月18日 -
325 ニューカッスル病、鶏伝染性気管支炎、鶏伝染性コリーザ及びマイコプラズマ・ガリセプチカム感染症不活化ワクチン("京都微研 "ニワトリ5種混合オイルワクチン-C) 2004年9月3日 2005年1月6日
326 ニューカッスル病・マレック病(ニューカッスル病ウイルス由来F蛋白遺伝子導入マレック病ウイルス1型)凍結生ワクチン 2009年7月6日 2009年12月3日
327 ニューカッスル病・マレック病(ニューカッスル病ウイルス由来F蛋白遺伝子導入マレック病ウイルス1型)凍結生ワクチン(セルミューンN) 2009年7月6日 2009年12月3日
328 ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン 2009年4月27日 2009年8月6日
329 ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン(アビテクトNB/TM) 2009年4月27日 2009年8月6日
330 ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン(アビテクトNB/TM)【再審査】 2018年9月20日 2018年9月25日
331 ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン(シード)(ガルエヌテクトS95-NBL) 2020年3月17日 2020年3月24日
332 ニューカッスル病及び鶏伝染性気管支炎生ワクチン(ND・IB生ワクチン「NP」) 2004年9月3日 2005年1月6日
333 ネオマイシン 2012年8月21日 2018年3月6日
334 ネオマイシン 2019年1月23日 2019年1月29日
335 ノボビオシン 2017年3月22日 2017年3月28日
336 ノルジェストメット 2020年3月18日 -
337 ノルフロキサシン 2006年10月16日 2014年1月20日
338 ノルフロキサシンを有効成分とする鶏の経口投与剤(インフェック10%液)及び豚の経口投与剤(インフェック2%液) 2006年4月24日 2010年3月25日
339 バクイノレート 2017年3月22日 2017年3月28日
340 バクイロプリム 2017年3月22日 2017年3月28日
341 バシトラシン 2012年7月18日 -
342 パスツレラ・ムルトシダ(アジュバント加)トキソイド(豚パスツレラトキソイド"化血研") 2004年10月29日 2005年1月6日
343 バリン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
344 バルネムリン 2006年12月19日 2008年5月22日
345 バルネムリン - 2018年9月25日
346 バルネムリン塩酸塩を有効成分とする豚の飼料添加剤(エコノア1%プレミックス及び同10%プレミックス)【再審査】 2018年7月4日 2018年11月6日
347 パルベンダゾール 2012年2月24日 2012年3月1日
348 ハロクソン 2017年3月22日 2017年3月28日
349 ハロフジノン 2013年3月12日 -
350 パロモマイシン 2007年1月15日 2007年5月31日
351 パントテン酸(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
352 バージニアマイシン 2020年3月18日 -
353 ヒアルロン酸ナトリウム 2007年1月15日 2007年9月20日
354 ヒアルロン酸ナトリウムを有効成分とする馬の注射剤(ハイオネート) 2007年1月15日 2007年9月20日
355 ビオチン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
356 ビコザマイシン 2009年3月10日 2013年5月13日
357 ヒスチジン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
358 ビチオノール 2014年1月15日 2014年1月20日
359 ヒドロコルチゾン 2020年3月18日 -
360 ピペラジン 2007年3月6日 2009年10月1日
361 ピランテル 2009年3月10日 -
362 ピリドキシン(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
363 ピリメタミン 2020年3月18日 -
364 ピルビン酸メチル 2009年11月24日 2013年9月9日
365 ピルビン酸メチルを有効成分とするフグ目魚類の外部寄生虫駆除剤(マリンディップ) 2009年11月24日 2013年9月9日
366 ピルリマイシン 2008年2月12日 2008年3月27日
367 ピルリマイシン 2004年12月3日 2005年3月10日
368 ファムフール 2017年3月22日 2017年3月28日
369 フィプロニル 2011年2月10日 2014年1月20日
370 フェニトロチオン 2012年2月24日 2014年6月3日
371 フェニトロチオン 2010年9月27日 2014年6月3日
372 フェノキシメチルペニシリン 2007年5月22日 -
373 フェノトリン 2017年3月22日 2017年3月28日
374 フェノブカルブ 2010年9月27日 2013年9月9日
375 フェノブカルブ 2012年5月21日 2013年9月9日
376 フェンクロルホス 2014年1月15日 2014年1月20日
377 フェンバレレート 2012年7月18日 2013年7月29日
378 フェンプロスタレン 2017年3月22日 2017年3月28日
379 プラジクアンテル 2006年4月24日 2006年11月30日
380 プラジクアンテル 2005年9月13日 2006年11月30日
381 プラジクアンテル 2006年7月18日 2006年11月30日
382 プラジクアンテルを有効成分とするすずき目魚類用寄生虫駆除剤(水産用ベネサール、ハダクリーン) 2005年6月7日 2006年11月30日
383 フラボフォスフォリポール 2010年2月16日 2013年7月22日
384 プリフィニウム 2009年3月10日 2011年4月7日
385 フルアズロン 2013年3月12日 2015年9月15日
386 フルニキシン 2011年1月24日 2012年2月2日
387 フルニキシン 2006年7月18日 2006年12月14日
388 フルニキシンメグルミン 2005年9月13日 2006年12月14日
389 フルニキシンメグルミンを有効成分とする牛の注射剤(フォーベット50注射液) 2008年1月15日 2008年4月24日
390 フルニキシンメグルミンを有効成分とする製造用原体(バナミン)及び馬の消炎鎮痛剤(バナミン注射液5%) 2004年10月29日 2006年12月14日
391 フルニキシンメグルミンを有効成分とする豚の注射剤(フォーベット50注射液、フィナジン50注射液)【再審査】 2016年7月19日 2016年8月2日
392 フルニキシンメグルミンを有効成分とする馬の経口投与剤(バナミンペースト)【承認】 2012年12月12日 2013年7月1日
393 フルニキシンメグルミン【残留基準の設定】 2015年4月23日 2015年8月18日
394 フルニキシンメグルミン【残留基準設定】 2012年12月12日 2013年7月1日
395 フルバリネート 2010年12月10日 2013年9月30日
396 フルベンダゾール 2009年3月24日 2010年1月14日
397 フルベンダゾール 2016年2月9日 2016年2月16日
398 フルメキン 2010年3月23日 2018年1月16日
399 フルメトリン 2013年12月20日 2015年9月15日
400 フルララネル 2018年4月18日 2018年10月2日
401 フルララネルを有効成分とする鶏の飲水添加剤(エグゾルト) 2020年8月12日 -
402 プレドニゾロン 2014年3月25日 2016年3月8日
403 プロゲステロンを有効成分とする牛の発情周期同調及び繁殖障害治療用膣内挿入剤(イージーブリード) 2004年10月29日 2005年1月6日
404 プロゲステロン及び安息香酸エストラジオール 2004年3月19日 2004年7月29日
405 プロゲステロン及び安息香酸エストラジオールを有効成分とする牛の発情周期同調用膣内挿入剤(プリッド テイゾー)及び(ユニプリッド) 2004年3月19日 2004年7月29日
406 プロゲステロン及び安息香酸エストラジオールを有効成分とする牛の発情周期同調用膣内挿入剤(プリッド テイゾー)【再審査】 2014年2月19日 2014年3月17日
407 ブロチゾラム 2006年10月16日 2008年3月13日
408 ブロチゾラムを有効成分とする牛の注射剤(メデランチル) 2006年4月24日 2008年3月13日
409 ブロノポールを有効成分とするカレイ目魚類稚魚の薬浴用消毒剤【残留基準の設定】 2013年8月6日 2013年10月7日
410 プロピオン酸カルシウム 2008年5月13日 2008年7月24日
411 プロピオン酸カルシウム、塩化カルシウム、リン酸一水素カルシウム及び酸化マグネシウムを有効成分とする牛の強制経口投与剤(カルチャージ) 2008年5月13日 2008年7月24日
412 プロピオン酸カルシウム、塩化カルシウム、リン酸一水素カルシウム及び酸化マグネシウムを有効成分とする牛の強制経口投与剤(カルチャージ)【再審査】 2017年4月26日 2017年5月16日
413 プロペタンホス 2010年2月16日 2013年8月5日
414 ブロムフェノホス 2012年9月18日 2018年6月5日
415 フロルフェニコール 2006年7月18日 2007年8月30日
416 フロルフェニコール 2007年1月15日 2007年8月30日
417 フロルフェニコール 2005年9月13日 2007年8月30日
418 フロルフェニコール - 2019年7月30日
419 フロルフェニコールを有効成分とする 牛の注射剤 ( フロロコール200注射液 ) 及び豚の注射剤 ( フロロコール100注射液 ) 2005年3月11日 2007年8月30日
420 フロルフェニコールを有効成分とする牛の注射剤(ニューフロール) 2007年1月15日 2007年8月30日
421 フロルフェニコールを有効成分とする牛の注射剤(フロルガン)【承認】 2019年5月22日 2019年9月17日
422 フロルフェニコール【残留基準の設定】 2015年4月23日 2015年8月18日
423 フロルフェニコール及びフルニキシンメグルミンを有効成分とする牛の注射剤(レスフロール)【承認】 2015年4月22日 2015年9月29日
424 ペグボビグラスチム 2016年6月15日 2016年11月15日
425 ペグボビグラスチムを有効成分とする牛の注射剤(イムレスター)【承認】 2017年8月22日 2018年1月16日
426 ベダプロフェン 2007年5月22日 2013年11月18日
427 ベタメタゾン 2013年1月30日 2017年12月26日
428 ペルメトリン 2012年5月21日 2019年5月21日
429 ベンジルペニシリン 2007年2月6日 2007年5月31日
430 ベンゾカイン 2007年3月6日 2008年4月10日
431 ホキシム 2009年2月3日 -
432 ホスホマイシン 2006年7月18日 2010年4月28日
433 ホスホマイシンナトリウム 2005年9月13日 2010年4月28日
434 ホスホマイシンナトリウムを有効成分とする牛の注射剤(動物用ホスミシンS (静注用)) 2005年8月5日 2010年4月28日
435 ポリミキシンB 2017年3月22日 2017年3月28日
436 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症・マイコプラズマ・シノビエ感染症混合生ワクチン 【残留基準の設定】 2010年5月10日 2011年4月7日
437 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症・マイコプラズマ・シノビエ感染症混合生ワクチン(ノビリス MGMS) 【承認】 2010年5月10日 2011年4月7日
438 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症凍結生ワクチン 2008年3月11日 2008年6月5日
439 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症凍結生ワクチン(MG 生ワクチン (NBI)) 2008年3月11日 2008年6月5日
440 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症(6/85株)生ワクチン 2008年3月11日 2008年6月5日
441 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症(6/85株)生ワクチン(ノビリス MG 6/85) 2008年3月11日 2008年6月5日
442 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症(G210株)生ワクチン 2008年3月11日 2008年6月5日
443 マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症(G210株)生ワクチン(〝京都微研〟ポールセーバーMG) 2008年3月11日 2008年6月5日
444 マイコプラズマ・シノビエ感染症凍結生ワクチン(MS生ワクチン(NBI))【再審査】 2013年1月30日 2013年2月18日
445 マイコプラズマ・シノビエ凍結生ワクチン 2005年8月5日 2005年10月20日
446 マイコプラズマ・シノビエ凍結生ワクチン(MS生ワクチン(NBI)) 2005年8月5日 2005年10月20日
447 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(アジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン(エムパック)【承認】 2012年10月11日 2013年3月4日
448 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(アジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン (マイコプラズマ・ハイオニューモニエ J株19022-001 不活化菌)【残留基準の設定】 2012年10月11日 2013年3月4日
449 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン (マイコプラズマ・ハイオニューモニエ P-5722-3 株)【残留基準の設定】 2012年10月11日 2013年3月4日
450 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン(レスピフェンドMH-One FDAH)【承認】 2012年10月11日 2013年3月4日
451 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)不活化ワクチン【残留基準の設定】 2009年11月24日 2010年5月13日
452 マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)不活化ワクチン(レスピフェンドMH)【再審査】 2009年11月24日 2010年5月13日
453 マデュラマイシン 2014年3月25日 -
454 マホプラジン 2020年3月18日 -
455 マラカイトグリーン及びロイコマラカイトグリーン 2005年9月13日 2005年11月24日
456 マルボフロキサシン 2006年11月6日 2007年8月9日
457 マルボフロキサシンを有効成分とする牛及び豚の注射剤(マルボシル2%、同10%) 2006年11月6日 2007年8月9日
458 マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)・鶏痘混合生ワクチン 2007年4月23日 2007年6月28日
459 マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)・鶏痘混合生ワクチン(日生研イノボMD2価・FPワクチン) 2007年4月23日 2007年6月28日
460 ミロキサシン 2014年1月15日 2014年1月20日
461 ミロサマイシン 2006年7月18日 2008年8月7日
462 ミロサマイシン 2005年8月5日 2008年8月7日
463 ミロサマイシンを有効成分とするみつばちの飼料添加剤(みつばち用アピテン) 2004年12月3日 2008年8月7日
464 ミロサマイシンを有効成分とする豚の注射剤(マイプラビン注100) 2005年8月5日 2008年8月7日
465 ミロサマイシンを有効成分とする豚の注射剤(マイプラビン注100) 【再審査】 2018年4月26日 2018年5月15日
466 メシリナム 2020年3月18日 -
467 メチオニン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
468 メチオニン(対象外物質) - 2017年12月19日
469 メチオニン(対象外物質) - 2019年1月29日
470 メチルプレドニゾロン 2007年1月15日 2016年3月8日
471 メチルプレドニゾロン 2018年1月18日 2018年1月23日
472 メチルベンゾクエート(ネクイネート) 2017年3月22日 2017年3月28日
473 メトクロプラミド 2013年1月30日 2015年6月2日
474 メトプレン 2010年12月10日 -
475 メトロニダゾール 2012年2月24日 2014年5月20日
476 メベンダゾール 2007年3月6日 2010年3月4日
477 メロキシカム 2006年4月24日 2007年3月22日
478 メロキシカム 2014年6月18日 2014年10月14日
479 メロキシカム 2006年7月18日 2007年3月22日
480 メロキシカムを有効成分とする牛の注射剤(メタカム2%注射液) 2006年4月24日 2007年3月22日
481 メロキシカムを有効成分とする牛の注射剤(メタカム2%注射液)【再審査】 2013年7月2日 2013年7月22日
482 メンブトン 2020年3月18日 -
483 モキシデクチン 2013年12月20日 2014年3月10日
484 モキシデクチン 2012年8月21日 2013年6月3日
485 モキシデクチンを有効成分とする牛の内部寄生虫及び外部寄生虫の駆除剤(サイデクチン ポアオン) 2012年8月21日 2013年6月3日
486 モサプリド【残留基準の設定】 2014年3月25日 2014年10月14日
487 モネパンテル 2009年3月3日 2010年9月9日
488 モネパンテル 2017年9月27日 2018年2月13日
489 モネンシン 2007年3月6日 2013年2月18日
490 モランテル 2010年3月23日 2013年8月5日
491 ライドロマイシン 2017年3月22日 2017年3月28日
492 ラクトフェリンを有効成分とする牛の乳房注入剤(マストラック)【承認】 2011年5月10日 2012年4月5日
493 ラクトフェリン【残留基準の設定】 2011年5月10日 2012年4月5日
494 ラクトフェリン(対象外物質) 2015年3月10日 2015年3月17日
495 ラサロシド 2013年11月14日 2014年8月5日
496 ラサロシド 2013年3月12日 2014年8月5日
497 ラフォキサニド 2007年1月15日 2009年2月19日
498 リファキシミン 2007年5月22日 2008年6月5日
499 リボフラビン (対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
500 リンコマイシン 2006年12月19日 2013年1月7日
501 リン酸タイロシンを有効成分とする豚の経口投与剤(動物用タイロシンプレミックス「A」2%、同10%、同20%) 2006年11月6日 2012年9月10日
502 リン酸チルミコシンを有効成分とする製造用原体(リン酸チルミコシン20%(原薬))及び豚の飼料添加剤(動物用プルモチルプレミックス-20、同-50、同-100) 2004年12月3日 2005年5月19日
503 リン酸チルミコシン液を有効成分とする牛の経口投与剤(ミコラル経口液、経口用ミコラル) 2007年1月15日 2007年5月17日
504 リン酸一水素カルシウム 2008年5月13日 2008年7月24日
505 ルフェヌロン 2013年12月20日 2014年6月17日
506 レチノール(対象外物質) 2010年2月16日 -
507 レバミゾール 2007年2月6日 2010年3月18日
508 ロイシン(対象外物質) 2010年2月16日 2012年10月15日
509 ロキサルソン 2020年3月18日 -
510 ロニダゾール 2012年2月24日 2014年7月29日
511 ロベニジン 2014年3月25日 -
512 ロメフロキサシン【残留基準の設定】 2014年9月9日 2016年1月12日
513 α溶血性レンサ球菌症・類結節症混合(油性アジュバント加)不活化ワクチン 2007年7月17日 2007年10月4日
514 α溶血性レンサ球菌症・類結節症混合(油性アジュバント加)不活化ワクチン(ノルバックス 類結/レンサOil) 2007年7月17日 2007年10月4日
515 亜鉛(対象外物質) 2017年6月15日 2018年2月13日
516 塩化カリウム 2008年9月16日 2009年1月22日
517 塩化カルシウム 2008年9月16日 2009年1月22日
518 塩化カルシウム 2008年5月13日 2008年7月24日
519 塩化ジデシルジメチルアンモニウム 2020年3月18日 -
520 塩化ナトリウム 2008年9月16日 2009年1月22日
521 塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウム及び酢酸ナトリウムを有効成分とする牛の注射剤(酢酸リンゲル-V注射液) 2008年9月12日 2009年1月22日
522 塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化カルシウム水和物、塩酸ナトリウム水和物及びブドウ糖を有効成分とする牛の注射剤(酢酸リンゲル糖-V注射液)【承認】 2019年3月19日 2019年3月26日
523 塩化リゾチームを有効成分とするまだいの飼料添加剤(水産用ポトチーム) 2005年8月5日 2005年11月24日
524 塩酸クレンブテロールを有効成分とする牛の注射剤(プラニパート) 2006年4月24日 2009年6月18日
525 塩酸クレンブテロールを有効成分とする馬の経口投与剤(ベンチプルミンーシロップ) 2007年1月15日 2009年6月18日
526 塩酸ジフロキサシン 2005年8月22日 2005年8月25日
527 塩酸ジフロキサシンを有効成分とする製造用原体(塩酸ジフロキサシン)及び豚の飲水添加剤(ベテキノン可溶散25%) 2004年10月29日 2005年7月14日
528 塩酸セフチオフルを有効成分とする牛及び豚の注射剤(エクセネルRTU)【承認】 2014年7月2日 2015年5月12日
529 塩酸ピルリマイシンを有効成分とする乳房注入剤(ピルスー) 2008年2月12日 2008年5月8日
530 塩酸メトセルペイト 2017年3月22日 2017年3月28日
531 塩酸ラクトパミン 2004年4月16日 2004年11月4日
532 過酸化水素を有効成分とするふぐ目魚類及びすずき目魚類の外部寄生虫駆除剤(ムシオチール)【承認】 2017年12月19日 2018年5月8日
533 牛クロストリジウム感染症5種混合(アジュバント加)トキソイド【残留基準の設定】 2010年2月1日 2010年7月15日
534 牛クロストリジウム感染症5種混合(アジュバント加)トキソイド(“京都微研”キャトルウィン-Cl 5)【再審査】 2010年2月1日 2010年7月15日
535 牛及び豚用インターフェロンアルファ経口投与剤 2009年7月6日 2009年8月6日
536 牛結核病診断薬(牛ツベルクリンPPD及び鳥ツベルクリンPPD)を使用した牛由来の食品の安全性 2018年11月7日 2018年11月13日
537 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢‐粘膜病・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス(7型)感染症・ヒストフィルス・ソムニ感染症混合ワクチン【残留基準の設定】 2013年8月6日 2013年8月19日
538 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢‐粘膜病・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス(7型)感染症・ヒストフィルス・ソムニ感染症混合ワクチン(“京都微研" キャトルウィン‐5Hs)【承認】 2013年8月6日 2013年8月19日
539 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病2価・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症混合ワクチン 2004年7月2日 2004年9月2日
540 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病2価・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症混合ワクチン(〝京都微研〟キャトルウィン-6) 2004年7月2日 2004年9月2日
541 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病2価・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症混合ワクチン(〝京都微研〟キャトルウィン-6)【再審査】 2012年10月11日 2013年4月1日
542 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病・牛パラインフルエンザ・牛アデノウイルス感染症混合生ワクチン(日生研牛呼吸器病4種混合生ワクチン) 2004年12月3日 2005年2月10日
543 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症・牛ヒストフィルス・ソムニ(ヘモフィルス・ソムナス)感染症混合(アジュバント加)ワクチン(“京都微研„ キャトルウィン-5Hs)【再評価】 2019年12月11日 2019年12月17日
544 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病2価・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症混合生ワクチン【残留基準設定】 2012年12月12日 2013年5月13日
545 牛伝染性鼻気管炎・牛ウイルス性下痢-粘膜病2価・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症・牛アデノウイルス感染症混合生ワクチン(“京都微研"カーフウィン6)【承認】 2012年12月12日 2013年5月13日
546 牛伝染性鼻気管炎・牛パラインフルエンザ・牛RSウイルス感染症混合生ワクチン(ティーエスブイ3)【承認】 2019年3月19日 2019年3月26日
547 牛伝染性鼻気管炎・牛パラインフルエンザ混合生ワクチン【残留基準の設定】 2012年11月20日 2013年4月1日
548 牛伝染性鼻気管炎・牛パラインフルエンザ混合生ワクチン(ティーエスブイ2)【承認】 2012年11月20日 2013年4月1日
549 牛用インターフェロンアルファ経口投与剤(ビムロン) 2004年3月19日 2004年7月8日
550 牛用マンヘミア・ヘモリチカ1型菌不活化ワクチン 2003年11月12日 2004年2月26日
551 牛用マンヘミア・ヘモリチカ1型菌不活化ワクチン(リスポバル) 2003年11月12日 2004年2月26日
552 牛流行熱・イバラキ病混合不活化ワクチン(日生研BEF・IK混合不活化ワクチン、牛流行熱・イバラキ病混合不活化ワクチン"化血研"及び"京都微研"牛流行熱・イバラキ病混合不活化ワクチン) 2004年12月3日 2005年2月10日
553 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ)混合生ワクチン 2009年7月6日 2009年8月6日
554 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ)混合生ワクチン(日生研鶏コクシ弱毒3価生ワクチン(TAM)) 2009年7月6日 2009年8月6日
555 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ・ミチス)混合生ワクチン 2005年6月7日 2005年8月4日
556 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ・ミチス)混合生ワクチン(パラコックス-5) 2005年6月7日 2005年8月4日
557 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ・ミチス)混合生ワクチン(パラコックス-5)【再審査】 2014年2月19日 2014年2月24日
558 鶏コクシジウム感染症(アセルブリナ・テネラ・マキシマ)混合生ワクチン(日生研鶏コクシ弱毒3価生ワクチン(TAM)) 2004年10月29日 2005年1月6日
559 鶏コクシジウム感染症(ネカトリックス)生ワクチン【残留基準の設定】 2009年11月24日 2010年7月15日
560 鶏コクシジウム感染症(ネカトリックス)生ワクチン(日生研鶏コクシ弱毒生ワクチン(Neca))【再審査】 2009年11月24日 2010年7月15日
561 鶏サルモネラ症(油性アジュバンド加)不活性化ワクチン 2004年7月2日 2004年9月2日
562 鶏サルモネラ症(油性アジュバンド加)不活性化ワクチン(オイルバックスSET) 2004年7月2日 2004年9月2日
563 鶏サルモネラ症(サルモネラ・エンテリティディス・サルモネラ・ティフィムリウム)(アジュバント加)不活化ワクチン 2008年1月15日 2008年3月27日
564 鶏サルモネラ症(サルモネラ・エンテリティディス・サルモネラ・ティフィムリウム)(アジュバント加)不活化ワクチン(“京都微研”ポールセーバーSE/ST) 2008年1月15日 2008年3月27日
565 鶏のトリニューモウイルス感染症生ワクチン 2006年7月18日 2006年11月16日
566 鶏のトリニューモウイルス感染症生ワクチン(ノビリスTRT・1000) 2006年7月18日 2006年11月16日
567 鶏の産卵低下症候群-1976(油性アジュバント加)不活化ワクチン(オイルバックスEDS-76、EDS-76オイルワクチン-C及び日生研EDS不活化オイルワクチン) 2005年3月11日 2005年5月19日
568 鶏マレック病凍結生ワクチン(ポールバックMDcvi) 2006年4月24日 2006年6月22日
569 鶏マレック病(マレック病ウイルス1型・七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン 2006年11月6日 2007年1月18日
570 鶏マレック病(マレック病ウイルス1型・七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン(クリオマレック(RISPENS+HVT)) 2006年11月6日 2007年1月18日
571 鶏マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン 2006年11月6日 2007年1月18日
572 鶏マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン(2価MD生ワクチン(HVT+SB-1)) 2006年11月6日 2007年1月18日
573 鶏大腸菌症生ワクチン 2012年2月6日 2012年9月24日
574 鶏大腸菌症生ワクチン(ガルエヌテクトCBL) 2012年2月6日 2012年9月24日
575 鶏大腸菌不活化ワクチン 2006年1月10日 2006年3月9日
576 鶏大腸菌不活化ワクチン(“京都微研”ポールセーバーEC) 2006年1月10日 2006年3月9日
577 鶏伝染性ファブリキウス嚢病・マレック病(マレック病ウイルス2型・七面鳥ヘルペスウイルス)・鶏痘混合生ワクチン(バックスオンPox/MD/IBD)【承認】 2019年3月19日 2019年3月26日
578 鶏伝染性ファブリキウス嚢病生ワクチン(バックスオンIBD-CA)【承認】 2016年3月2日 2016年3月8日
579 鶏伝染性ファブリキウス嚢病(抗血清加)生ワクチン 2009年11月24日 2010年5月13日
580 鶏伝染性ファブリキウス嚢病(抗血清加)生ワクチン(バーサ・BDA) 2009年11月24日 2010年5月13日
581 鶏伝染性ファブリキウス囊病・マレック病(鶏伝染性ファブリキウス囊病ウイルス由来VP2遺伝子導入七面鳥ヘルペスウイルス)凍結生ワクチン(バキシテックHVT+IBD)【承認】 2020年4月15日 -
582 鶏伝染性気管支炎生ワクチン 2004年4月8日 2004年6月17日
583 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(〝京都微研〟ポールセーバーIB) 2004年4月8日 2004年6月17日
584 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(4-91株)(ノビリスIB4-91) 2008年9月12日 2009年4月9日
585 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(IB TM生ワクチン"化血研") 2004年12月3日 2005年2月10日
586 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(アビテクトIB/AK1000)【再審査】 2018年9月20日 2018年9月25日
587 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(アビテクトIB/AK) 2008年9月12日 2009年1月22日
588 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(アビテクトIB/AK)【再審査】 2018年9月20日 2018年9月25日
589 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(ガルエヌテクトS95-IB) 2012年8月21日 2013年4月1日
590 鶏伝染性気管支炎生ワクチン(“京都微研“ポールセーバーIB)【再審査】 2012年10月11日 2012年11月5日
591 鶏伝染性気管支炎(4-91株)生ワクチン 2008年9月16日 2009年4月9日
592 鶏伝染性気管支炎(AK01株)生ワクチン 2008年9月16日 2009年1月22日
593 鶏伝染性気管支炎(S95-P7株)生ワクチン 2012年8月21日 2013年4月1日
594 鶏脳脊髄炎・鶏痘混合生ワクチン 2008年9月16日 2009年1月22日
595 鶏脳脊髄炎・鶏痘混合生ワクチン(ノビリスAE+Pox) 2008年9月12日 2009年1月22日
596 鶏貧血ウイルス感染症生ワクチン 2007年7月17日 2007年9月20日
597 鶏貧血ウイルス感染症生ワクチン(ノビリスCAV P4) 2007年7月17日 2007年9月20日
598 酸化マグネシウム 2008年5月13日 2008年7月24日
599 使用制限期間が設定されている既承認の動物用ワクチンに添加剤として含まれる成分の人への健康影響 2014年4月9日 2014年10月14日
600 脂肪族アルコールエトキシレート 2017年3月22日 2017年3月28日
601 酒石酸(対象外物質) 2010年2月16日 -
602 酢酸イソ吉草酸タイロシン 2020年3月18日 -
603 酢酸トレンボロン 2014年3月25日 2020年8月18日
604 酢酸ナトリウム 2008年9月16日 2009年1月22日
605 酢酸メレンゲステロール 2007年1月15日 2017年1月31日
606 酢酸メレンゲステロール 2017年2月15日 2017年2月21日
607 性腺刺激ホルモン放出因子・ジフテリアトキソイド結合物を有効成分とする豚の注射剤 2009年4月27日 2009年9月10日
608 性腺刺激ホルモン放出因子・ジフテリアトキソイド結合物を有効成分とする豚の注射剤(インプロバック) 2009年4月27日 2009年9月10日
609 前葉性卵胞刺激ホルモン(FSH)を有効成分とする牛の過剰排卵誘起用注射剤(アントリンR10・Al)【承認】 2016年5月12日 2016年9月27日
610 前葉性卵胞刺激ホルモン(FSH)を有効成分とする牛の過剰排卵誘起用注射剤(アントリンR・10) 2004年10月29日 2005年1月6日
611 鳥インフルエンザ不活化ワクチンの使用に係る肉、卵その他食品の安全性 2004年3月1日 2004年3月25日
612 鳥インフルエンザ不活化ワクチンを接種した鳥類に由来する食品の安全性 2004年3月1日 2004年3月25日
613 鳥インフルエンザ(油性アジュバント加)不活化ワクチン 2007年1月15日 2007年3月22日
614 鳥インフルエンザ(油性アジュバント加)不活化ワクチン(ノビリスIA inac、AI(H5N2亜型)不活化ワクチン(NBI)、レイヤーミューン AIV) 2004年10月1日 2004年12月9日
615 鳥インフルエンザ(油性アジュバント加)不活化ワクチン(ノビリスIA inac、AI(H5N2亜型)不活化ワクチン(NBI)、レイヤーミューン AIV) 2004年10月1日 2004年12月9日
616 鳥インフルエンザ(油性アジュバント加)不活化ワクチン(鳥インフルエンザワクチン「北研」) 2007年1月15日 2007年3月22日
617 動物用ワクチンの使用制限期間の設定の考え方の変更について 2014年4月9日 2014年4月15日
618 動物用ワクチンの添加剤として使用する成分 2015年6月10日 2015年9月1日
619 動物用ワクチンの添加剤として使用する成分 2015年10月21日 2016年2月2日
620 動物用ワクチンの添加剤として使用する成分 2016年12月15日 2017年4月18日
621 動物用ワクチンの添加剤として使用する成分 2017年6月22日 2017年11月7日
622 動物用ワクチンの添加剤として使用する成分 2018年8月29日 2018年10月30日
623 動物用医薬品等(専ら動物のために使用されることが目的とされている医薬品、医薬部外品又は医療機器をいう。以下同じ。)のうち、動物用医薬品等取締規則(平成16年農林水産省令第107号)第24条で規定する対象動物に該当しない動物であって愛がん用のものを対象とする動物用医薬品等についての承認、再審査又は再評価を行う場合 2008年6月3日 2008年6月5日
624 動物用医薬品又は動物用医薬部外品のうち、動物体に直接適用しない動物用殺虫剤であって、用法、有効成分の特性等から、食用に供する動物及び食用に供する乳、卵等の生産物を生産している動物が暴露される可能性がないものの承認、再審査又は再評価を行う場合 2011年4月28日 2011年5月12日
625 豚アクチノバシラス・プルロニューモニエ(1・2・5型)感染症・豚丹毒混合(油性アジュバント加)不活化ワクチン 2009年11月24日 2010年5月13日
626 豚アクチノバシラス・プルロニューモニエ(1・2・5型)感染症・豚丹毒混合(油性アジュバント加)不活化ワクチン(“京都微研”ピッグウィン-EA) 2009年11月24日 2010年5月13日
627 豚インフルエンザ・豚丹毒混合(油性アジュバント加)不活化ワクチン 2009年11月24日 2010年6月3日
628 豚インフルエンザ・豚丹毒混合(油性アジュバンド加)不活化ワクチン(フルシュア ER) 2009年11月24日 2010年6月3日
629 豚オーエスキー病生ワクチン 2006年7月18日 2006年11月16日
630 豚オーエスキー病生ワクチン(スバキシン オーエスキー フォルテ、スバキシン オーエスキー フォルテ ME) 2006年7月18日 2006年11月16日
631 豚オーエスキー病不活化ワクチン 2006年11月6日 2007年1月18日
632 豚オーエスキー病不活化ワクチン(“京都微研 ” 豚オーエスキー病不活化ワクチン) 2006年11月6日 2007年1月18日
633 豚オーエスキー病(gI-,tk-)生ワクチン 2007年7月17日 2007年9月20日
634 豚オーエスキー病(gI-,tk-)生ワクチン(ポーシリス Begonia DF・10、ポーシリス Begonia DF・50) 2007年7月17日 2007年9月20日
635 豚オーエスキー病(gⅠ-,tk-)生ワクチン 2008年3月11日 2008年5月22日
636 豚オーエスキー病(gⅠ-,tk-)生ワクチン(ポーシリス Begonia IDAL・10、ポーシリス Begonia IDAL・50) 2008年3月11日 2008年5月22日
637 豚オーエスキー病(gI-、tk-)生ワクチン(酢酸トコフェロールアジュバント加溶解用液)(ポーシリスBegonia DF・10、ポーシリスBegonia DF・50)【再審査】 2015年6月10日 2015年6月16日
638 豚コレラマーカーワクチンを接種した豚に由来する食品の安全性 2019年9月17日 2019年11月26日
639 豚コレラ経口生ワクチンを摂取したいのししに由来する食品の安全性 2019年3月12日 2019年4月23日
640 豚サーコウイルス(2型)感染症(1型-2型キメラ)(デキストリン誘導体アジュバント加)不活化ワクチン 2009年4月27日 2009年8月6日
641 豚サーコウイルス(2型)感染症(1型-2型キメラ)(デキストリン誘導体アジュバント加)不活化ワクチン(スバキシンPCV2/スバキシンPCV2 FDAH) 2009年4月27日 2009年8月6日
642 豚サーコウイルス(2型・組換え型)感染症・豚繁殖・呼吸障害症候群・マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)混合ワクチン(インゲルバック3フレックス)【承認】 2015年6月10日 2015年6月16日
643 豚サーコウイルス(2型・組換え型)感染症・豚繁殖・呼吸障害症候群・マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)混合ワクチン【残留基準の設定】 2015年6月10日 2015年6月16日
644 豚サーコウイルス(2型・組換え型)感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)不活化ワクチン 2007年11月13日 2008年1月10日
645 豚サーコウイルス(2型・組換え型)感染症(カルボキシビニルポリマーアジュバント加)不活化ワクチン(インゲルバック サーコフレックス) 2007年11月13日 2008年1月10日
646 豚サーコウイルス(2型)感染症不活化ワクチン(油性アジュバント加懸濁用液) 2008年2月12日 2008年4月10日
647 豚サーコウイルス(2型)感染症不活化ワクチン(油性アジュバント加懸濁用液)(サーコバック) 2008年2月12日 2008年4月10日
648 豚のアクチノバシラス・プルロニューモニエ感染症不活化ワクチン 2006年7月18日 2006年11月16日
649 豚のアクチノバシラス・プルロニューモニエ感染症不活化ワクチン(ポーシリス APP、ポーシリス APP「Ⅳ」) 2006年7月18日 2006年11月16日
650 豚パルボウイルス感染症・豚丹毒・豚レプトスピラ病(イクテロヘモラジー・カニコーラ・グリッポチフォーサ・ハージョ・ブラティスラーバ・ポモナ)混合(アジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン 2007年1月15日 2007年3月22日
651 豚パルボウイルス感染症・豚丹毒・豚レプトスピラ病(イクテロヘモラジー・カニコーラ・グリッポチフォーサ・ハージョ・ブラティスラーバ・ポモナ)混合(アジュバント・油性アジュバント加)不活化ワクチン(ファローシュアプラスB) 2007年1月15日 2007年3月22日
652 豚パルボウイルス(油性アジュバント加)不活化ワクチン 2008年9月16日 2009年1月29日
653 豚パルボウイルス(油性アジュバント加)不活化ワクチン(パルボテック) 2008年9月12日 2009年1月29日
654 豚ボルデテラ感染症・豚パスツレラ症・豚丹毒混合(アジュバント加)不活化ワクチン 2004年10月1日 2004年12月2日
655 豚ボルデテラ感染症・豚パスツレラ症・豚丹毒混合(アジュバント加)不活化ワクチン(リニシールドTX4、リニシールドTX4(ゲン)) 2004年10月1日 2004年12月2日
656 豚ボルデテラ感染症・豚パスツレラ症混合(アジュバント加)不活化ワクチン(インゲルバックAR4) 2004年10月29日 2005年1月6日
657 豚ボルデテラ感染症精製(アフィニティークロマトグラフィー部分精製)・豚パスツレラ症混合(油性アジュバンド加)不活化ワクチン 2004年4月8日 2004年6月17日
658 豚ボルデテラ感染症精製(アフィニティークロマトグラフィー部分精製)・豚パスツレラ症混合(油性アジュバンド加)不活化ワクチン(スワイバック ARコンポ2) 2004年4月8日 2004年6月17日
659 豚ボルデテラ感染症不活化・パスツレラ・ムルトシダトキソイド混合(油性アジュバント加)ワクチン 2005年4月11日 2005年6月9日
660 豚ボルデテラ感染症不活化・パスツレラ・ムルトシダトキソイド混合(油性アジュバント加)ワクチン(日生研ARBP混合不活化ワクチンME 2005年4月11日 2005年6月9日
661 豚増殖性腸炎乾燥生ワクチン 2010年2月1日 2010年5月20日
662 豚増殖性腸炎乾燥生ワクチン(エンテリゾール イリアイティスTF、同FC、同HL、同HC) 2010年2月1日 2010年5月20日
663 豚丹毒(酢酸トコフェロールアジュバント加)不活化ワクチン 2007年1月15日 2007年5月17日
664 豚丹毒(酢酸トコフェロールアジュバント加)不活化ワクチン(ポーシリスERY、ポーシリスERY「Ⅳ」) 2007年1月15日 2007年5月17日
665 豚伝染性胃腸炎・豚流行性下痢混合生ワクチン 2006年11月6日 2007年1月18日
666 豚伝染性胃腸炎・豚流行性下痢混合生ワクチン(日生研TGE・PED混合生ワクチン、スイムジェンTGE/PED) 2006年11月6日 2007年1月18日
667 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン 2007年4月23日 2007年9月6日
668 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン(インゲルバックPRRS生ワクチン) 2007年4月23日 2007年9月6日
669 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン(インゲルバックPRRS生ワクチン)【再審査】 2012年10月11日 2012年11月5日
670 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン(フォステラPRRS)【承認】 2016年9月27日 2017年2月7日
671 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン(“京都微研"ピッグウィンPRRS2)【承認】 2013年8月6日 2013年8月19日
672 豚繁殖・呼吸障害症候群生ワクチン(豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルスKKM-33株及びKCI-97137株)【残留基準の設定】 2013年8月6日 2013年8月19日
673 豚流行性下痢生ワクチン(日生研PED生ワクチン) 2005年8月5日 2005年11月24日
674 馬鼻肺炎生ワクチン【残留基準の設定】 2012年10月11日 2013年4月1日
675 馬鼻肺炎生ワクチン(エクエヌテクトERP)【承認】 2012年10月11日 2013年4月1日
676 平成15年8月5日(15消安第988号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(用法等から明らかに食品健康影響評価が必要でない場合 及び既に承認されている動物用医薬品等と成分が同等である等、新たに食品健康影響評価が必要でない場合) 2003年8月5日 2003年8月22日
677 平成16年12月3日(16消安第6971号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(疾病の予防を目的とする動物用生物学的製剤の承認、再審査及び再評価であって条件に該当するもの) 2004年12月3日 2004年12月9日
678 平成18年10月3日(厚生労働省発食安第1002005号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(ニトロフラン類試験法) 2006年10月3日 2006年10月5日
679 平成18年10月3日(厚生労働省発食安第1002006号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(マラカイトグリーン試験法) 2006年10月3日 2006年10月5日
680 平成18年5月9日(厚生労働省発食安第0509001号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(「石綿付金網」、「石綿網」及び「石綿」について) 2006年5月9日 2006年5月11日
681 平成18年5月9日(厚生労働省発食安第0509002号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(クロラムフェニコール試験法) 2006年5月9日 2006年5月11日
682 平成26年5月13日(厚生労働省発食安0513第3号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (オラキンドックス及びカルバドックス試験法、クレンブテロール試験法) 2014年5月14日 2014年5月20日
683 平成27年2月17日(厚生労働省発食安0217第2号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (クロルスロン試験法) 2015年2月18日 2015年2月24日
684 平成27年8月31日(厚生労働省発食安0831第2号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (ブロチゾラム試験法) 2015年9月1日 2015年9月8日
685 平成28年12月13日(厚生労働省発生食1213第11号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (2,4,5-T、ダミノジッド及びマラカイトグリーン試験法) 2016年12月14日 2016年12月20日
686 平成28年5月17日(厚生労働省発生食0517第3号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (クロラムフェニコール試験法、イプロニダゾール、ジメトリダゾール、メトロニダゾール及びロニダゾール試験法) 2016年5月17日 2016年5月24日
687 平成28年8月17日(厚生労働省発生食0817第3号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (クマホス試験法) 2016年8月17日 2016年8月23日
688 平成29年2月13日(厚生労働省発生食0213第5号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (ジエチルスチルベストロール試験法、及び酢酸メレンゲステロール試験法) 2017年2月15日 2017年2月21日
689 平成31年2月20日(厚生労働省発生食0220第10号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて (クロルプロマジン試験法) 2019年2月20日 2019年2月26日
690 薬事法第83条の5第1項の規定に基づく農林水産省令の改正について 2013年12月4日 2013年12月9日
691 葉酸(対象外物質) 2010年2月16日 2013年4月22日
692 硫酸セフキノムを有効成分とする牛の注射剤(コバクタン/セファガード) 2008年1月15日 2008年12月18日
693 令和2年2月19日(厚生労働省発生食0219第2号)食品健康影響評価を行うことが明らかに必要でないときについて(デキサメタゾン及びベタメタゾン試験法) 2020年2月19日 2020年2月25日
694 孵化を目的としたニシン目魚類のブロノポールを有効成分とする魚卵用消毒剤 2007年10月12日 2008年1月10日
695 孵化を目的としたニシン目魚類のブロノポールを有効成分とする魚卵用消毒剤 2004年9月3日 2004年12月9日
696 孵化を目的としたニシン目魚類のブロノポールを有効成分とする魚卵用消毒剤(パイセス) 2004年9月3日 2004年12月9日
697 孵化を目的としたニシン目魚類のブロノポールを有効成分とする魚卵用消毒剤(パイセス)【再審査】 2012年11月20日 2013年1月7日
698 d-クロプロステノール 2006年2月20日 2006年6月22日
699 d-クロプロステノールを有効成分とする牛及び豚の注射剤(ダルマジン) 2006年2月20日 2006年6月22日
700 d-クロプロステノールを有効成分とする牛及び豚の注射剤(ダルマジン)【再審査】 2015年3月11日 2015年3月31日
701 [モノ,ビス(塩化トリメチルアンモニウムメチレン)]-アルキルトルエン 2017年5月24日 2017年11月28日
702 2-10-性腺刺激ホルモン放出ホルモン類縁体・ジフテリアトキソイド結合物を有効成分とする牛の注射剤 【残留基準の設定】 2015年3月12日 2015年7月14日
703 2-10-性腺刺激ホルモン放出ホルモン類縁体・ジフテリアトキソイド結合物を有効成分とする牛の注射剤(ボプリバ) 【承認】 2015年3月11日 2015年7月14日
704 2-アセチルアミノ-5-ニトロチアゾール 2014年1月15日 2014年1月20日
705 dl-クロプロステノール 2008年2月12日 2008年5月22日