FSC Views

食品安全委員会e-マガジン 第211号


食品安全委員会e-マガジン 第211号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食品安全委員会e-マガジン 第211号 平成22年10月22日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━┓
┃今週の話題┃
┗━━━━━┛

★食器などのプラスチック製品に含まれるビスフェノールAに関連
するQ&Aを更新しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/bisphenol/qa1_bisphenola.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

【 目 次 】

1.食品安全委員会などの開催結果

・第352回食品安全委員会
・専門調査会【農薬】

2.食品安全委員会などの開催案内

・第353回食品安全委員会
・専門調査会【化学・汚染】【かび毒】【肥料・飼料】【遺伝子】

3.リスクコミュニケーション

・意見交換会などの開催案内
・意見交換会などの開催結果
・食品安全モニターからの報告(平成22年8月分)

4.事務局だより~食の安全ダイヤルQ&A~

5.その他

【目次おわり】

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.食品安全委員会などの開催結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第352回食品安全委員会

日時:平成22年10月21日(木)14:00~14:30
傍聴者:10名
議事概要:
(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関す
るリスク管理機関からの説明について
1)特定保健用食品 大人ダカラ
・消費者庁から説明。
・本件について新開発食品専門調査会において審議することとなっ
た。
*ケルセチン配糖体を関与成分とし、体脂肪が気になる方、お腹周
り・ウエストサイズが気になる方、肥満が気になる方に適する旨を
特定の保健の目的とする清涼飲料水形態の食品です。

(2)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)農薬「ベンスルフロンメチル」に係る食品健康影響評価につい

・「ベンスルフロンメチルの一日摂取許容量(ADI)を、
0.19mg/kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承さ
れ、リスク管理機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*除草剤で、水稲に使用します。ポジティブリスト制度導入に伴う
残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されています。

(3)食品安全モニターからの報告(平成22年8月分)について
・事務局から報告。

(4)食品安全関係情報(9月25日~10月8日収集分)につい

・事務局から報告。

※詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101021sfc

■専門調査会【農薬】

○第67回農薬専門調査会幹事会
日時:平成22年10月20日(水)14:00~17:00
議事概要:
(1)アラクロール、ブタクロール、MCPA、エチクロゼート、
シクラニド、ピリベンカルブ
1)アラクロール
・審議の結果、0.01mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*除草剤で、なし、ぶどう等に使用し、魚介類への残留基準の設定
要請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準
が設定されています。
2)ブタクロール
・審議の結果、0.01mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*除草剤で、水稲に使用し、魚介類への残留基準の設定要請がされ
ています。
3)MCPA
・審議の結果、0.0019mg/kg体重/日をADIとし、評
価書(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなっ
た。
*除草剤で、稲、とうもろこし等に使用し、魚介類への残留基準の
設定要請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基
準が設定されています。
4)エチクロゼート
・審議の結果、0.17mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を食品安全委員会に報告することとなった。
*植物成長調整剤で、みかん、かき、メロン等に使用し、その他の
スパイスへの適用拡大申請がされています。ポジティブリスト制度
導入に伴う残留基準が設定されています。
5)シクラニリド
・審議の結果、0.0063mg/kg体重/日をADIとし、評
価書(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなっ
た。
*植物成長調整剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジテ
ィブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。
6)ピリベンカルブ
・審議の結果、0.039mg/kg体重/日をADIとし、評価
書(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*殺菌剤で、きゅうり、キャベツ、りんご等への新規農薬登録申請
がされています。

(2)1,3-ジクロロプロペン及びピリダベンについて調査審議
する評価部会の指定について
1)1,3-ジクロロプロペン
・検討の結果、評価第四部会において調査審議することとなった。
*殺線虫剤で、だいこん、キャベツ等に使用し、たまねぎへの適用
拡大申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基
準が設定されています。
2)ピリダベン
・検討の結果、評価第三部会において調査審議することとなった。
*殺虫剤で、かんきつ類、きゅうり等に使用し、ミニトマトへの適
用拡大申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留
基準が設定されています。

(3)その他
1)評価部会から幹事会に検討を依頼された案件について審議が行
われた。
2)農薬専門調査会における評価書評価の考え方(案)及び農薬専
門調査会幹事会及び評価部会の運営などについて(案)については、
継続して審議することとされた。
3)平成21年度食品安全確保総合調査(ポジティブリスト制度に
おける対象外物質)に係る報告は、次回以降に持ち越しとなった。

http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101020no1

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.食品安全委員会などの開催案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━

※開催案内は10月22日(金)12:00現在のものです。

■第353回食品安全委員会
日時:平成22年10月28日(木)14:00~
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成22年10月26日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

広報用DVDの上映:
・会合に先立ち、13時30分頃から、広報用DVD「気になる食
品添加物」を上映する予定です。
(諸般の都合により、上映を中止する場合がありますので、予めご
了承下さい。)

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。

http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会【化学・汚染】【かび毒】【肥料・飼料】【遺伝子】

○第8回化学物質・汚染物質専門調査会清涼飲料水部会
日時:平成22年10月25日(月)14:00~16:00
議題:清涼飲料水中の化学物質(水銀、トリクロロ酢酸、ホウ素、
アンチモン)

http://www.fsc.go.jp/osirase/kagaku_osen_seiryou_annai8.html

○第19回かび毒・自然毒等専門調査会
日時:平成22年10月26日(火)15:30~18:00
議題:
(1)デオキシニバレノール・ニバレノールに係る食品健康影響評
価に関する審議結果(案)に対する国民からの御意見・情報の募集
結果について
(2)オクラトキシンA
・シュラッター博士によるご講演・意見交換「EFSAにおけるオ
クラトキシンAの評価~特に発がんについて~」

http://www.fsc.go.jp/osirase/kabidoku_annai19.html
○第42回肥料・飼料等専門調査会
日時:平成22年10月27日(水)10:00~12:00
議題:対象外物質(コリン、ナイアシン、ピリドキシン、葉酸、リ
ボフラビン)

http://www.fsc.go.jp/osirase/hisiryou_annai42.html

○第85回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成22年10月27日(水)14:00~17:00
議題:
(1)GLU-No.3株を利用して生産されたL-グルタミン酸
ナトリウム
(2)乾燥耐性トウモロコシMON87460系統(食品・飼料)
(3)イミダゾリノン系除草剤耐性ダイズBPS-CV127-9
(食品・飼料)

http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai85.html

━━━━━━━━━━━━━━━
3.リスクコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━

■意見交換会などの開催案内

○食の安全を科学する「サイエンスカフェ」第7話(東京都)
「食中毒と感染症の不思議~ヒトと動物の見えない壁」
日時:平成22年11月5日(金)18:30~20:00
場所:ぐんま総合情報センター(東京都中央区銀座)
募集人数:定員30名程度

http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe7_annai_gunma221105.html

○「食品のリスクを考えるサイエンスカフェ(徳島県)食品に農薬
はどれくらい残留しているの?」
日時:平成22年11月9日(火)14:00~16:00
場所:徳島県庁講堂
募集人数:定員30名程度

http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_tokushima221109.html

○「食品のリスクを考えるワークショップ(愛媛県松山市)―ノロ
ウイルス食中毒の予防と対策―」
日時:平成22年11月12日(金)13:00~16:15
場所:松山市保健所4階研修室
募集人数:定員30名程度

http://www.fsc.go.jp/koukan/workshop_annai_matsuyama221112.html

○「食品のリスクを考えるサイエンスカフェ(さいたま市)残留農
薬は、安全なの? 危険なの?」
日時:平成22年11月16日(火)14:00~15:45
場所:さいたま市民会館うらわ7階705・706集会室
募集人数:定員30名程度

http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_saitama221116.html

■意見交換会などの開催結果

○食品のリスクを考えるサイエンスカフェ(群馬県)
日時:平成22年10月18日(月)14:00~15:30
場所:群馬県庁1階 県民ホール
主催:食品安全委員会・群馬県
参加者:40名
プログラム:◇話題提供「“濃い茶 目の毒 気の薬”のしくみ
お茶の機能性と安全性を科学する」
◇話題提供者との意見交換
概要:
今回のサイエンスカフェは、開放的なホールの一角を会場として、
通りがかった方にも参加していただき、急須でいれたお茶を飲みな
がら前橋工科大学工学部教授の本間知夫氏のお話に耳を傾けまし
た。「濃い茶 目の毒 気の薬」の意味から話題が始まり、お茶の
成分であるカフェインやカテキンの安全性について、その機能性や
摂り方も交えながらの話題提供後、参加者から疑問や質問をカード
に書いて出していただきました。「お茶にリスクなんてあるのです
か?」「お茶の農薬について不安があります。リスクの現状を教え
てください。」「ペットボトルのお茶には酸化防止剤が入っている
が安全なのか?」「お茶の飲み方によっては、カフェインもリスク
になるのか?」など様々な疑問や意見が出され、熱心な雰囲気で意
見交換がされました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

■食品安全モニターからの報告(平成22年8月分)

http://www.fsc.go.jp/monitor/2208moni-saisyuhoukoku.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.事務局だより~食の安全ダイヤルQ&A~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつも「食の安全ダイヤル」にご意見・ご質問をお寄せいただき
ありがとうございます。事務局では、寄せられたご意見・ご質問を
毎月とりまとめて委員会に報告しておりますが、そのうち特に皆様
の関心の高い項目についてはQ&A形式として報告しております。
今月報告したQ&Aをここでご紹介します。

Q 特定保健用食品の許可に際して、食品安全委員会は安全性をど
のように判断しているのでしょうか。

A 特定保健用食品は、からだの生理学的機能などに影響を与える
保健機能成分を含んでいて、特定の保健の用途に資する旨を表示し
て販売される食品です。特定保健用食品として販売するためには、
消費者庁長官による表示の許可を受ける必要がありますが、この許
可に先立ち、消費者委員会が有効性などを審議し、食品安全委員会
が科学的知見等に基づいた安全性の評価を行います。

 この安全性の評価は、まず、食品安全委員会の下に設置した新開
発食品専門調査会において、個別の食品ごとに、消費者庁から提出
された動物を用いた試験及びヒトにおける試験等のデータを基にし
て、構成成分、その食品または関与成分の食経験、食品形態を十分
考慮した上で、原則として当該食品中の関与成分について行います。
評価に必要なデータなどが不足している場合には、追加のデータな
どの提出を消費者庁に求めます。評価に当たっては、特定保健用食
品は多くの場合疾病予備群の人を対象としていることや、病気を治
療中の人が摂取する場合もあることなどを考慮しています。また、
特に通常の食品とは異なる形態(錠剤、カプセル剤、エキス、粉末
など)の場合には、過剰摂取される可能性なども考えつつ評価を行
います。
 同専門調査会の審議結果については、国民の皆様から寄せられた
ご意見・情報も踏まえて食品安全委員会で審議し、評価結果を消費
者庁に通知します。消費者庁は、この評価結果を踏まえて許可する
ことになります。

 今後も、食の安全ダイヤルに寄せられた主なご質問についてこの
コーナーで紹介してまいりますので、食品の安全性について皆様の
声を「食の安全ダイヤル」にぜひお寄せ下さい。

※食の安全ダイヤルについて

http://www.fsc.go.jp/dial/index.html

━━━━━━
5.その他
━━━━━━

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバー

http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html
◆◇◆――――――――――――――――――――――――――
(編集後記)
朝晩冷えますね;初霜が観測されたところもあるとか。冬の楽しみ
といえば、スキーでもスノーボードでもなく『コタツ』です!冬の
必須アイテム。コタツでミカン、コタツで鍋、コタツでアイス、コ
タツでうたた寝、コタツで・・・。
中でも首だけ出した「コタツムリ」状態が最高です♪(ゆず)
――――――――――――――――――――――――――◇◆◇

============================================================
 食品安全委員会e-マガジン第212号は平成22年10月29
日(金)配信予定です。
============================================================

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メール
は受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://www.fsc.go.jp/fscmds/magazinereader/cancel

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
■「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03-6234-1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00~
17:00
・メールでの受付:
https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付いたします
が、フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記
載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。

============================================================
~ご利用にあたって~
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」
をダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)