FSC Views

食品安全委員会e-マガジン 第209号


食品安全委員会e-マガジン 第209号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食品安全委員会e-マガジン 第209号 平成22年10月8日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━┓
┃今週の話題┃
┗━━━━━┛

★「食中毒予防のポイント」を更新しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku.html

★「毒キノコ(ニガクリタケ等)による食中毒予防について」の情
報を掲載しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku/shokutyudoku_nigakuritake.pdf

★食品安全委員会が自らの判断により行うこととしたデオキシニバ
レノール及びニバレノールに係る食品健康影響評価に関する審議結
果(案)についての御意見・情報を募集しています。【平成22年
10月16日まで】
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_kabi_donniv_220916.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

【 目 次 】

1.食品安全委員会などの開催結果

・第350回食品安全委員会
・専門調査会【器具・容器】【農薬】

2.食品安全委員会などの開催案内

・第351回食品安全委員会
・食品安全委員会ワーキンググループ
・専門調査会【農薬】

3.リスクコミュニケーション

・意見交換会などの開催案内
・評価案等に対するご意見・情報の募集【遺伝子】

4.事務局だより~食品安全関係情報について~

5.その他

【目次おわり】

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.食品安全委員会などの開催結果 
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第350回食品安全委員会

日時:平成22年10月7日(木)14:00~14:42
傍聴者:6名

議事概要:

(1)遺伝子組換え食品等専門調査会における審議結果について
1)「pGlu株を利用して生産されたグルカナーゼ」に関する審
議結果の報告と意見・情報の募集について
・担当委員の長尾委員及び事務局から説明。
・取りまとめられた評価書(案)について、意見・情報の募集手続
に入ることが了承された。
*多糖類であるグルカンの加水分解に使用される食品添加物です。

(2)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)添加物「2-(3-フェニルプロピル)ピリジン」に係る食品
健康影響評価について
・「食品の着香の目的で使用する場合、安全性に懸念がないと考え
られる。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*食品中に天然に存在することが確認されていない成分です。欧米
において、焼菓子、スナック菓子、グレービーソース類、朝食シリ
アル類、香辛料、調味ソース・スプレッド・付合せ類等様々な加工
食品において香りの再現、風味の向上等の目的で添加されています。

2)添加物「2,3-ジエチル-5-メチルピラジン」に係る食品
健康影響評価について
・「食品の着香の目的で使用する場合、安全性に懸念がないと考え
られる。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*ライ麦パン、ポップコーン等の食品中に存在し、また、コーヒー
及び落花生の焙煎並びに豚肉、子めん羊肉等の加熱調理により生成
する成分です。欧米において、焼菓子、朝食シリアル類、ソフト・
キャンデー類、肉製品、冷凍乳製品類、ゼラチン・プリン類等様々
な加工食品において香りの再現、風味の向上等の目的で添加されて
います。

3)農薬「アミトロール」に係る食品健康影響評価について
・アミトロールの一日摂取許容量(ADI)を、0.0012mg
/kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管
理機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。小麦及び大麦等
へのインポートトレランス(国外で使用される農薬等に係る残留基
準)申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基
準(いわゆる暫定基準)が設定されています。

4)農薬「ペンディメタリン」に係る食品健康影響評価について
・ペンディメタリンのADIを、0.12mg/kg体重/日と設
定する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*除草剤で、はくさい、ねぎ等に使用します。魚介類への残留基準
値の設定が申請されています。ポジティブリスト制度導入に伴う残
留基準が設定されています。

(3)食品安全委員会の9月の運営について
・事務局から報告。

(4)食品安全関係情報(8月28日~9月10日収集分・9月
11日~9月24日収集分)について
・事務局から報告。

(5)その他
・小泉委員長から、最近、毒キノコが誤って販売される事例のほか、
毒キノコによる食中毒事例が相次いで発生しているが、きのこ狩り
に出掛ける際は、毒キノコを採取しないよう十分注意をお願いした
い旨の発言があった。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101007sfc

■専門調査会【器具・容器】【農薬】
   
○第14回器具・容器包装専門調査会
日時:平成22年10月1日(金)10:00~12:00
議事概要:
(1)フタル酸エステルの知見の概要及び評価の論点等について
・フタル酸エステル6物質のうちフタル酸ビス(2-エチルヘキシ
ル)(DEHP)から評価を開始することとなった。
・生殖・発生等への影響については、少人数からなる検討グループ
で知見を精査・検討を行うこととなった。
・DEHP以外の5物質については、引き続き事務局において情報
収集・整理を行うこととなった。
(2)器具・容器包装に用いられる合成樹脂の食品健康影響評価指
針(案)について
・評価指針(案)について、修正を行った検討グループから報告が
あり、次回以降の調査会において引き続き審議することとなった。
*フタル酸エステルはポリ塩化ビニルを主成分とするプラスチック
の可塑剤として汎用される化学物質です。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101001ky1

○第3回農薬専門調査会評価第二部会(非公開)
日時:平成22年10月1日(金)14:00~17:10
議事概要:
(1)アバメクチン
・継続審議となった。
*殺虫剤であり、なす、すいか等への新規登録申請がされています。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101001no1

○第3回農薬専門調査会評価第三部会(非公開)
日時:平成22年10月6日(水)14:00~15:50
議事概要:
(1)イミノクタジンアルベシル酸塩
・継続審議となった。
*殺菌剤で、小麦、なし等に使用し、レタス、キャベツ等への適用
拡大申請及び畜産物への残留基準値設定の要請がされています。ポ
ジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101006no1

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.食品安全委員会などの開催案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━

※開催案内は10月8日(金)12:00現在のものです。

■第351回食品安全委員会
日時:平成22年10月14日(木)14:00~
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成22年10月12日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■食品安全委員会ワーキンググループ

○第1回食品安全委員会高濃度にジアシルグリセロールを含む食品
に関するワーキンググループ
日時:平成22年10月15日(金)10:00~12:00
議題:
(1)座長の選出について
(2)高濃度にジアシルグリセロールを含む食品の安全性について
http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_dag_annai1.html

■専門調査会【農薬】

○第2回農薬専門調査会評価第四部会(非公開)
日時:平成22年10月13日(水)14:00~17:00
議題:グリホサート
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_hyouka4_2.html

━━━━━━━━━━━━━━━
3.リスクコミュニケーション 
━━━━━━━━━━━━━━━

■意見交換会などの開催案内
   
○「食品のリスクを考えるサイエンスカフェ(長野市)それって大
丈夫? お肉の生食」
日時:平成22年10月26日(火)14:00~15:30
場所:長野市保健所2階会議室
募集人数:定員30名程度
http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_nagano221026.html

○「食品のリスクを考えるワークショップ(愛媛県松山市)―ノロ
ウイルス食中毒の予防と対策―」
日時:平成22年11月12日(金)13:00~16:15
場所:松山市保健所4階研修室
募集人数:定員30名程度
http://www.fsc.go.jp/koukan/workshop_annai_matsuyama221112.html

○「食品のリスクを考えるサイエンスカフェ(さいたま市)残留農
薬は、安全なの? 危険なの?」
日時:平成22年11月16日(火)14:00~15:45
場所:さいたま市民会館うらわ7階705・706集会室
募集人数:定員30名程度
http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_saitama221116.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集【遺伝子】

○pGlu株を利用して生産されたグルカナーゼ
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_gm51_glucanase_221007.html
上記募集期間:
平成22年10月7日(木)~平成22年11月5日(金)まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.事務局だより~食品安全関係情報について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 食品安全委員会では設立当初から国内外の食品の安全性の確保に
関する情報を収集し、これらの収集した情報についてはホームペー
ジ上で食品安全総合情報システムにより著作権に留意しつつ、広く
国民の皆様へ提供しておりますが、平成22年6月3日の第334
回会合より新たに、食品安全委員会事務局が把握したハザード(海
外のリスク評価機関などから公表されている情報)の中から、主な
情報を委員会において報告しております。

 このような取組を通じて、国民の皆様により積極的に食品安全に
関する情報をご提供していきたいと考えております。詳しくは以下
の資料の、(1)「食品安全関係情報について」、(2)「食品安全委員
会が収集したハザードに関する主な情報」をご覧ください。

 第5回目の報告となる第342回会合では、7月5日~7月16
日収集分125件のうち、
○化学物質として「欧州食品安全機関(EFSA)、ビスフェノール
A(BPA)に関する800報以上の研究論文を精査し、9月に意
見書を確定する旨を公表」
○新食品等として「EU報告書「規制目的で用いるナノ物質の定義
に関する考察」を公表」
○その他として「FAO、食品中のメラミンの最大含有量設定を公
表」
といった情報について報告いたしました。

 第342回会合(7月29日)資料6-1、6-2
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100729sfc
 第345回会合(8月26日)資料7-1、7-2
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100826sfc
 第347回会合(9月9日)資料3-1、3-2
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100909sfc
 第350回会合(10月7日)資料4-1、4-2
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20101007sfc

また、委員会会合資料のほか、食品安全総合情報システム
(http://www.fsc.go.jp/fsciis/)もご覧下さい。
 第334回会合(6月3日)資料6-3
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100603sfc

━━━━━━
5.その他 
━━━━━━

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバー
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆――――――――――――――――――――――――――
(編集後記)
残業を終えて事務局のビルを出ると、秋の虫たちが暗い中で大合唱。
季節を感じさせてくれるのですが、「風流」というにはほど遠いく
らい賑やかなことも。やはり秋を実感するには聴覚よりも味覚!
新米もおいしいし、梨や栗など、おいしい秋をしっかり味わいたい
ものです。(七味)
――――――――――――――――――――――――――◇◆◇

============================================================
 食品安全委員会e-マガジン第210号は平成22年10月15
日(金)配信予定です。
============================================================

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メール
は受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://www.fsc.go.jp/fscmds/magazinereader/cancel

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
■「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03-6234-1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00~
17:00
・メールでの受付:
https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付いたします
が、フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記
載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、Q&A、
海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.fsc.go.jp/fsciis

============================================================
~ご利用にあたって~
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」
をダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)