FSC Views

食品安全委員会e-マガジン 第196号


食品安全委員会e-マガジン 第196号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食品安全委員会e-マガジン 第196号 平成22年6月25日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━┓
┃今週の話題┃
┗━━━━━┛

★今週号には「委員長のつぶやき」を掲載しました。

★食の安全を科学する「サイエンスカフェ」第5話のご案内
http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_220705.html

★「お母さんになるあなたへ」の更新について

「乳幼児の食べ物による窒息事故を防ぐために」を追加しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/maternity/maternity.pdf

★DVD無料配布について

 食品安全委員会制作DVD「考えてみよう!食べ物の安全性~食
品添加物や残留農薬について」の無料配布に多数の皆様からご応募
いただきました。(締切:平成22年6月18日)
 ありがとうございました。今回応募いただいた方全員にDVDを
お送り致します。
 発送は6月28日頃を予定しております。お手元に届くまで、も
うしばらくお待ち下さい。
※なお、DVDは貸し出しも行っております。詳しくはこちらをご
覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/2010dvd-sashidashi.pdf

★中学校用副読本の印刷書式について

 中学校用副読本「科学の目で見る食品安全」を1ページずつ印刷
できる書式、「ページ分割版」を追加しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/kids-box/foodkagakume/kagakume_index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

【 目 次 】

1.食品安全委員会などの開催結果

・第337回食品安全委員会
・専門調査会【かび毒】【動薬】【遺伝子】

2.食品安全委員会などの開催案内

・第338回食品安全委員会
・専門調査会【農薬】【肥料・飼料】【添加物】【微生物・ウイルス】

3.リスクコミュニケーション

・食の安全を科学する「サイエンスカフェ」第5話

4.委員長のつぶやき
 「マグロを食べても水俣病にならないのは何故?」

5.事務局だより~食品安全モニターからの報告~

6.その他

【目次おわり】

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.食品安全委員会などの開催結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第337回食品安全委員会

日時:平成22年6月24日(木)14:00~14:46
傍聴者:17名

議事概要:

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関す
るリスク管理機関からの説明について
○農薬 8品目
1)エトフメセート 2)テブフロキン 3)ピラクロニル
4)フルフェノクスロン
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会において審議することとなった。
5)2,4-D 6)グリホサート 7)トリシクラゾール
8)ベンタゾン
・農林水産省から説明。
・農薬専門調査会において審議することとなった。

*エトフメセート:
除草剤で、てんさいへの新規登録申請がされています。ポジティブ
リスト制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されて
います。
*テブフロキン:
殺菌剤で、水稲への新規農薬登録申請がされています。
*ピラクロニル:
除草剤で、水稲に使用し、ひえへの適用拡大申請がされています。
*フルフェノクスロン:
殺虫剤で、りんご、なし、大豆等へ使用します。あずき、かんしょ、
西洋わさび、ケール、にんじん、すもも等への適用拡大申請並びに
魚介類への残留基準の設定要請がされています。
*2,4-D:
除草剤で、水稲、さとうきび等に使用します。ポジティブリスト制
度導入に伴う飼料中の残留基準が設定されています。 *グリホサート:
除草剤で、稲、きゃべつ、りんご等に使用します。ポジティブリス
ト制度導入に伴う、飼料中の残留基準が設定されています。
*トリシクラゾール:
殺菌剤で、稲に使用します。ポジティブリスト制度導入に伴う飼料
中の残留基準が設定されています。
*ベンタゾン:
除草剤で、水稲、たまねぎ等に使用します。ポジティブリスト制度
導入に伴う飼料中の残留基準が設定されています。

(2)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)農薬「イソキサフルトール」に係る食品健康影響評価について
・「イソキサフルトールの一日摂取許容量(ADI)を、0.00
5mg/kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リ
スク管理機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリス
ト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

2)農薬「イマザピックアンモニウム塩」に係る食品健康影響評価
について
・「イマザピックアンモニウム塩のADIを、0.27mg/kg
体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関
(厚生労働省)へ通知することとなった。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリス
ト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

3)動物用医薬品「クロルスロン」に係る食品健康影響評価につい

・「現時点で得られている知見からは遺伝毒性及び発がん性につい
て結論を導くことは困難であるため、ADIを設定することは適当
でない。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*寄生虫駆除剤で、牛の肝蛭の成虫駆除に用いられます。ポジティ
ブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

4)動物用医薬品「クラブラン酸」に係る食品健康影響評価につい

・「クラブラン酸のADIを、0.01mg/kg体重/日と設定
する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*β-ラクタマーゼ阻害薬で、アモキシシリンとの配合剤として、
細菌感染症の治療等に用いられます。ポジティブリスト制度導入に
伴う残留基準が設定されています。

5)動物用医薬品「セファレキシン」に係る食品健康影響評価につ
いて
「セファレキシンのADIを、0.06mg/kg体重/日と設定
する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*抗菌剤で、牛の乳房炎の治療等に用いられます。ポジティブリス
ト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(3)企画専門調査会における審議結果について
1)平成21年度食品安全委員会運営計画のフォローアップについ
て(報告)
2)平成21年度食品安全委員会運営状況報告書について
・担当委員の長尾委員及び事務局から説明。
・「平成21年度食品安全委員会運営計画のフォローアップ」につ
いて了承され、「平成21年度食品安全委員会運営状況報告書」に
ついて決定された。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100624sfc

■専門調査会【かび毒】【動薬】【遺伝子】

○第17回かび毒・自然毒等専門調査会
日時:平成22年6月18日(金)16:00~17:43
議事概要:
(1)デオキシニバレノール及びニバレノール(食品安全委員会が
自ら行う食品健康影響評価)
・事務局より、前回調査会からの修正点について説明を行い評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会へ報告することとされた。
*赤かび病の病原菌が産生するかび毒で、主に穀類(特に小麦、大
麦及びトウモロコシ)で発生がみられます。
(2)オクラトキシンA(食品安全委員会が自ら行う食品健康影響
評価)
・オクラトキシンA等に関する調査事業結果について、調査担当者
から報告を受けた後、評価の進め方などについて審議を行った。
*Aspergillus属及びPenicillium属のかび
が産生するかび毒で、主に穀類、豆類及び種実類等で発生が見られ
ます。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100621ks1

○第126回動物用医薬品専門調査会
日時:平成22年6月21日(月)14:00~15:41
議事概要:
(1)動物用医薬品(プロペタンホス)
・プロペタンホスに係る食品健康影響評価については継続審議とさ
れた。
*殺虫剤で、羊の外部寄生虫駆除等に用いられます。ポジティブリ
スト制度導入に伴う残留基準が設定されています。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100621do1

○第127回動物用医薬品専門調査会(非公開)
日時:平成22年6月21日(月)15:50~16:16
議事概要:
(1) マイコプラズマ・ガリセプチカム感染症・マイコプラズマ・
シノビエ感染症混合生ワクチン(ノビリス MGMS)
・審議の結果、「適切に使用される限りにおいては、食品を通じて
ヒトの健康に影響を与える可能性は無視できるものと考えられる。」
とすることが了承され、評価書(案)を一部修正の上、食品安全委
員会に報告することとされた。
*鶏のマイコプラズマ・ガリセプチカム及びマイコプラズマ・シノ
ビエ感染に伴う呼吸器疾病(気嚢炎)及び産卵率低下の軽減を目的
とする鶏用の生ワクチンです。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100621do2

○第82回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成22年6月23日(水)14:00~
(1)遺伝子組換え食品等
1)HIS-No.1株を利用して生産されたL-ヒスチジン
・指摘内容を確認の上、評価書案を食品安全委員会に報告すること
となった。
*栄養補給を目的とする食品、飲料及び調味料等に使用される食品
添加物です。
2)GLU-No.3株を利用して生産されたL-グルタミン酸ナ
トリウム
・継続審議することとなった。
*調味料として使用される食品添加物です。
3)乾燥耐性トウモロコシMON87460系統(食品・飼料)
・継続審議することとなった。
*乾燥条件下における収量の減少が抑制されるトウモロコシです。
4)チョウ目害虫抵抗性ダイズMON87701系統(食品・飼料)
・継続審議することとなった。
*チョウ目害虫に対して抵抗性を持つダイズです。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20100623id1

━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.食品安全委員会などの開催案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━

※開催案内は6月25日(金)12:00現在のものです。

■第338回食品安全委員会
  日時:平成22年7月1日(木)14:00~
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成22年6月29日(火)18:00頃にホームページに
掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会【農薬】【肥料・飼料】【添加物】【微生物・ウイルス】

○第63回農薬専門調査会幹事会
日時:平成22年6月28日(月)9:30~12:30
議題:
(1)農薬(ピメトロジン、アセフェート、ラクトフェン及びアシ
フルオルフェン)の食品健康影響評価に関する審議結果(案)につ
いての御意見・情報の募集結果について
(2)農薬(ベンスルフロンメチル、アミトロール及びペンディメ
タリン)
(3)農薬(フラザスルフロン、MCPA、ブタクロール、アラク
ロール、シヘキサチン及びトリアゾホス)の食品健康影響評価につ
いて調査審議する評価部会の指定について
(4)農薬(フルベンジアミド及びエチプロール)
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_63.html

○第38回肥料・飼料等専門調査会
日時:平成22年6月29日(火)10:00~12:30
議題:
(1)動物用医薬品及び飼料添加物(アビラマイシン、セデカマイ
シン)
http://www.fsc.go.jp/osirase/hisiryou_annai38.html

○第86回添加物専門調査会
日時:平成22年6月29日(火)14:00~17:00
議題:
(1)3-エチルピリジン
(2)5-エチル-2-メチルピリジン
http://www.fsc.go.jp/osirase/tenkabutu_annai86.html

○第13回微生物・ウイルス専門調査会
日時:平成22年6月30日(水)9:30~
議題:
(1)ファクトシート案への意見聴取について
http://www.fsc.go.jp/osirase/biseibutu_virus_annai13.html

━━━━━━━━━━━━━━━
3.リスクコミュニケーション
━━━━━━━━━━━━━━━

■意見交換会などの開催案内

○食の安全を科学する「サイエンスカフェ」第5話
日時:平成22年7月5日(月)18:30~20:00
場所:「ぐんま総合情報センター」(中央区銀座5丁目13-19
デュープレックス銀座タワー5/13)
テーマ:「誰でもなる!?食中毒を防ぐ調理を考える」
http://www.fsc.go.jp/koukan/science_cafe_annai_220705.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.委員長のつぶやき
 「マグロを食べても水俣病にならないのは何故?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 水俣病は工場廃液に含まれていた高濃度のメチル水銀を大量に
蓄積した魚を食べて起った中毒です。一方、マグロ漁船員は毎日
水銀濃度の高い高級マグロを食べ続けているのに、何故水俣病に
ならないのでしょうか? それは口から入るメチル水銀量の違い
です。
 水俣病は毎日1ppm以上の水銀濃度の魚介類等を1kg以上
食べ続けると発症するとされています。バンドウイルカやクロマ
グロなどは時々1ppmを超えるものが見つかります。たとえ鯨
やマグロの好きな人でも、毎日1kg以上食べ続けるのは大変で
す。実際にマグロ漁船員は水銀濃度の高いマグロなどを食べてお
り、毛髪中水銀濃度は高いですが、人はメチル水銀を体から排泄
してしまう機能を持っていますので、水俣病を発症するレベルま
で中々達しないからです。(食品安全委員会委員長 小泉直子)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.事務局だより~食品安全モニターからの報告~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 事務局では、食品安全委員会が依頼している食品安全モニターの
皆様からいただいた食品の安全性などのご意見を月毎にとりまとめ、
委員会に報告しています。
 先週報告した4月分の中から、いくつかご紹介します。

<「食の安全」に関する地域での普及実践事例>
食品安全モニターとして、トランス脂肪酸やこんにゃくゼリーによ
る窒息事故等について、地域で主婦向けの勉強会を催した。さまざ
まな「食の安全」に関連した情報があふれる現代社会において、そ
れらを正しく理解し、整理するために、生涯教育を切望している声
も多いということを、地域でのモニター活動をとおして認識した。

という意見がありました。
 食品安全モニターの皆様には、食品安全委員会が発信する情報や
発行する冊子等の情報を日常の生活を通じて可能な範囲で地域の方々
に伝えていただくなど、食品安全委員会と地域との橋渡し的な役割
もお願いしています。地域への情報提供について、より効果的な方
法などがありましたら、ご提案いただきたいと思います。

他にも多くのご意見をいただいています。詳しくはこちらをご覧下
さい。
http://www.fsc.go.jp/monitor/2204moni-saisyuhoukoku.pdf

今後も、食品安全モニターからの報告について、取り上げていきた
いと思います。

━━━━━━
6.その他 
━━━━━━

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバー
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆――――――――――――――――――――――――――
(編集後記)
 前回お約束した酒の肴ですが、一番よく作るのは、「豆腐のじゃ
このせ」です。木綿豆腐にキッチンタオルを巻いて、予め水ぬきを
しておきます。次に、にんにくをスライスして、フライパンに入れ
たオリーブオイルの上にのせ、火を付けます。にんにくの香りが出
てきたところで、じゃこを入れ、軽く炒め、最後に醤油を垂らせば
出来上がりです。二番手は、「鶏と蓮根のきんぴら」で、鶏肉と蓮
根を一口大に切っておき、ごま油でよく炒め、醤油、味醂と日本酒
で味を調え、七味唐辛子で仕上げをします。いずれも簡単ですが、
日本酒に良く合います。まだ食していない方は、お試しください。
(ゴン)
――――――――――――――――――――――――――◇◆◇

============================================================
 食品安全委員会e-マガジン第197号は平成22年7月2日
 (金)配信予定です。
============================================================
※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メール
 は受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://www.fsc.go.jp/fscmds/magazinereader/cancel
<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
■「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03-6234-1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00~
17:00
・メールでの受付:
https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付いたします
が、フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記
載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。

============================================================
~ご利用にあたって~
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」
をダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)