FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第181号


食品安全委員会e−マガジン 第181号


食品安全委員会e−マガジン 第181号 

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e-マガジン 第181号 平成22年3月5日
 内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛

○こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価
に関連する情報を掲載しています。

・こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に
関連する情報(Q&A)
http://www.fsc.go.jp/sonota/konjak-jelly/qa-konjak-jelly.pdf

○ビスフェノールAに関連する情報を掲載しています。

・食器などのプラスチック製品に含まれるビスフェノールAについて
http://www.fsc.go.jp/sonota/bisphenol/qa1_bisphenola.pdf

○新型インフルエンザ(インフルエンザA/H1N1)に関連する
情報を掲載しています。

http://www.fsc.go.jp/sonota/mexicous_butainflu_210427.html

○食中毒を防ぐ加熱について

・畑江委員のわかりやすい解説や写真で構成する「食中毒を防ぐ
加熱」を掲載しています。
http://www.fsc.go.jp/sonota/shokutyudoku_kanetu.pdf

○DVD無料配布について

食品安全委員会制作DVDの無料配布に多数の皆様からご応募いた
だきました。(締切:平成22年2月26日)ありがとうございました。
今回応募いただいた方全員にDVDをお送り致します。
(ただし、同一住所からの複数のご応募につきましては、いずれかに
1セットを送付いたします。ご了承ください。)
発送は3月下旬を予定しております。お手元に届くまで、もうしばらく
お待ち下さい。
※なお、DVDは貸し出しも行っております。詳しくはこちらをご覧
下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/2010dvd-sashidashi.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★*~*☆*~*☆*~*☆*~*[ 目 次 ]*~*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第322回食品安全委員会会合

◆専門調査会会合 【農薬】

◆意見交換会等 【リスコミ】

2.お知らせ
◆第323回食品安全委員会会合開催案内

◆食品安全委員会ワーキンググループ開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【化学・汚染】【遺伝子】
【肥料・飼料等】【かび毒・自然毒等】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆評価案等に対するご意見・情報の募集 【農薬】

◆新着情報

3.その他

★*~*☆*~*☆*~*☆*[  目次おわり  ]*☆*~*☆*~*☆*~*☆*~*★

********************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
********************************************************************

■第322回食品安全委員会会合

日時:平成22年3月4日(木)14:00~14:51
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:12名

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について 
○農薬 4品目
1)マンジプロパミド
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*殺菌剤で、だいず、トマト等に使用します。はくさい、ピーマン等
への適用拡大申請及びホップへのインポートトレランス(国外で使用
される農薬等に係る残留基準)設定の要請がされています。

2)ピリミカーブ
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*殺虫剤で、日本国内における農薬登録はありません。ポジティブ
リスト制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されて
います。

3)フルロキシピル
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*除草剤で、日本国内における農薬登録はありません。ポジティブ
リスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

4)ホスメット
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*殺虫剤で、日本国内における農薬登録はありません。ポジティブ
リスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(2)農薬専門調査会における審議結果について
1)「ピコリナフェン」に関する審議結果の報告と意見・情報の募集に
ついて
・担当委員である廣瀬委員及び事務局から説明。
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承され
た。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(3)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)添加物「ブチルアミン」に係る食品健康影響評価について
・「食品の着香の目的で使用する場合、安全性に懸念がないと考え
られる。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*ケール、チーズ、ワイン、キャビア、パン、生鮭等の食品中に存在
する成分です。欧米では植物性たん白製品、肉製品、焼菓子、ゼラ
チン・プリン類、清涼飲料、冷凍乳製品類等様々な加工食品において
香りの再現、風味の向上等の目的で添加されています。

2)農薬「メトミノストロビン」に係る食品健康影響評価について
・「メトミノストロビンの一日摂取許容量(ADI)を0.016mg
/kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理
機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*殺菌剤で、水稲に使用し、魚介類への残留基準値の設定が申請
されています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定され
ています。

3)動物用医薬品「メベンダゾール」に係る食品健康影響評価に
ついて
・「メベンダゾールのADIを0.0025mg/kg体重/日と設定
する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)へ
通知することとなった。
*寄生虫駆除剤で、馬、羊、山羊等の消化管内の線虫駆除に用いられ
ます。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(4)平成20年度及び平成21年度食品健康影響評価技術研究課題
の中間評価の結果について
・事務局から説明。
・平成20年度及び平成21年度食品健康影響評価技術研究課題の中間
評価の結果が、案のとおり決定された。

(5)食品安全委員会の2月の運営について
・事務局から報告。

(6)食品による窒息事故に係る食品健康影響評価に関する資料に
ついて
・消費者庁から説明。
・評価要請にあたり提出された資料についての追加情報が報告された
ため、本追加情報を「食品による窒息事故に関するワーキンググルー
プ」に伝え、審議させることとなった。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai322/index.html

■専門調査会会合 【農薬】

【農薬】
○第31回農薬専門調査会確認評価第一部会(非公開)
日時:平成22年3月3日(水)14:00~17:00
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)ベノキサコール
・審議の結果、0.004mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、農薬専門調査会幹事会に報告することと
なった。
*除草剤の薬害軽減剤で、日本国内での農薬登録はありません。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(2)ペンディメタリン
・審議の結果、0.12mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、農薬専門調査会幹事会に報告することと
なった。
*除草剤で、はくさい、ねぎ等に登録があり、魚介類への残留基準
値の設定が申請されています。また、ポジティブリスト制度導入に
伴う残留基準が設定されています。

(3)その他
・海外評価機関の評価を基に作成する評価書の記載に関する幹事会
決定が報告された。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kakunin1_dai31/index.html

■意見交換会等 【リスコミ】

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)(四国ブロック)【高知】
日時:平成22年2月23日(火)~24日(水)
場所:高知市中央卸売市場
主催:食品安全委員会、高知県、高知市
参加者:29名

概要:
・1日目は、講師が、食品安全委員会の概要、インタープリターに期
待すること、リスクのとらえ方、リスク評価の実際(BSE)を中心に
説明。また、受講者は、当委員会が用意したスライド資料をたたき台
にして、有効な資料に仕上げるには何が必要かなどを討議しました。
・2日目は、講師が、当委員会が行っている食品のリスク評価(農薬)
を説明。その後、演習の一環として行われる小規模意見交換会「アフ
タヌーンカフェ」の効果的な進め方、設営準備の実際等を経験しま
した。実際に、受講者が役割分担しながら、アフタヌーンカフェを開催
しました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

○食品安全委員会セミナー「食品における微生物のリスク評価に
ついて」【東京】
日時:平成22年2月26日(金)14:00~16:00
場所:東京国際フォーラム
主催:食品安全委員会

プログラム:
◇講演
「微生物が関与する食品安全について -カナダ保健省の取組-」
・講師:ジェフリー・ファーバー 氏(カナダ保健省健康製品及び食品
部門微生物ハザード課長、国際食品微生物規格委員会(ICMSF)
メンバー)
◇会場参加者からの質疑応答
・ジェフリー・ファーバー 氏
・渡邉 治雄 氏(食品安全委員会微生物・ウイルス専門調査会座長、
国立感染症研究所副所長)

概要:
ジェフリー・ファーバー 氏からの講演、渡邉治雄 座長からの「微生
物・ウイルス専門調査会の取組状況」と題した講演の後、会場との
質疑応答を実施しました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

********************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
********************************************************************

※開催案内は3月5日(金)17:00現在のものです。

■第323回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成22年3月11日(木)14:00~
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成22年3月9日(火)18:00頃にホームページに掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■食品安全委員会ワーキンググループ開催案内

○第7回食品による窒息事故に関するワーキンググループ
日時:平成22年3月10日(水)10:00~12:30
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)食品による窒息事故に関する食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_chissoku_jiko_annai7.html

■専門調査会開催案内 【化学・汚染】【遺伝子】【肥料・飼料等】
【かび毒・自然毒等】

【化学・汚染】
○第10回化学物質・汚染物質専門調査会鉛ワーキンググループ
日時:平成22年3月9日(火)10:00~12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)鉛の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_kagaku_osen_namari_annai10.html

【遺伝子】
○第80回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成22年3月10日(水)14:00~17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)食品健康影響評価について意見を求められた遺伝子組換え
食品等の安全性評価について
・耐熱性α-アミラーゼ産生トウモロコシ3272系統(飼料)
・チョウ目害虫抵抗性トウモロコシMON89034系統とトウモロ
コシ1507系統と除草剤グリホサート耐性トウモロコシNK603
系統を掛け合わせた品種
・THR-No.1株を利用して生産されたL-トレオニン
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai80.html

【肥料・飼料等】
○第36回肥料・飼料等専門調査会
日時:平成22年3月12日(金)10:00~12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)対象外物質(アラニン、アルギニン、グリシン、メチオニン、
ロイシン)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/hisiryou_annai36.html

【かび毒・自然毒等】
○第16回かび毒・自然毒等専門調査会
日時:平成22年3月15日(月)10:30~12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)デオキシニバレノール及びニバレノールの食品健康影響評価
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/kabidoku_annai16.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品安全委員会セミナー「WHO国際がん研究機構(IARC)
における化学物質の評価の最新情報(仮題)」」【東京】
日時:平成22年3月23日(火)14:00~16:00
場所:星陵会館(千代田区永田町2-16-2)
主催:食品安全委員会

プログラム:
◇講演
1)「食品に含まれる化学物質のリスクについて」
・講師:廣瀬 雅雄 食品安全委員会委員
2)「WHO国際がん研究機構(IARC)
における化学物質の評価の最新情報(仮題)」
・講師:ビンセント・ジェームス・コグリアーノ 氏(国際がん研究
機構(IARC)発がん性評価モノグラフ部門長)

◇会場参加者からの質疑応答
・ビンセント・ジェームス・コグリアーノ 氏
・廣瀬 雅雄 委員

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp//koukan/tokyo_risk_annai_220323.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集  【農薬】

○「ピコリナフェン」
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_nouyaku_picol_220304.html

上記募集期間:
平成22年3月4日(木)から平成22年4月2日(金)
17:00まで

■新着情報

○ヒスタミンについて
http://www.fsc.go.jp/sonota/histamine_2203.pdf

********************************************************************
厂厂厂厂 3.その他
厂厂厂
********************************************************************

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、Q&A、
海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.fsc.go.jp/fsciis

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しま
せんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月~金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇

(編集後記)
「少し白酒召されたか 紅い御顔の右大臣」。桃の節句につき
ものの「白酒」。コレって何者?
私には3歳上の姉が居り、昔は我が家でも雛人形を飾っていた。
「雛あられ」や「菱餅(おこし)」などは食べていたが、「白酒」
を頂く慣わしはなかった。幼い頭の中での知識としては、「白酒
=白いお酒=甘酒」という図式が成立し、特段興味もなかった。
時を経て、自ら酒を呷るようになって、ふと思ったのである。
「甘酒じゃ『紅い御顔』」にならないじゃん。」と。まぁ、学生
時代の友人の中には、造り酒屋を訪問した途端に赤ら顔になって
いた者も居たので、あながちないわけではないであろうが、酒粕
を溶いたものでも紅くはならんわな、一般的に。すると、そうか
濁り酒のことか!そりゃ、顔も紅潮するわね。なんて、ほろ酔い
気分で得心していたが、子どもにそんなものを振舞えないぞ。
で、調べてみた。すると「白酒=蒸し米や米麹に焼酎や味醂を
混ぜ、熟成した甘い酒」とあった。つまり結局「お酒」である。
リキュールみたいなものか。なので、子どもの頃に「白酒飲んだ」
という記憶のある方、それはきっと、・・・・「甘酒」ですわ。
ええ、そうです。そういうことにしておいて下さい。ややこしい
ことになるので・・・(笑)           (八街)

◆◇◆============================================================◇

∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽
食品安全委員会e-マガジン第182号は平成22年3月12日(金)
配信予定です。
∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽~~∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://www.fsc.go.jp/fscmds/magazinereader/cancel

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03-6234-1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00~17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
=====================================================================
~ご利用にあたって~
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」
をダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e-マガジン]
編集:食品安全委員会e-マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)