FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第175号


食品安全委員会e−マガジン 第175号


食品安全委員会e−マガジン 第175号 

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e−マガジン 第175号 平成22年1月15日
 内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞
重┃要┃な┃お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

○「おもち」を食べる機会が増える季節、窒息事故が増えることが
心配されます。痛ましい事故を少しでも減らせるよう、食品の窒息
事故にご注意ください。
食品安全委員会では、食べ物による窒息事故への注意喚起をして
います。

ホームページのトップページ「重要なお知らせ」をご覧ください。
食品安全委員会ホームページ http://www.fsc.go.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重┃要┃な┃募┃集┃
━┛━┛━┛━┛━┛

○平成22年度食品安全モニターの募集について
※募集の案内はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/monitor/220108monitor-boshu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛

○こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に
関連する情報を掲載しています。

・こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に
関連する情報(Q&A)
http://www.fsc.go.jp/sonota/konjak-jelly/qa-konjak-jelly.pdf

○高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報を掲載しています。

・高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報(最新報)<Q&A>
※【平成21年12月3日更新】Q7及び別紙1の経緯を変更しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/dag/diacylglycerol_dag6_qa_20091203.pdf

○妊婦の方向けコンテンツ「お母さんになるあなたへ」を
当委員会ホームページに掲載!!

・妊婦の方、今後妊娠を予定されている方向けに、食生活を
考える上で知っておいていただきたいトピックを紹介しています。

ご自身のホームページなどへ自由にリンクいただき、是非ご利用ください。
http://www.fsc.go.jp/sonota/maternity/maternity.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第316回食品安全委員会会合

◆食品安全委員会ワーキンググループ会合結果

◆専門調査会会合 【化学・汚染】

2.お知らせ
◆第317回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【遺伝子】【農薬】【肥料・飼料】
【リスコミ】【動薬】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆評価案等に対するご意見・情報の募集 【農薬】【動薬】

◆新着情報

3.専門委員だより
農薬専門調査会専門委員  上路 雅子

4.その他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[  目次おわり  ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

********************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
********************************************************************
■第316回食品安全委員会会合

日時:平成22年1月14日(木)14:00〜14:45
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:13名

(1)遺伝子組換え食品等に係る食品健康影響評価に関する資料
の提出について
・厚生労働省から説明。
・本件については、評価要請にあたり提出された資料に誤りがあった
ため、遺伝子組換え食品等専門調査会で審議することとなった。

(2)農薬専門調査会における審議結果について
1)「メトミノストロビン」に関する審議結果の報告と意見・情報の
募集について
・担当委員である廣瀬委員及び事務局から説明。
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*殺菌剤で、水稲に使用し、魚介類への残留基準値の設定が申請
されています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準(いわゆる
暫定基準)が設定されています。

(3)動物用医薬品専門調査会における審議結果について
1)「クロルスロン」に関する審議結果の報告と意見・情報の募集に
ついて
・担当委員である見上委員及び事務局から説明。
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*寄生虫駆除剤で、牛の肝蛭の成虫駆除に用いられます。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

2)「メベンダゾール」に関する審議結果の報告と意見・情報の募集
について
・担当委員である見上委員及び事務局から説明。
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*寄生虫駆除剤で、馬、羊、山羊等の消化管内の線虫駆除に用い
られます。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されて
います。

(4)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)農薬「シエノピラフェン」に係る食品健康影響評価について
・「シエノピラフェンの一日摂取許容量(ADI)を0.05mg
/kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理
機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*殺虫剤で、なす、りんご等に使用し、ネクタリン、ぶどう等への
適用拡大申請がされています。

2)動物用医薬品「フルベンダゾール」に係る食品健康影響評価に
ついて
・「フルベンダゾールのADIを0.012mg/kg体重/日と
設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)
へ通知することとなった。
*寄生虫駆除剤で、馬回虫、牛肺虫、豚回虫等の駆除などに用い
られます。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されて
います。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai316/index.html

■食品安全委員会ワーキンググループ会合結果

○第6回食品による窒息事故に関するワーキンググループ
日時:平成22年1月13日(水)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)食品による窒息事故に関する食品健康影響評価について
・「評価書 食品による窒息事故(案)」に基づいて、食品(群)
別一口あたり窒息事故頻度、食品健康影響評価等について議論を
行った。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sonota/chi_wg-dai6/index.html

■専門調査会会合 【化学・汚染】

【化学・汚染】
○第9回化学物質・汚染物質専門調査会鉛ワーキンググループ
日時:平成22年1月13日(水)10:00〜12:30
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)鉛の食品健康影響評価について
・事務局より、評価書(案)について概要を説明。
・ハイリスクグループの範囲について再確認を行い、胎児、小児、
妊婦、授乳する女性、妊娠可能な年齢層の女性とされた。
・血中鉛濃度から摂取量への変換に関する知見は不十分であること
から、評価書本文の食品健康影響評価については、有害影響を及ぼ
さない血中鉛濃度の設定までを結論とし、摂取量への変換については、
「別紙」として試算を行い、参考として例示することとなった。なお、
「別紙」の内容については、小グループで再検討することとなった。
*自然界に広く分布している、加工しやすい重金属です。ハンダ、
合金成分、ガラス、食器、顔料、バッテリーなど様々な用途に使われ
ています。1970年代前半に鉛による大気汚染が問題になりました
が、有鉛ガソリンの使用規制等により、現在では大気中鉛濃度は大幅
に減少しています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/kagaku_osen/k_o_namari-dai9/index.html

********************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
********************************************************************

※開催案内は1月15日(金)17:00現在のものです。

■第317回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成22年1月21日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成22年1月19日(火)18:00頃にホームページに
掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【遺伝子】【農薬】【肥料・飼料】
【リスコミ】【動薬】

【遺伝子】
○第78回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成22年1月18日(月)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)食品健康影響評価について意見を求められた遺伝子組換え
食品等の安全性評価について
1)除草剤グリホサート耐性ワタGHB614系統と除草剤グルホシ
ネート耐性ワタLLCotton25系統を掛け合わせた品種
2)Aspergillus oryzae MT2181株を利用
して生産されたキシラナーゼ
3)除草剤グリホサート及びアセト乳酸合成酵素阻害剤耐性ダイズ
DP−356043−5(食品)
4)高オレイン酸含有ダイズDP−305423−1(食品・飼料)
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai78.html

【農薬】
○第59回農薬専門調査会幹事会
日時:平成22年1月20日(水)13:30〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(TCMTB、イマザピックアンモニウム塩、スピネ
トラム、ピコリナフェン)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_59.html

【肥料・飼料】
○第35回肥料・飼料等専門調査会(非公開)
日時:平成22年1月21日(木)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)動物用医薬品(ツラスロマイシン)の食品健康影響評価に
ついて
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/hisiryou_annai35.html

【農薬】
○第36回農薬専門調査会総合評価第二部会(非公開)
日時:平成22年1月25日(月)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(エタボキサム)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_sougou2_36.html

【リスコミ】
○第48回リスクコミュニケーション専門調査会
日時:平成22年1月26日(火)14:00〜16:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)今後の食品安全委員会のリスクコミュニケーションの実施
について
(2)食品安全確保総合調査について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/risk_annai48.html

【動薬】
○第121回動物用医薬品専門調査会
日時:平成22年1月27日(水)14:00〜16:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)動物用医薬品(鶏伝染性ファブリキウス嚢病(抗血清加)
生ワクチン(バーサ・BDA)、豚アクチノバシラス・プルロニュー
モニエ(1・2・5型)感染症・豚丹毒混合(油性アジュバント加)
不活化ワクチン(“京都微研”ピッグウィン−EA)、マイコプラ
ズマ・ハイオニューモニエ感染症(カルボキシビニルポリマー
アジュバント加)不活化ワクチン(レスピフェンドMH))の再審査
に係る食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai121.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(ファシリテーター型)」【富山】【静岡】

・富山会場
日時:平成22年2月5日(金)9:30〜17:00
場所:富山県民会館 3階302号室(富山市新総曲輪4番18号)
主催:食品安全委員会、富山県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_toyama_annai_220205.html

・静岡会場
日時:平成22年2月10日(水)9:30〜17:00
場所:静岡県庁西館 4階厚生部第一会議室
(静岡市葵区追手町9−6)
主催:食品安全委員会、静岡県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_shizuoka_annai_220210.html

○「食品のリスクを考えるワークショップ(群馬)−気になる農薬−」
【群馬】
日時:平成22年2月3日(水)13:00〜16:00
場所:ぐんま男女共同参画センター 4階大研修室
(前橋市大手町1−13−12)
主催:食品安全委員会、群馬県

農薬の安全性について参加者同士で話し合い、考え、
理解を深めるワークショップを開催します。

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/gunma_risk_annai_220203.html

○「食品のリスクを考えるワークショップ(和歌山)「みんなで考え
よう!「食の安全と安心」−どう思う?食品添加物−」」【和歌山】
日時:平成22年2月19日(金)13:00〜16:00
場所:橋本市教育文化会館 3階第1研修室
(橋本市東家一丁目6番27号)
主催:食品安全委員会、和歌山県

食品添加物について、参加者同士で話し合い、考え、
理解を深めるワークショップを開催します。

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/wakayama_risk_annai_220219.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)」【四国ブロック】
日時:平成22年2月23日(火)〜24日(水)
23日(火) 13:00〜17:00
24日(水)  9:30〜16:30
場所:高知市中央卸売市場 管理棟3階大会議室
(高知市弘化台12−12)
主催:食品安全委員会、高知県、高知市

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_inter_kochi_annai_2202.html

○「アフタヌーンカフェ〜「安全なたべもの」って何だろう〜」
【高知】
日時:平成22年2月24日(水)14:00〜15:30
場所:高知市中央卸売市場 管理棟3階大会議室
(高知市弘化台12−12)
主催:食品安全委員会、高知県、高知市

プログラム:
◇話題提供
スピーカー:佐藤 厚 氏(高知女子大学生活科学部健康栄養
学科教授)
◇参加者との意見交換

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/kochi_risk_annai_220224.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集 【農薬】【動薬】

○「メトミノストロビン」
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_nouyaku_metmi_220114.html

○「クロルスロン」
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc2_douyaku_clorsulon_220114.html

○「メベンダゾール」
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc3_douyaku_mebendazole_220114.html

上記募集期間:
平成22年1月14日(木)から平成22年2月12日(金)
17:00まで

■新着情報

○こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に
関連する情報を掲載しています。
・こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に
関連する情報(Q&A)
http://www.fsc.go.jp/sonota/konjak-jelly/qa-konjak-jelly.pdf

○「食品健康影響技術研究」平成22年度新規研究課題の募集
の開始について
・平成22年度新規課題を平成22年1月5日(金)〜1月28日
(木)の期間で募集しております。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/gijyutu/annai_22_ouboyouryou.html

********************************************************************
厂厂厂厂3.専門委員だより
厂厂厂      農薬専門調査会専門委員
厂厂         上路 雅子
********************************************************************

 農薬は農産物の安定供給と高品質化のための生産資材ですが、
「食品に対する不安」の各種アンケート調査で常に農薬は最上位
に挙げられており、科学的評価が国民の不安を払拭する上で必須
です。
農薬は本来、殺虫、殺菌、殺草などの作用を有する生理活性物質
です。しかし、適正な方法で使用することにより、人への健康被害
は考えられないといえます。この使用基準の基礎になるのが一日
摂取許容量(ADI)であり、食品安全委員会でのリスク評価に
大きな役割が課せられています。私は、植物代謝、作物残留、環境
動態の視点から農薬の健康影響評価のお手伝いをしてきました。
4年間の審議を経験する中で、ADI決定に慢性、発ガン性、遺伝
毒性など各種毒性の結果が大きく関与し、リスク評価よりもハザー
ド評価に重点が置かれていると感じています。リスク評価として、
今まで以上に動物代謝、作物残留試験などから体内取込量の推定
結果を反映させることが必要でしょう。また、暴露評価対象物質の
選定に、代謝物の生成とそれらの毒性データに基づく科学的な検討
が重要な課題になると認識しています。
今後、畜産製品および飼料作物の農薬残留基準の設定も予定されて
おり、これまで想定しなかった可食部位以外での残留性の解析など、
農薬の評価は一層厳しくなっていくと思われます。

********************************************************************
厂厂厂厂 4.その他
厂厂厂
********************************************************************

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しま
せんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇

(編集後記)
・・・・何故、今、この「編集後記」を記しているのだ?私は。
今日、1月15日は「成人の日」。私の記憶が正しければ、
成人の日といえば、正月休み明け最初にやって来る祝日であり、
個人的には「おうちで正月ボケをリセットする日」なのである。
だのに「平日」で、こうしてメルマガを出してます。なんで?
あぁ?もう今年は過ぎちゃったって?成人の日?!
・・・・あー、そー云えば今週の月曜日は、おうちに居ました、
働きませんでした、お休みでした、連休しました。そうかそうか、
「ハッピー。マンデー」だったのか。さて、この固有名詞、現在
も使われる貴兄はいらっしゃるのであろうか?「一部を除いて、
とにかく年間の祝日を月曜日にもってきちゃって、土、日、月
を3連休にしちゃいましょう!それでもって、レジャーを楽しみ、
国内経済を活性化しましょう!」なんて柱の制度でしたかね。
まぁ実際、連休はうれしいですよ。ただ、そのあおりを受けて
「週の中休み」が激減してしまったのだなぁ。若輩者の時分には
感じていなかったのだが、殊更「おじさん」というカテゴリーに
括られるようになってから、「週の中休み」の有難味を痛感させ
られるのだ。「肉体的」に・・・(泣笑)       (八街)

◆◇◆============================================================◇

∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
食品安全委員会e−マガジン第176号は平成22年1月22日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−6234−1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
=====================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)