FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第171号


食品安全委員会e−マガジン 第171号


食品安全委員会e−マガジン 第171号 

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e−マガジン 第171号 平成21年12月4日
 内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛

○高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報を掲載しています。

・高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報(最新報)<Q&A>
※【平成21年12月3日更新】Q7及び別紙1の経緯を変更しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/dag/diacylglycerol_dag6_qa_20091203.pdf

○妊婦の方向けコンテンツ「お母さんになるあなたへ」を
当委員会ホームページに掲載!!

・妊婦の方、今後妊娠を予定されている方向けに、食生活を
考える上で知っておいていただきたいトピックを紹介しています。

ご自身のホームページなどへ自由にリンクいただき、是非ご利用ください。
http://www.fsc.go.jp/sonota/maternity/maternity.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第312回食品安全委員会会合

◆専門調査会会合 【動薬】【農薬】

◆意見交換会等 【リスコミ】

2.お知らせ
◆第313回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【農薬】【緊急時】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆評価案等に対するご意見・情報の募集 【プリオン】

◆新着情報

3.その他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[  目次おわり  ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

********************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
********************************************************************
■第312回食品安全委員会会合

日時:平成21年12月3日(木)14:00〜15:20
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:53名

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について
○添加物 1品目
1)トリメチルアミン
・厚生労働省から説明。
・添加物専門調査会で審議することとなった。
*刺激のある魚様の香気を有し、広く動植物に存在し、特に魚類の
組織中に多く存在すると言われています。するめいか、脂肪分の
少ない魚(にしん、ぼら、かたくちいわし等)の塩蔵品等の加工品、
すずき等の生魚、乾燥ヤマドリダケ等の食品中に存在する成分です。
欧米では、スナック菓子、焼菓子、肉製品、冷凍乳製品類、ゼラチン
・プリン類、清涼飲料等、様々な加工食品において香りを再現し、
風味を向上させるために添加されています。

○遺伝子組換え食品等 2品目
2)チョウ目害虫抵抗性及び除草剤グルホシネート耐性トウモロコシ
Bt11系統とチョウ目害虫抵抗性トウモロコシMIR162系統と
コウチュウ目害虫抵抗性トウモロコシMIR604系統と除草剤グリ
ホサート耐性トウモロコシGA21系統からなる組合せの全ての掛け
合わせ品種(既に安全性審査を経た旨の公表を行った4品種は除く)
・厚生労働省から説明。
・遺伝子組換え食品等専門調査会で審議することとなった。
*安全性評価が終了している品種(4品種)を掛け合わせた品種です
が、作られる種子は1粒ごとに形質が異なります。従って、すべての
組合せのうち、安全性評価が終了している品種を除く組合せが評価の
対象となります。

3)チョウ目害虫抵抗性ワタCOT102系統(食品・飼料)
・厚生労働省及び農林水産省から説明。
・遺伝子組換え食品等専門調査会で審議することとなった。
*チョウ目害虫に対し抵抗性を持つワタです。

(2)食品健康影響評価に係る補足資料の提出に関するリスク管理
機関からの報告について
1)高濃度にジアシルグリセロールを含む食品の安全性について
・厚生労働省から、<1> グリシドール脂肪酸エステル及びグリシド
ールの毒性に関する情報収集については、合計20件の文献が収集
されたこと、<2> グリシドール脂肪酸エステルを経口摂取した場合
の体内動態試験については、世界的に見ても確立した試験法がない
ことから、現在、微量定量分析法の開発を行っているところであり、
分析法が確定でき次第、動物への経口投与試験が行われる予定で
あること、<3> グリシドール脂肪酸エステル及びグリシドールの
遺伝毒性試験については、試験受託機関において試験が行われて
いるが、最終的な報告書を取りまとめた段階で報告される、との
報告があった。委員長は厚生労働省に対し、資料の速やかな提出に
最大限協力してほしい旨、強く要請した。

(3)プリオン専門調査会における審議結果について
1)「我が国に輸入される牛肉及び牛内臓に係る食品健康影響評価
(オーストラリア、メキシコ、チリ、コスタリカ、パナマ、ニカラ
グア、ブラジル、ハンガリー)」に関する審議結果の報告と意見・
情報の募集について
・担当委員の見上委員及びプリオン専門調査会の吉川座長から説明。
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。

(4)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見について
1)農薬「チジアズロン」に係る食品健康影響評価について
・「チジアズロンの一日摂取許容量(ADI)を0.039mg/
kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク
管理機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*植物成長調整剤(枯凋剤)で、日本国内での農薬登録はありません。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が
設定されています。

2)動物用医薬品「ニューカッスル病・マレック病(ニューカッスル
病ウイルス由来F蛋白遺伝子導入マレック病ウイルス1型)凍結
生ワクチン(セルミューンN)」に係る食品健康影響評価について
・「本製剤が適切に使用される限りにおいては、食品を通じてヒトの
健康に影響を与える可能性は無視できるものと考えられる。」との
審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省及び農林水産省)
へ通知することとなった。
*マレック病ウイルス1型にニューカッスル病ウイルスのF蛋白遺伝
子を導入したウイルスを主剤とし、ニューカッスル病及びマレック病
の予防を目的とした鶏用の生ワクチンです。

3)遺伝子組換え食品等「ARG−No.2株を利用して生産された
L−アルギニン」に係る食品健康影響評価について
・「『遺伝子組換え微生物を利用して製造された添加物のうち、
アミノ酸等の最終産物が高度に精製された非タンパク質性添加物の
安全性評価の考え方』に基づき安全性が確認されたと判断される。」
との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)へ通知する
こととなった。
*栄養補給を目的とする食品、飲料及び調味料等に使用される食品
添加物です。

(5)食品安全委員会の11月の運営について
・事務局から報告。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai312/index.html

■専門調査会会合 【動薬】【農薬】

【動薬】
○第118回動物用医薬品専門調査会
日時:平成21年11月30日(月)14:00〜14:50
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)座長代理の指名
・座長代理に寺本専門委員が指名されたことが報告された。

(2)クロルスロン
・審議の結果、「現時点で得られている知見からはクロルスロンの
遺伝毒性及び発がん性について結論を導くことは困難であるため、
クロルスロンにADIを設定することは適当でない。」とすること
が了承され、評価書(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告
することとされた。
*寄生虫駆除剤で、牛の肝蛭の成虫駆除に用いられます。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/doubutu/d-dai118/index.html

【動薬】
○第119回動物用医薬品専門調査会(非公開)
日時:平成21年11月30日(月)15:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)アセトアミノフェン
・継続審議となった。
*豚の細菌性肺炎の解熱を目的として使用されます。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/doubutu/d-dai119/index.html

【農薬】
○第28回農薬専門調査会確認評価第二部会(非公開)
日時:平成21年12月1日(火)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)シクラニリド
・審議の結果、0.0063mg/kg体重/日をADIとし、
評価書(案)を一部修正の上、農薬専門調査会幹事会に報告する
こととなった。
*植物成長調整剤で、日本国内での農薬登録はありません。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(2)ノルフルラゾン
・継続審議となった。
*除草剤です。日本国内での農薬登録はありません。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kakunin2_dai28/index.html

■意見交換会等 【リスコミ】

○「食品のリスクを考えるワークショップ(大分)〜どう思う?
食品添加物〜」【大分】
日時:平成21年12月1日(火)13:00〜16:00
場所:大分文化会館 第2小ホール
主催:食品安全委員会、厚生労働省、大分県
参加者:45名(消費者、行政など)

プログラム:
1)開会・開会挨拶
2)食品の安全とリスク認知(食品安全委員会)
3)「食品添加物について[制度の概要]」(厚生労働省)
4)グループワーク1
5)グループ発表と意見交換
・コメンテーター:厚生労働省、食品安全委員会事務局、大分県
・コーディネーター:厚生労働省
6)グループワーク2
7)閉会

概要:
・グループワーク1では、食品添加物の制度についての解説を聞き、
気になったこと、感じたこと、思ったことなどをグループで整理
しました。
・意見交換では、グループワークで行った内容の発表を受け、
食品添加物の安全性についてや、大分県での取組状況などを中心に
コメンテーターとの質疑応答を行いました。
・グループワーク2ではワークショップのふりかえりとして、
食品添加物について、一番印象に残ったことなどをグループで話し
合いました。
・グループワークの際には、大分県地域リスクコミュニケーション
推進員に、各グループ進行役として参加していただきました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

○「ジュニア食品安全委員会@おかざき」【愛知】
日時:平成21年11月28日(土)13:00〜15:00
場所:岡崎中央総合公園第一錬成道場
主催:食品安全委員会、岡崎市
参加者:小学生17名、保護者・傍聴者等22名

概要:
食品安全委員会野村委員よる、食品の安全性についての短い
レクチャーや、食品安全に関するクイズ、意見交換を行いました。
「何で腐るのか」、「食中毒(細菌)は、においや見た目で分かる
のか」、「賞味期限はどうやって決めるのか」といった食中毒に
関連した質問や、「なぜ、ライオンは生肉を食べても大丈夫なのか」、
「食べ物の名前は誰が決めたのか」、「人類が最初に口にした食べ
物は何?」といった質問もたくさんあり、活発な話し合いになり
ました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。
 
○「ジュニア食品安全委員会@岐阜 アンゼンキングクイズ」
【岐阜】
日時:平成21年12月1日(火)14:30〜15:30
場所:岐阜県大垣市立一之瀬小学校
主催:食品安全委員会、岐阜県
参加者:全校生徒(1〜6年生)42名とその保護者30名

概要:
家庭教育学級に合わせ、親子で食品安全に関するクイズに挑戦
してもらいました。赤・青・黄色のカードを使って回答して
もらい、全問正解者も出ました。
「(全問正解できなくて)アンゼンキングになれなかったけれ
ども、知らなかったことが分かって良かった。」などの感想も
子供達からありました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

********************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
********************************************************************

※開催案内は12月4日(金)17:00現在のものです。

■第313回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成21年12月10日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成21年12月8日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【農薬】【緊急時】

【農薬】
○第58回農薬専門調査会幹事会
日時:平成21年12月8日(火)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(エトプロホス、オキシフルオルフェン及びメトミノ
ストロビン)
の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_58.html

【農薬】
○第28回農薬専門調査会確認評価第一部会
日時:平成21年12月9日(水)14:00〜15:30
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(ラクトフェン)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kakunin1_28.html

【農薬】
○第29回農薬専門調査会確認評価第一部会(非公開)
日時:平成21年12月9日(水)15:30〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(トリシクラゾール)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kakunin1_29.html

【緊急時】
○第30回緊急時対応専門調査会
日時:平成21年12月15日(火)10:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)小泉委員長のあいさつ
(2)専門委員の紹介
(3)専門調査会の運営等について
(4)座長の選出
(5)座長代理の指名
(6)緊急時対応マニュアルの見直しについて
(7)平成21年度食品安全委員会緊急時対応訓練について
(8)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/kinkyu_annai30.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品に関するリスクコミュニケーション−我が国に輸入される
牛肉及び牛内臓に係る食品健康影響評価(自ら評価)について−」
【東京、大阪】

◇大阪会場:
日時:平成21年12月15日(火)14:00〜16:00
場所:大阪科学技術センター 中ホール(大阪市西区靭本町1-8-4)
主催:食品安全委員会

◇東京会場:
日時:平成21年12月18日(金)14:00〜16:00
場所:星陵会館(東京都千代田区永田町2-16-2)
主催:食品安全委員会

プログラム:
◇講演
「我が国に輸入される牛肉及び牛内臓に係る食品健康影響評価の
プリオン専門調査会における審議結果(案)について」
・大阪会場:山本 茂貴 氏
(食品安全委員会プリオン専門調査会専門委員、国立医薬品食品
衛生研究所食品衛生管理部長)
・東京会場:吉川 泰弘 氏
(食品安全委員会プリオン専門調査会座長、東京大学大学院農学
生命科学研究科教授)
◇会場参加者との意見交換

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/oosaka_tokyo_risk_annai2112.html

○「アフタヌーンカフェ〜「安全な食べもの」って何だろう?〜」
【埼玉】
日時:平成22年1月15日(金)14:00〜15:30
場所:戸田文化会館 3階304会議室(戸田市上戸田4−8−1)
主催:食品安全委員会、埼玉県

プログラム:
◇話題提供
・「安全な食べもの」って何だろう?
※ 科学的な情報を一般の方に分かりやすくお伝えする技術を学ぶ
講座を、昨年度受講した方が話題提供します。
◇参加者との意見交換

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/saitama_risk_annai_220115.html

○「アフタヌーンカフェ〜「安全な食べもの」って何だろう?〜」
【長崎】
日時:平成22年1月22日(金)14:00〜15:30
場所:長崎県消費生活センター 講座室
(長崎市大黒町3−1 長崎交通産業ビル4階)
主催:食品安全委員会、長崎県

プログラム:
◇話題提供
・「安全な食べもの」って何だろう?
スピーカー:嘉村 敏徳 氏(長崎県諫早食肉衛生検査所)
◇参加者との意見交換

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/nagasaki_risk_annai_220122.html

○「食品のリスクとのつきあい方−食中毒をテーマに−」【奈良】
日時:平成22年1月29日(金)13:00〜15:45
場所:奈良県文化会館 小ホール(奈良市登大路町6−2)
主催:食品安全委員会、奈良県

プログラム:
◇講演:
・「食品でのリスクコミュニケーションと食品を取り巻く様々な
課題」
今村 知明 氏
(公立大学法人奈良県立医科大学健康政策医学講座教授)
◇パネルディスカッション
・コーディネーター:今村 知明 氏
・パネリスト:
  上田 修 氏(有限会社食品衛生研究会顧問)
  森 宏之 氏(市民生活協同組合ならコープ理事長)
  姫野 隆昭 氏(奈良県福祉部健康安全局消費・生活安全課
            課長補佐)
  新本 英二 (内閣府食品安全委員会事務局リスクコミュニ
ケーション官)

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/nara_risk_annai_220129.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)」【関東ブロック】【九州ブロック】

【関東ブロック】
日時:平成22年1月14日(木)〜15日(金)
14日(木) 13:00〜17:00
15日(金)  9:30〜16:30
場所:戸田市文化会館3階304会議室
(埼玉県戸田市上戸田4−8−1)
主催:食品安全委員会、埼玉県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_inter_kantou_annai_2201.html

【九州ブロック】
日時:平成22年1月21日(木)〜22日(金)
21日(木) 13:00〜17:00
22日(金)  9:30〜16:30
場所:長崎県消費生活センター 講座室
(長崎市大黒町3−1長崎交通産業ビル4階)
主催:食品安全委員会、長崎県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_inter_kyushu_annai_2201.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集 【プリオン】

○「我が国に輸入される牛肉及び牛内臓に係る食品健康影響評価
(オーストラリア、メキシコ、チリ、コスタリカ、パナマ、
ニカラグア、ブラジル、ハンガリー)」
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_prion_yunu_gyuniku_211203.html

上記募集期間:
平成21年12月3日(木)から平成22年1月1日(金)17:00
まで

■新着情報

・高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報(最新報)<Q&A>
http://www.fsc.go.jp/sonota/dag/diacylglycerol_dag6_qa_20091203.pdf

********************************************************************
厂厂厂厂 3.その他
厂厂厂
********************************************************************

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しま
せんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇

(編集後記)
先週末の寒空の下、各地の衣料品問屋さんが集まり、神田の一区画
で年2回開催している「バザール」をひやかして来た。婦人服を
はじめ、紳士服、子供服、服飾雑貨などが両サイドの歩道に所狭し
と陳列され、掘出し物を見つけようと、通りいっぱいに人々が溢れ
ており、さながら年末の「アメ横」の呈である。何せ、良さげな物
を遠目で確認しても、その商品に近づけない。人に流され力負け。
集中的に群がっているお店はむしろ迂回といったトホホな状況で
あった。そんなごった返した中で衣料品以外も物を販売するお店も
あり、とあるお店を覗いてみた。「今日は特別!ここのあるもの
どれでも5袋で千円!」との掛け声で人を集めている乾物屋さんだ。
ほぉ、今日は「特別」なんだ。特別に安くしていますってこと?
へぇ、お得だね。目前の看板にも「5袋千円!」の文字が躍って
いるね。・・・が、どう見ても昨日今日書いたものじゃあないぞ。
文字のペンキは思いっきり色褪せて、下地も日に焼けちゃってます
よぉ(笑)。まぁ、お客さんの方も、その辺のところは十分承知の
上で、お買物を楽しんでいるのでしょうけどネ。   (八街)

◆◇◆============================================================◇

∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
 食品安全委員会e−マガジン第172号は平成21年12月11日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
 受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−6234−1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
=====================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)