FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第164号


食品安全委員会e−マガジン 第164号


食品安全委員会e−マガジン 第164号 

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e−マガジン 第164号 平成21年10月16日
 内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛

○高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報を掲載しています。

・高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に関連
する情報(最新報)<Q&A>
※【平成21年10月15日更新】別紙1の経緯に「4.その他」
を追記しました。
http://www.fsc.go.jp/sonota/diacylglycerol_dag5_qa_20091015.pdf

○腸管出血性大腸菌O157食中毒に関する情報を掲載しています。
【平成21年10月6日更新】
http://www.fsc.go.jp/sonota/o157-kanren.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第305回食品安全委員会会合

◆専門調査会会合 【農薬】

◆意見交換会等 【リスコミ】

2.お知らせ
◆第306回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【遺伝子】【添加物】【農薬】【動薬】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆新着情報

3.専門委員だより
動物用医薬品専門調査会専門委員  寺本 昭二

4.その他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[  目次おわり  ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

********************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
********************************************************************
■第305回食品安全委員会会合

日時:平成21年10月15日(木)14:00〜15:20
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:41名

議事概要:
(1)大島内閣府副大臣・泉内閣府大臣政務官挨拶
・大島内閣府副大臣及び泉内閣府大臣政務官から挨拶。

(2)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について
○新開発食品(評価要請及び評価要請の取下げ) 10品目
1)エコナクッキングオイル外9品目
・消費者庁から説明。
・食品健康影響評価要請の取下げとして処理することとなった。

○カドミウム及びその化合物に係る水道に「より供給される水の水質
基準の改正について
・厚生労働省から説明。
・本件については、本年10月8日付けの食品安全委員会決定「食品
安全委員会が既に食品健康影響評価の結果を有している評価対象に
ついて、食品安全基本法第24条の規定に基づき意見を求められた
場合の取扱いについて」の1の(1)「委員会が、関係各大臣から
提出された資料等により新たな科学的知見の存在を確認できない
ときは、食品安全基本法第11条第1項第2号に該当するものと認め
られる旨を関係各大臣に通知することができるものとする。」に該当
するものとされ、事務局において手続を行うこととなった。

(2)米国産牛肉の混載事例についての対応状況等について
・厚生労働省及び農林水産省から報告。

(3)食品安全モニターからの報告(平成21年8月分)について
・8月中に報告された19件について事務局から報告。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai305/index.html

■専門調査会会合 【農薬】

【農薬】
○第34回農薬専門調査会総合評価第二部会(非公開)
日時:平成21年10月9日(金)14:00〜17:40
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)ピコリナフェン
・審議の結果、0.007mg/kg体重/日を一日摂取許容量
(ADI)とし、評価書(案)を一部修正の上、農薬専門調査会
幹事会に報告することとなった。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されています。

(2)アミノエトキシビニルグリシン
・継続審議となった。
*植物成長調整剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジ
ティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/sougou2_dai34/index.html

【農薬】
○第56回農薬専門調査会幹事会
日時:平成21年10月14日(木)13:30〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)ホルペット
・審議の結果、0.1mg/kg体重/日をADIとし、評価書(案)
を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*殺菌剤で、小豆、きゅうり等への新規農薬登録申請がされています。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準値も設定されています。

(2)モリネート
・審議の結果、追加提出された資料についての審議が必要であるため、
総合評価第一部会において再度審議することとなった。
*除草剤で、水稲に使用し、魚介類への残留基準値の設定が申請されて
います。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(3)クロルフェナピル
・審議の結果、0.026mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*殺虫剤で、かんしょ、はくさい等に使用し、すもも、キウイフルーツ
等への適用拡大申請がされています。

(4)イソキサフルトール
・次回以降に持ち越しとなった。
*除草剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(5)その他
・塩酸ホルメタネートの審議経過について報告。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kanjikai_dai56/index.html

■意見交換会等 【リスコミ】

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(ファシリテーター型)」【群馬】
日時:平成21年10月14日(水)9:30〜17:00
場所:群馬県庁 29階 291会議室
主催:食品安全委員会、群馬県
参加者: 23名(消費者、食品関連事業者、公募による参加者など)
講師:内閣府食品安全委員会事務局

プログラム:
◇DVD上映「21世紀の食の安全〜リスク分析手法の導入〜」
◇導入とオリエンテーション
◇講義「ファシリテーションとは」
◇基本トレーニング
◇使えるワークショップ1・・・対人関係のスキル
◇使えるワークショップ2・・・構造化のスキル
◇ふりかえり

議事概要:
・午前は、内閣府食品安全委員会事務局が制作した、リスク分析と
食品安全委員会の役割について説明したDVD上映と、ファシリテー
ションの基礎知識に関する講義の後、参加者がファシリテーションの
基本的なスキルのいくつか(傾聴など)について、実習を行いました。
・午後は、参加者がグループに分かれ、アイスブレークをした後、
ワークショップのいくつかの手法を体験しました。
※ファシリテーション(facilitation)の原意は、
「促進すること」、「容易にすること」等であり、会議やワーク
ショップ等において参加者の意見を引き出し、活発な意見交換を行い、
コミュニケーションを活性化させ、成果に結び付けていくことを支援
すること。
※アイスブレーク:初対面の参加者同士の抵抗感をなくし、コミュニ
ケーション促進のために行うものであり、様々な手法がある。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili2109/gunma/gunma_211014.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター(インタープリター
型)育成講座(北陸ブロック)【石川】
日時:平成21年10月8日(木)〜9日(金)
場所:石川県庁 11階 1102会議室
主催:食品安全委員会、石川県
受講者:15名

内容:
<1日目>
・オリエンテーション(本講座の概要、インタープリターの位置づけなど)
・講義「食の安全とリスク認知」、「リスク評価結果を理解するためにI」、
「わかりやすく伝えるための場作り−前編−」
<2日目>
・講義「リスク評価結果を理解するためにII」、「わかりやすく伝える
ための場作り−後編−」
・演習(実際に、小規模な意見交換会を設営・開催)

講座概要:
・1日目は、講師が、食品安全委員会の概要、インタープリターに期待
すること、リスクのとらえ方、リスク評価の実際(BSE)を中心に説明。
また、受講者は、当委員会が用意したスライド資料をたたき台にして、
有効な資料に仕上げるには何が必要かなどを討議しました。
・2日目は、講師が、当委員会が行っている食品のリスク評価(農薬)
を説明。その後、演習の一環として行われる小規模意見交換会
「アフタヌーンカフェ」の効果的な進め方、設営準備の実際等を経験
しました。実際に、受講者が役割分担しながら、アフタヌーンカフェを
開催しました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

○「食品の安全」に関するセミナー」【福岡】
日時:平成21年10月7日(水)13:30〜16:00
場所:福岡県吉塚合同庁舎 6階会議室
主催:食品安全委員会、九州農政局福岡農政事務所
参加者:122名

概要:
・食品安全委員会より、「知っておきたい食の安全〜安全・安心と食品
の安全性評価〜」として、リスク分析の枠組みやリスク評価について
紹介。
・農業者・流通業者・消費者から取組事例が紹介され、会場との意見
交換が行われました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

○「ジュニア食品安全委員会inあきた」【秋田】
日時:平成21年10月13日(火)14:00〜16:00
場所:秋田県庁 議会棟 2階特別会議室
主催:食品安全委員会、秋田県
参加者:小学生8名、保護者・傍聴者・報道関係者等15名

概要:
・食品安全委員会の廣瀬委員による、食品の安全性についての短い
レクチャーや、食品安全に関するクイズ、意見交換を行いました。
自分がカンピロバクターによる食中毒になった時のレポートや普段
スーパーマーケット等で見かける野菜類と農薬の関係についての作文、
学校で行っている「手洗い歌」の紹介等、子どもたち自身の発表も
沢山ありました。「毒を食べてしまったらどうしたらいいのか」、
「子どもも大人と同じ食品添加物の量でもいいのか」など、活発な
話し合いになりました。

※詳細は後日、食品安全委員会ホームページに掲載します。

********************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
********************************************************************

※開催案内は10月16日(金)17:00現在のものです。

■第306回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成21年10月22日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成21年10月20日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【遺伝子】【添加物】【農薬】【動薬】

【遺伝子】
○第74回遺伝子組換え食品等専門調査会
日時:平成21年10月19日(月)13:30〜14:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)専門委員の紹介
(2)専門調査会の運営等について
(3)座長の選出
(4)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai74.html

【遺伝子】
○第75回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成21年10月19日(月)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)食品健康影響評価について意見を求められた遺伝子組換え
食品等の安全性評価について
1)チョウ目害虫抵抗性トウモロコシMIR162系統(飼料)
2)ARG−No.2株を利用して生産されたL−アルギニン
3)乾燥耐性トウモロコシMON87460系統(食品・飼料)
4)イミダゾリノン系除草剤耐性ダイズBPS−CV127−9
(食品・飼料)
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai75.html

【添加物】
○第79回添加物専門調査会
日時:平成21年10月20日(火)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)専門委員紹介
(2)専門調査会の運営等について
(3)座長の選出
(4)ブチルアミンに係る食品健康影響評価について
(5)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/tenkabutu_annai79.html

【農薬】
○第35回農薬専門調査会総合評価第一部会(非公開)
日時:平成21年10月21日(水)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(エチオン及びフェントエート)の食品健康影響評価
について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_sougou1_35.html

【動薬】
○第117回動物用医薬品専門調査会
日時:平成21年10月23日(金)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)専門委員紹介
(2)専門調査会の運営等について
(3)座長の選出
(4)動物用医薬品の安全性評価基準(案)について
(4)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai117.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品のリスクを考えるワークショップ(徳島)−どう思う?
食品添加物−」【徳島】
日時:平成21年11月6日(金)13:00〜16:00
場所:徳島県庁 11階講堂(徳島市万代町1丁目1番地)
主催:食品安全委員会、厚生労働省、徳島県
内容:
(1)開会
(2)オリエンテーション
(3)グループワーク:カードゲームで考える食品添加物
・話し合い内容:「カードゲームを行って疑問に思ったことや気に
なったこと、さらに深く知りたいと思ったこと」などについて、話し
合い、整理する。
[グループ世話役:食品の安全性に関する指導者及びリスク
コミュニケーター育成講座受講者]
(4)グループワークで整理された内容についての意見交換と情報提供
[コメンテーター:内閣府食品安全委員会事務局、厚生労働省、徳島県]
(5)グループワーク:ワークショップのふりかえり
(6)閉会

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/workshop_tokushima_risk_annai211106.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(ファシリテーター型)」【広島】【高知】
・広島会場
日時:平成21年11月10日(火)9:30〜17:00
場所:広島県立総合体育館 地下1階 中会議室
(広島市中区基町4−1)
主催:食品安全委員会、広島県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_hiroshima_annai_211110.html

・高知会場
日時:平成21年11月19日(木)9:30〜17:00
場所:高知市中央卸売市場管理棟 3階大会議室
(高知市弘化台12−12)
主催:食品安全委員会、高知県、高知市

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_kochi_annai_211119.html

○「ジュニア食品安全委員会@おかざき」【愛知】
日時:平成21年11月28日(土)13:00〜15:00
場所:岡崎中央総合公園 第一錬成道場
(愛知県岡崎市高隆寺町字峠1番地)
主催:食品安全委員会、岡崎市
・クイズに挑戦したり、食の安全について食品安全委員会委員と一緒
に話し合ってくれる小学5〜6年生を募集します。

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/okazaki_junior_annai211128.html

○「アフタヌーンカフェ〜「安全な食べもの」って何だろう〜」
【栃木】
気軽に話せる雰囲気の小規模の意見交換会を開催します。
食品の安全性に関して、少しだけ科学的な内容について語って
みませんか。
日時:平成21年10月26日(月)14:00〜15:30
場所:宇都宮市保健所 大会議室(宇都宮市竹林町972)
主催:食品安全委員会、宇都宮市

プログラム:
◇話題提供
・食品の安全とリスクについて(内閣府食品安全委員会事務局)
◇参加者との意見交換

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/utsunomiya_risk_annai_211026.html

■新着情報

○食品安全モニターからの報告(平成21年8月分)
http://www.fsc.go.jp/monitor/2108moni-saisyuhoukoku.pdf

○「食品安全委員会季刊誌第20号」を掲載
http://www.fsc.go.jp/sonota/kikansi.html

○「キッズボックス<野菜はどこからやってきた?>」を掲載
http://www.fsc.go.jp/sonota/kids18.pdf

○高濃度にジアシルグリセロール(DAG)を含む食用油等に
関連する情報(最新報)<Q&A>
http://www.fsc.go.jp/sonota/diacylglycerol_dag5_qa_20091015.pdf

********************************************************************
厂厂厂厂3.専門委員だより
厂厂厂     動物用医薬品専門調査会専門委員
厂厂         寺本 昭二
********************************************************************

 平成15年の食品安全委員会発足時から専門委員を務めさせて
頂いています。所属は動物用医薬品専門調査会で、家畜や養殖魚
などに対して病気の予防・治療や生産性向上の目的で使用される
動物用医薬品の畜水産食品を介したヒト健康影響評価を行って
います。担当する専門分野は生殖発生毒性です。生殖発生毒性と
いいますのは、「生殖細胞の形成から受精、子宮内発育、出生、
成熟から死に至る一連の発生事象を障害する環境要因の効果」と
定義されています。分かりにくいかも知れませんが、一言で申し
上げれば、「次世代に及ぼす影響」ということで、胎児の先天
奇形の発生なども含まれますので、遺伝毒性や発がん性とともに
多くの消費者の方々が懸念されている毒性の一つではないかと
思います。
私は、財団法人残留農薬研究所に勤めていまして、農薬の生殖
発生毒性試験(農薬の毒性試験ガイドラインでは繁殖毒性試験
および催奇形性試験として規定されている)に30数年携わって
きましたが、実は、動物用医薬品と農薬はヒトの健康への影響と
いうことに関しては類似点が多いのです。例えば、使用される
薬剤は大半が動・植物体内で代謝されたり分解されたりして、
ヒトが食する時には食品中にまったく存在しないか、残留がみら
れるとしても最新の高性能分析機器で辛うじて検出できる程度の
超微量にすぎません。ヒト健康影響評価もこのような実態を踏ま
えて行われていまして、遺伝毒性や発がん性、あるいは催奇形性
といったような問題となる毒性が無い事を確認するだけでなく、
種々の毒性試験の結果に基づいて薬剤の持つ毒性の本質を明らか
にした上で、ヒトが生涯にわたって毎日摂取し続けても健康への
悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量(一日摂取許容量
:ADI)を設定しています。農薬の繁殖毒性試験や催奇形性
試験を通してこれまでに得てきた知識や経験を、動物用医薬品の
ヒト健康影響評価の場に生かしていきたいと考えています。

********************************************************************
厂厂厂厂 4.その他
厂厂厂
********************************************************************

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録
しませんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇
(編集後記)
近頃「タクノミ」がきているらしい。タクノミ?何ですかそれ?
アキバ系(・・・って、アタイ?(笑))?はたまた「一気飲み」
のニュータイプ?いやいや、「宅飲み」と表記し、「家飲み」、
「おうち飲み」とも云うそうで、自宅で飲酒することを指す言葉
なのだそうだ。ふ〜ん、わざわざ名付けるほどのことでもない
ような・・・。元々は飲食店でではなく、自宅に友人などを招いて
酒盛りをすることであったようだが、自宅において(特に男性が)
独りで呑むことの意味合いが強くなってきて、それがちょいと
ブームとなっているらしいのだ。そりゃ、安上がりだからねぇ。
ふと考えてみると、この頃の私は専らそのクチだ。休日に惣菜類を
しこたま買い込み、冷蔵庫に突っ込んで、それを肴に酒盛りの日々
だもの。何せ、既に買い込んでしまっているものだから、それを
食べてしまわなければならず、お店で呑む機会を逸してしまって
いるのである。買わなきゃあいいのだけれど、ついネ・・・・・。
更には、レンジで「チン」する間ももどかしいから、台所で独り
「立ち呑み」だぁ!う〜ん、何気に「トレンディー」(死語)。
(八街)

◆◇◆============================================================◇

∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
食品安全委員会e−マガジン第165号は平成21年10月23日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−6234−1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
=====================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)