FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第149号


食品安全委員会e−マガジン 第149号


━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e−マガジン 第149号 平成21年6月19日
内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重┃要┃な┃お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

○新型インフルエンザ(インフルエンザA/H1N1)に関連する情報
・新型インフルエンザに関する委員長見解やQ&Aを掲載しています。
ぜひご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/mexicous_butainflu_210427.html

○内閣府食品安全委員会専門委員の募集について
・平成21年6月11日から平成21年7月10日(必着)までの間、
募集を行いますのでお知らせします。
http://www.fsc.go.jp/sonota/koubo_iin_annai.html

○事務所移転のお知らせ
・食品安全委員会は6月1日に事務所を移転いたしました。
ホームページに案内図、代表電話番号等を掲載していますので、
ご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/iten_map.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第290回食品安全委員会会合

◆専門調査会会合 【農薬】【化学・汚染】

2.お知らせ
◆第291回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【新開発】【添加物】【企画】【農薬】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆評価案等に対するご意見・情報の募集 【農薬】【動薬】

◆新着情報

3.専門委員だより
企画専門調査会専門委員  佐々木 珠美

4.その他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[ 目次おわり ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

******************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
******************************************************************

■第290回食品安全委員会会合

日時:平成21年6月18日(木)14:00〜14:40
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:10名

議事概要:

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について
○新開発食品(評価要請の取下げ)
1)ライフナビ カルシウムを含むお茶
・厚生労働省から説明。
・食品健康影響評価要請の取下げとして処理することとなった。
*カルシウムを関与成分とし、歳をとってからの骨粗しょう症の
リスクを低減する旨を特定の保健の用途とする粉末清涼飲料形態
の食品です。

(2)農薬専門調査会における審議状況について
1)「ピリミノバックメチル」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*除草剤で、水稲に使用し、魚介類への残留基準の設定要請が
されています。

(3)動物用医薬品専門調査会における審議状況について
1)「カラゾロール」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*β遮断薬で、牛や豚のストレス軽減などに用いられます。ポジ
ティブリスト制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定
されています。

2)「ケトプロフェン」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*抗炎症薬で、牛、馬、豚等の鎮痛剤及び抗炎症剤として用いられ
ます。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(4)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取について
1)動物用医薬品「クレンブテロール」に係る食品健康影響評価について
2)動物用医薬品「塩酸クレンブテロールを有効成分とする牛の注射剤
(プラニパート)の再審査」に係る食品健康影響評価について
3)動物用医薬品「塩酸クレンブテロールを有効成分とする馬の経
口投与剤(ベンチプルミン−シロップ)の再審査」に係る食品健康影
響評価について
・1)〜3):「塩酸クレンブテロールを有効成分とする牛の注射剤
(プラニパート)及び塩酸クレンブテロールを有効成分とする馬の経口
投与剤(ベンチルミン-シロップ)の主剤であるクレンブテロールの
一日摂取許容量(ADI)として0.004μg/kg体重/日を採用
することが適当であると考えられる。また、本製剤が適切に使用される
限りにおいては、食品を通じてヒトの健康に影響を与える可能性は無視
できるものと考えられる。」との審議結果が了承され、リスク管理機関
(厚生労働省及び農林水産省)へ通知することとなった。
*子宮収縮を抑制する作用を示すことから、牛の難産の場合等における
処置に用いられています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が
設定されています。

(5)「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等(平成21年5月分)
について
・5月中に寄せられた71件について事務局から報告。
・主なQ&Aとして「食品安全委員会が作成したDVDの貸出し」に
関する事項が紹介された。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai290/index.html

■専門調査会会合 【農薬】【化学・汚染】

【農薬】
○第52回農薬専門調査会幹事会
日時:平成21年6月12日(金)13:30〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)塩酸ホルメタネート
・審議の結果、0.00065mg/kg体重/日をADIとし、
評価書(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することと
なった。
*殺虫/殺ダニ剤で、日本国内での農薬登録はありません。
ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定されています。

(2)スピロメシフェン
・審議の結果、0.022mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*殺虫剤で、トマト、りんご等に使用し、なす、もも等への適用拡大
申請がされています。

(3)ビフェントリン
・審議の結果、0.01mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。
*殺虫剤で、ばれいしょ、トマト等に使用し、エンサイ及びすもも
への適用拡大申請がされています。

(4)その他
・国民からの御意見・情報の募集期間中に、プロパモカルブ評価書
(案)に対して寄せられた御意見について検討した結果、回答(案)
及び評価書修正(案)を一部修正の上、食品安全委員会に報告する
こととなった。
・国民からの御意見・情報の募集期間中に、フルジオキソニル評価書
(案)に対し寄せられた御意見について検討した結果、回答(案)
及び評価書修正(案)を一部修正することとなった。引き続き添加物
専門調査会で審議される予定。
・「化学物質の発達神経毒性評価手法に関する情報収集調査」について、
調査実施者より報告された後、質疑応答を行った。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kanjikai_dai52/index.html

【化学・汚染】
○第7回化学物質・汚染物質専門調査会鉛ワーキンググループ
日時:平成21年6月17日(水)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)鉛の食品健康影響評価について
・ヒトの健康に悪影響を及ぼさないと考えられる血中鉛濃度について
審議され、小児については、主にIQを影響指標とした疫学研究結果
から4μg/100ml以下とされた。
成人については、低レベルの血中鉛濃度と有害影響との関係を示唆
する疫学研究の知見について、小グループにより確認した上で、
再度審議することとなった。
*自然界に広く分布している、加工しやすい重金属です。ハンダ、
合金成分、ガラス、食器、顔料、バッテリーなど様々な用途に使われ
ています。1970年代前半に鉛による大気汚染が問題になりました
が、有鉛ガソリンの使用規制等により、現在では大気中鉛濃度は大幅
に減少しています。
※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/kagaku_osen/k_o_namari-dai7/index.html

******************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
******************************************************************

※開催案内は6月19日(金)17:00現在のものです。

■第291回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成21年6月25日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成21年6月23日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

広報用DVDの上映:

・会合に先立ち、13時35分から、広報用DVD「よくわかる!
食品安全委員会〜食品の安全性をどう守るの?〜」を上映する予定
です。
なお、広報用DVDは、原則として、月1回、最終週の委員会会合
開催前に上映する予定です。
(都合により、上映を中止する場合があります。予めご了承下さい。)

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【新開発】【添加物】【企画】【農薬】

【新開発】【添加物】
○第59回新開発食品・第72回添加物合同専門調査会
日時:平成21年6月22日(月)13:00〜17:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)高濃度にジアシルグリセロールを含む食品の安全性について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/gd_sinkaihatu59_tenkabutu72_annai.html

【企画】
○第30回企画専門調査会
日時:平成21年6月23日(火)10:00〜12:30
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)平成20年度食品安全委員会運営計画のフォローアップに
ついて
(2)平成20年度食品安全委員会運営状況報告書(案)について
(3)平成21年度自ら評価案件選定の進め方について
(4)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/kikaku_annai30.html

【農薬】
○第31回農薬専門調査会総合評価第二部会(非公開)
日時:平成21年6月24日(水)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(1−メチルシクロプロペン、エチクロゼート及びフラ
メトピル)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_sougou2_31.html

【新開発】
○第60回新開発食品専門調査会(非公開)
日時:平成21年6月26日(金)14:00〜16:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)特定保健用食品の食品健康影響評価について
1)ヘルシアコーヒー 無糖ブラック
2)ヘルシアコーヒー マイルドミルク
3)ポリフェノール茶
4)麦の葉うまれの食物繊維
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/sinkaihatu_annai60.html

【添加物】
○第73回添加物専門調査会
日時:平成21年6月29日(月)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)2−エチル−5−メチルピラジンに係る食品健康影響評価に
ついて
(2)5,6,7,8−テトラヒドロキノキサリンに係る食品健康
影響評価について
(3)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/tenkabutu_annai73.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)」【中国ブロック】
日時:平成21年7月8日(水)〜9日(木)
8日(水) 13:00〜16:30
9日(木)  9:30〜16:30
場所:岡山県立図書館 サークル活動室
(岡山市北区丸の内2−6−30)
主催:食品安全委員会、岡山県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_inter_okayama_annai_2107.html

○「アフタヌーンカフェ〜「安全な食べもの」って何だろう〜」【岡山】
気軽に話せるふんいきの、小規模の意見交換会を開催します。
食品の安全性に関して、少しだけ科学的な内容について語ってみませんか。
日時:平成21年7月9日(木)14:00〜15:30
場所:岡山県立図書館 サークル活動室
(岡山市北区丸の内2−6−30)
主催:食品安全委員会、岡山県
〔食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座の受講生が
活躍します!〕

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/okayama_risk_annai_210709.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(ファシリテーター型)」【佐賀】
日時:平成21年7月15日(水)9:30〜17:00
場所:佐賀県庁 4階 正庁
(佐賀市城内1丁目1−59)
主催:食品安全委員会、佐賀県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_saga_annai_210715.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集 【農薬】【動薬】

○「ピリミノバックメチル」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_nouyaku_pyrim_210618.html

○「カラゾロール」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc3_doubutu_carazo_210618.html

○「ケトプロフェン」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc2_doubutu_ketpro_210618.html

上記募集期間:
平成21年6月18日(木)から平成21年7月17日(金)17:00まで

■新着情報

○内閣府食品安全委員会専門委員の募集について

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/koubo_iin_annai.html

○食品安全確保総合調査における一般競争入札の公告について
・調査課題名:食品の安全性に係るリスクコミュニケーションの効果に
関する調査
・公 告 日:平成21年6月8日(月)
・開札予定日:平成21年7月15日(水)

※食品安全確保総合調査の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/anzenchousa21keikaku.html

※一般競争の公告については、内閣府ホームページの「調達情報」
から「WTO対象外、入札公告」をご覧ください。
http://www.e-procurement-cao.jp/choutatsujouhou.html

******************************************************************
厂厂厂厂 3.専門委員だより
厂厂厂  企画専門調査会専門委員  佐々木 珠美
******************************************************************

 昨年7月に食品安全委員会は発足5周年を迎え、5年間の取り組み
を振り返りました。折しも、消費者行政の一元化が大きく取り上げ
られており、食品の安全性を科学的に、かつ、中立、公正に評価する
機関として、いかにして国民・消費者の要請に応えるのか、食品安全
委員会をどのように改善、強化していくのか、食品安全委員会全体で
検討を進めました。
企画専門調査会では、毎年、食品安全委員会の運営計画とその計画
のフォローアップを審議していますので、専門委員は、食品安全委員
会の評価作業や研究、調査、意見交換といった仕事の全貌(?)を
見ています。ですから、改善に向けて出される意見は具体的で当を
得たものが多く、評価体制の強化から研究機関の設置、リスクコミュ
ニケーションの強化にまでおよびました。そして、委員会の審議や
意見募集を経て、今年3月に「食品安全委員会の改善に向けて」とし
て公表されました。多くの人にご一読いただきたい内容になってい
ます。
企画専門調査会の大きな役割の一つとして「食品安全委員会が自ら
食品健康影響評価を行う案件(自ら評価)」の審議があります。
「自ら評価」については、消費者が不安に感じていることや専門委員
の意見、海外からの情報等を収集して審議を行います。企画専門調査
会には、様々なステークホルダーを代表する委員の方が参加していま
すので、いろいろな角度から評価の必要性や優先順位について議論
することができます。昨年度は議論の末、かび毒のオクラトキシンA
や食品中のヒ素などを案件として選びました。
振り返って見ると、2003年に食品安全委員会が発足した当時、
私は日本生協連商品検査センターに所属しており、残留農薬等のポジ
ティブリスト制やアレルゲン表示などに対応するための研究や検査に
追われていました。念願の食品安全委員会が設置されたことで、食品
の科学的安全性評価が進むものと期待し、各専門調査会での評価作業
や審議に注目していました。そして、審議過程や評価資料が公開され
たことに驚いたことを鮮明に覚えています(それまでの審議資料は
未公開が多かったので)。2005年に検査の現場を離れ、現在の
食品安全行政に関わる部署に異動になり、食品安全の施策やリスク
コミュニケーションの取り組みに接する機会が増えました。そんな中
で企画専門調査会の委員に任命されたのですが、前職の経験もあって
か、ほぼ同時期に食品健康影響評価技術研究運営委員にも着任する
ことになりました。こういう形で食品安全委員会の活動に直接関与
するようになるとは思ってもいませんでした。
「食」はヒトの生命や健康の維持に欠かせないだけでなく、社会の
営みや文化の大きな要素となっています。それだけに国民・消費者の
「食の安全」に対する関心は高く、食品安全委員会には法で定められ
た職務範囲や評価体制に比べ、過大と思えるくらいの期待が寄せられ
ます。一方、残念なことに食品安全委員会の仕事についてはあまり
知られていません。当たり前のことですが、食品安全委員会は科学的
評価を行うと同時に、自らの活動についても情報提供や関係者との
意見交換を積極的に行わなければと、強く感じている今日この頃です。

******************************************************************
厂厂厂厂 4.その他
厂厂厂
******************************************************************
■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しませんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇
(編集後記)
某大型居酒屋チェーン店の「半額割引券」を友人から頂いた。
で、券を握り締め、独りお店に赴いた。で、とりあえずビールをと。
次はアテはと、早速メニューを御開帳。あらら、何だか抱いていた
イメージと違うぞヨ。フライドポテトやら軟骨唐揚げ、浅漬けと
いった王道メニューもあるにはあるが、何気に高級だ。掲載写真も
立派だネ。「季節限定品」なんてのも・・・。ほお、「生しらす」!
おちるのが早いから、都会では喰えんと思っていたが、チェーンの
居酒屋さんでも出せるようになっているのね、最近は。昨今の物流
技術大進歩の賜物だな。しらすの「旬」が今時なのかは知らないが、
感謝感謝。
んー、でもねぇ・・・、やっぱり「生しらす」は、地元の海っぺりの
名物丼として、山盛り大盛りトロトロを、がっつりガツガツ豪快に
頂戴するのが、よーござんすえぇ〜 v(^^)v  (八街)
◆◇◆============================================================◇
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
食品安全委員会e−マガジン第150号は平成21年6月26日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−6234−1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
====================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20
赤坂パークビル22階




〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)