FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第148号


食品安全委員会e−マガジン 第148号


━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

食品安全委員会e−マガジン 第148号 平成21年6月12日
内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重┃要┃な┃お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

○新型インフルエンザ(インフルエンザA/H1N1)に関連する情報
・新型インフルエンザに関する委員長見解やQ&Aを掲載しています。
ぜひご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/mexicous_butainflu_210427.html

○内閣府食品安全委員会専門委員の募集について
・平成21年6月11日から平成21年7月10日(必着)までの間、
募集を行いますのでお知らせします。
http://www.fsc.go.jp/sonota/koubo_iin_annai.html

○事務所移転のお知らせ
・食品安全委員会は6月1日に事務所を移転いたしました。
ホームページに案内図、代表電話番号等を掲載していますので、
ご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/iten_map.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第289回食品安全委員会会合

◆食品安全委員会ワーキンググループ会合

◆専門調査会会合 【器具・容器】【新開発】【農薬】【化学・汚染】

◆意見交換会等 【リスコミ】

2.お知らせ
◆第290回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会会合開催案内 【化学・汚染】【遺伝子】【動薬】【新開発】
【添加物】【企画】

◆意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

◆評価案等に対するご意見・情報の募集 【添加物】【農薬】

◆新着情報

3.その他
◆「食品安全委員会委員の同意人事について」他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[ 目次おわり ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

*****************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
*****************************************************************

■第289回食品安全委員会会合

日時:平成21年6月11日(木)14:00〜15:10
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:16名

議事概要:

※最初に、委員長から今般の食品安全委員会委員の同意人事の件
に関し発言。

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関する
リスク管理機関からの説明について
○農薬
1)アゾキシストロビン
・厚生労働省から説明。
・必要に応じて農薬専門調査会に付託することとなった。
*殺菌剤で、稲、はくさい、りんご等に使用し、こまつな、しょうが、
バナナ等への適用拡大申請がされています。

2)シフルメトフェン
・厚生労働省から説明。
・必要に応じて農薬専門調査会に付託することとなった。
*殺虫剤(殺ダニ剤)で、なす、すいか、みかん等に使用し、きゅうり、
ネクタリン等への適用拡大申請がされています。

3)フルオピコリド
・厚生労働省から説明。
・必要に応じて農薬専門調査会に付託することとなった。
*殺菌剤で、ばれいしょに使用し、はくさい、たまねぎ等への適用拡大
申請がされています。

4)プロピリスルフロン
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*除草剤で、水稲への新規農薬登録申請及び魚介類への残留基準の設定
要請がされています。

5)メトキシフェノジド
・厚生労働省から説明。
・必要に応じて農薬専門調査会に付託することとなった。
*殺虫剤で、稲、はくさい、りんご等に使用し、ブロッコリーへの適用
拡大申請がされています。

6)フェントエート
・厚生労働省から説明。
・農薬専門調査会で審議することとなった。
*殺虫剤で、稲、だいず、ばれいしょ等に使用し、かんきつへの適用
拡大申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準
(いわゆる暫定基準)が設定されています。

(2)添加物専門調査会における審議状況について
1)「亜塩素酸ナトリウム」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*塩素系の漂白剤、殺菌料の一種であり、わが国では昭和38年に
添加物に指定されています。今般、使用基準にかずのこ塩蔵加工品
を追加するため、食品健康影響評価を依頼されたものです。

2)「3−メチル−2−ブタノール」に関する意見・情報の募集に
ついて
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*カラバッシュナツメグ、ぶどう等の果物、ムール貝、チーズ、ココア、
豆類等の食品に天然に含まれる成分です。欧米では焼菓子、ハード・
キャンディー類、ジャム・ゼリー、アルコール飲料、冷凍乳製品類、
清涼飲料等様々な加工食品において香りの再現、風味の向上等の目的
で添加されています。

(3)農薬専門調査会における審議状況について
1)「メトラクロール」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*除草剤で、かんしょ、だいず等に使用します。光学活性体である
S−メトラクロールについて、かんしょ、だいず等への適用が申請
されています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定
されています。

(4)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取について
1)農薬「ジメテナミド」に係る食品健康影響評価について
・「ジメテナミドの一日摂取許容量(ADI)を0.038mg/
kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理
機関(厚生労働省)へ通知することとなった。
*除草剤で、キャベツ、だいず等に登録があり、ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準が設定されています。
光学異性体であるジメテナミドPに関して、キャベツ、えだまめ等
への新規農薬登録申請がされています。

(5)専門調査会の所掌の変更及び専門委員の改選について
・「専門調査会の所掌の変更及び専門委員の改選について(案)」
及び「食品安全委員会専門委員募集要項(案)」について、事務局
から説明後、案のとおり決定された。

(6)平成20年食中毒発生状況の概要について
・厚生労働省から報告。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai289/index.html

■食品安全委員会ワーキンググループ会合
○第1回食品による窒息事故に関するワーキンググループ
日時:平成21年6月10日(水)10:00〜12:30
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)食品による窒息事故に関するワーキンググループの設置に
ついて
・ワーキンググループの設置、運営等について説明がなされ、了承
された。

(2)評価の対象等について
・今回の諮問の経緯について、内閣府国民生活局から説明があった。
今後の調査審議の進め方として、食品による窒息事故の要因を明ら
かにし、その結果を踏まえ食品による窒息事故の低減・防止に関する
意見を取りまとめることを目的とし、窒息事故の発生状況及び事故
事例の分析、窒息事故の要因分析並びに海外の規制等の内容を調査
審議事項とすることについて、了承された。

(3)食品による窒息事故の発生状況等について
・昭和大学歯学部 向井教授より、平成19・20年度厚生労働科学
特別研究事業により集約された科学的知見について説明。
東京消防庁防災部生活安全課 清水課長より東京消防庁管内における
食品による窒息事故の発生状況等について説明。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sonota/chi_wg-dai1/index.html

■専門調査会会合 【器具・容器】【新開発】【農薬】【化学・汚染】

【器具・容器】
○第5回器具・容器包装専門調査会生殖発生毒性等に関する
ワーキンググループ
日時:平成21年6月8日(月)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)ビスフェノールAの食品健康影響評価について
・小グループで議論された厚生労働科学研究分担研究報告書(菅野
分担研究者)に対するコメントについて審議を行った。次回ワーキング
グループまでに内容を修正し、ワーキンググループとしての考え方を
整理することとなった。
・ビスフェノールAの評価書(案)について、事務局から説明が行われ、
次回ワーキンググループまでに内容を精査し、修文、追記等を行うこと
となった。
*ビスフェノールAはプラスチックのポリカーボネートや食品缶詰の
防蝕塗装剤のエポキシ樹脂の原料として用いられています。これらの
樹脂にはビスフェノールAが微量に残留していることから、食品衛生
法では、ポリカーボネート製容器等からの溶出規格を2.5ppm
以下と設定しています。しかし、近年、動物の胎児や子供に対し、
極めて低用量の曝露による神経や性周期などへの影響(内分泌かく乱)
を示唆する知見が報告されており、現在、欧米諸国で再評価が行われて
いるところです。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/kiguyouki/k-y-wg-bpa-dai5/index.html

【新開発】
○第58回新開発食品専門調査会
日時:平成21年6月8日(月)14:00〜16:15
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)座長の選出について
・専門委員の互選により、池上専門委員を座長に選出。

(2)体細胞クローン技術を用いて産出された牛及び豚並びにそれらの
後代に由来する食品に係る安全性について
・意見交換会の概要について、事務局から説明。
・国民からのご意見・情報の募集結果及び回答(案)について、事務局
から説明。
・審議の結果、評価書及び国民からのご意見・情報の募集の回答について
一部修正の上、食品安全委員会に報告することとなった。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/sinkaihatu/s-dai58/index.html

【農薬】
○第24回農薬専門調査会確認評価第一部会(非公開)
日時:平成21年6月10日(水)14:00〜17:15
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)キザロホップエチル
・審議の結果、0.009mg/kg体重/日をADIとし、評価書
(案)を一部修正の上、農薬専門調査会幹事会に報告することとなった。
*除草剤で、だいず、ばれいしょ等に使用し、魚介類への残留基準値の
設定が申請されています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が
設定されています。

(2)ペントキサゾン
・審議の結果、0.23mg/kg体重/日をADIとし、評価書(案)
を一部修正の上、農薬専門調査会幹事会に報告することとなった。
*除草剤で、水稲に使用し、ひえへの適用拡大申請及び魚介類への残留
基準の設定要請がされています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kakunin1_dai24/index.html

【化学・汚染】
○第5回化学物質・汚染物質専門調査会幹事会
日時:平成21年6月11日(木)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)米のカドミウムの成分規格改正に係る食品健康影響評価について
・汚染物質部会で審議・了承された評価書第2版(案)について、現在
設定されている耐容週間摂取量7μg/kg体重/週を変更する必要は
ないとする評価結果が了承され、一部修正の上、食品安全委員会に報告
されることとなった。
*自然界に広く分布している銀白色の重金属です。ほとんどの食品中
に環境由来のカドミウムが多少なりとも含まれ、特に、貝類、頭足類
(イカなど)の内臓に多く含まれます。日本人は米飯を多く食べるため、
カドミウム摂取量の約半分が米に由来するものです。

(2)清涼飲料水中の化学物質(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、
ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、総トリハロメタン)の規格基準
改正に係る食品健康影響評価について
・清涼飲料水部会で審議・了承された評価書(案)について了承され、
一部修正の上、食品安全委員会に報告されることとなった。
なお、清涼飲料水の評価に係る化学物質を対象にした「ベンチマーク
ドース(BMD)アプローチを用いた評価について(案)」は、修正の
上、幹事会で再審議されることとなった。

(3)その他
1)事務局より、「食品中のヒ素」について「食品安全委員会が自ら行う
食品健康影響評価」の案件に決定されたことが報告された。今後、座長と
事務局において審議体制案を検討し、幹事会専門委員の了承を得た上で、
汚染物質部会で審議していくこととなった。

※詳細は近日中にホームページに掲載予定。

■意見交換会等 【リスコミ】

○「食品に関するリスクコミュニケーション−鶏肉中のカンピロバクター
・ジェジュニ/コリの食品健康影響評価について−」【福岡】【東京】

・福岡会場
日時:平成21年6月3日(水)14:00〜16:00
場所:アクロス福岡 国際会議室
参加者:52名
・東京会場
日時:平成21年6月5日(金)14:00〜16:00
場所:新宿文化センター 小ホール
参加者:103名

【両会場共通事項】
主催:食品安全委員会

議事概要:
(1)講演:
1)「微生物リスク評価の審議経緯について」
・講師:牧野 壯一(食品安全委員会微生物・ウイルス専門調査会
ワーキンググループ座長、帯広畜産大学理事・副学長)
2)「鶏肉中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリの食品健康影響
評価(案)について」
・講師:春日 文子(食品安全委員会微生物・ウイルス専門調査会委員、
国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部第三室長)

・牧野座長より、微生物リスク評価の審議経緯、微生物のリスク評価
の流れ、当該意見交換会の目的について説明があった後、春日専門
委員より、鶏肉中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリの食品健康
影響評価(案)について、カンピロバクターに関する現状を交えながら、
リスク評価の考え方、結果について説明があった。

(2)会場参加者との意見交換
・登壇者:牧野 壯一
春日 文子

・参加者からの質問に登壇者が回答する形ですすめられた。カンピロ
バクターの汚染状況、生食との関係、食中毒予防の観点からの普及啓発
のあり方など、幅広い視点での意見が出された。

※詳細は近日中にホームページに掲載予定。

****************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
*****************************************************************

※開催案内は6月12日(金)17:00現在のものです。

■第290回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成21年6月18日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成21年6月16日(火)18:00頃にホームページ
に掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【化学・汚染】【遺伝子】【動薬】【新開発】
【添加物】【企画】

【化学・汚染】
○第7回化学物質・汚染物質専門調査会鉛ワーキンググループ
日時:平成21年6月17日(水)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)鉛の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/wg_kagaku_osen_namari_annai7.html

【遺伝子】
○第71回遺伝子組換え食品等専門調査会(非公開)
日時:平成21年6月19日(金)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)高オレイン酸含有ダイズDP−305423−1(食品・飼料)
(2)XAS株を利用して生産されたヘミセルラーゼ
(3)除草剤グリホサート耐性ワタGHB614系統(食品・飼料)
(4)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/idensi_annai71.html

【動薬】
○第111回動物用医薬品専門調査会
日時:平成21年6月19日(金)14:00〜15:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)動物用医薬品(オラキンドックス)の食品健康影響評価について
(2)動物用医薬品の安全性評価基準(案)について
(3)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai111.html

【動薬】
○第112回動物用医薬品専門調査会(非公開)
日時:平成21年6月19日(金)15:10〜16:10
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)動物用医薬品(性腺刺激ホルモン放出ホルモン・ジフテリア
トキソイド結合物を有効成分とする豚の注射剤)の食品健康影響評価
について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai112.html

【新開発】【添加物】
○第59回新開発食品・第72回添加物専門調査会
日時:平成21年6月22日(月)13:00〜17:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)高濃度にジアシルグリセロールを含む食品の安全性について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/gd_sinkaihatu59_tenkabutu72_annai.html

【企画】
○第30回企画専門調査会
日時:平成21年6月23日(火)10:00〜12:30
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)平成20年度食品安全委員会運営計画のフォローアップについて
(2)平成20年度食品安全委員会運営状況報告書(案)について
(3)平成21年度自ら評価案件選定の進め方について
(4)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/kikaku_annai30.html

■意見交換会等の開催と参加者の募集 【リスコミ】

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)」【中国ブロック】
日時:平成21年7月8日(水)〜9日(木)
8日(水) 13:00〜16:30
9日(木)  9:30〜16:30
場所:岡山県立図書館 サークル活動室
(岡山市北区丸の内2−6−30)
主催:食品安全委員会、岡山県
※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_inter_okayama_annai_2107.html


○「アフタヌーンカフェ〜「安全な食べもの」って何だろう〜」【岡山】
気軽に話せるふんいきの、小規模の意見交換会を開催します。
食品の安全性に関して、少しだけ科学的な内容について語ってみませんか。
日時:7月9日(木)14:00〜15:30
場所:岡山県立図書館 サークル活動室
(岡山市北区丸の内2−6−30)
主催:食品安全委員会、岡山県
〔食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座の受講生が活躍
します!〕

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/okayama_risk_annai_210709.html

○「食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(ファシリテーター型)」【佐賀】
日時:平成21年7月15日(水)9:30〜17:00
場所:佐賀県庁 4階 正庁
(佐賀市城内1丁目1−59)
主催:食品安全委員会、佐賀県

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/koukan/riskouza_facili_saga_annai_210715.html

■評価案等に対するご意見・情報の募集 【添加物】【農薬】
○「亜塩素酸ナトリウム」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_tenkabutu_sodiumch_210611.html

○「3−メチル−2−ブタノール」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc2_tenkabutu_3methylbu_210611.html

○「メトラクロール」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc3_nouyaku_metla_210611.html

上記募集期間:
平成21年6月11日(木)から平成21年7月10日(金)17:00まで

■新着情報

○内閣府食品安全委員会専門委員の募集について

※募集等詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/koubo_iin_annai.html

○食品安全確保総合調査における一般競争入札の公告について
・調査課題名:食品の安全性に係るリスクコミュニケーションの効果に
関する調査
・公 告 日:平成21年6月8日(月)
・開札予定日:平成21年7月15日(水)

※食品安全確保総合調査の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/anzenchousa21keikaku.html

※一般競争の公告については、内閣府ホームページの「調達情報」
から「WTO対象外、入札公告」をご覧ください。
http://www.e-procurement-cao.jp/choutatsujouhou.html

****************************************************************
厂厂厂厂 3.その他
厂厂厂
****************************************************************

■食品安全委員会委員の同意人事について

○現在の食品安全委員会委員は本年6月30日で任期満了となり
ますが、委員の任命には衆議院及び参議院の同意が必要である
ため、小泉直子委員、長尾拓委員、廣瀬雅雄委員、野村一正委員
及び畑江敬子委員を再任するとともに、見上彪委員の後任として
吉川泰弘氏(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)を、
本間清一委員の後任として村田容常氏(お茶の水女子大学大学院
人間文化創成科学研究科教授)を新たに任命する人事案を政府
として提示しました。
国会における審議の結果、小泉委員、長尾委員、廣瀬委員、
野村委員、畑江委員及び村田氏については両議院の同意を得られた
ものの、吉川氏については参議院の同意を得られませんでした
(食品安全基本法の規定に基づき、後任者が任命されるまで見上
委員には引き続き委員としての職務を行っていただくこととなり
ます。)。この件について、6月11日(木)に開催された食品安全
委員会第289回会合において、見上委員長から以下の発言が
ありましたので御紹介します。

「今回の食品安全委員会委員の同意人事におきまして、政府が提案
した吉川氏の人事案が、先週、参議院で否決されました。私が報道
から理解するところでは、食品安全委員会が行った米国産牛肉の
BSEに係る食品健康影響評価が米国産牛肉の輸入再開に事実上の
お墨付きを与えることになったものであり、吉川氏がその評価結果
をプリオン専門調査会座長として取りまとめたことを反対理由とし
て挙げているように思われます。私は、これを突き詰めれば、食品
安全委員会が当該評価を科学的知見に基づき中立公正に行わなかっ
たと言っているのと同じなのではないかと思います。今回の人事案
がこのような理由で否決されたのであるとすれば、食品健康影響評
価を科学的に中立公正に実施することを使命とする食品安全委員会
自体が否定されたことを意味し、断腸の思いです。
私は、食品安全委員会委員長として、米国産牛肉のBSEに係る
食品健康影響評価がこのように理解され、また、国民に誤解を与え
るような情報発信が行われている事を憂慮するとともに、非常に残
念に思います。私は、食品安全委員会委員長として誇りを持って断
言いたしますが、プリオン専門調査会も食品安全委員会も、米国産
牛肉のBSEに係る食品健康影響評価を科学的知見に基づき中立公
正に行うことに誠心誠意努め、また、その姿勢を貫き通すことがで
きたと考えています。その事は膨大な議事録と詳細な評価書をお読
み頂ければ、明らかであると思います。これだけは、国民の皆様に
ご理解いただきたいと思い委員長として一言申し上げさせていただ
きました。」

■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しませんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇
(編集後記)
えー、前号と今号の冒頭にてもご案内申し上げておりますが、
この度、食品安全委員会及び事務局は、事務所を移転し、
今月1日から新たなる地にて業務を行っております。
案内図等はコチラをご覧下さい。↓
http://www.fsc.go.jp/sonota/iten_map.pdf

で、ご覧になりました?案内図。某職員「渾身」の作であります。
しかしながら、当該案内図には、表現しきれない部分がひとつ
ございます。何せ略式地図でございます故、二次元での表現と
なっており、また、「等高線」(おぉ!かなり久しく口にして
いない単語だ)などというものは記載しておりません。ココが
ポイントでございます。
実に我々、毎日朝から「プチ登山」で汗ダク状況なのであります。
当事務室が入居しておりますこのビルは、小高い丘の上に鎮座
しておりまして、「オールデイ二日酔い」の私めを嘲笑するかの
様に、長い坂道が続くのであります。ただでさえヨタヨタ状態で
ありますのに、ひと月半先のギンラギラ太陽さんを想像するに
ク〜ラクラして参ります。あまつさえ、事務室は22階。点検や
停電などで「エレベーターは使えません」なんてことになった日
にやぁ、「本格登山」と化してしまうのでありましょうかぁ (T T)
・・・・・・考えるのやめよぉっと。  (八街)
◆◇◆============================================================◇

∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
食品安全委員会e−マガジン第149号は平成21年6月19日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−6234−1177
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20
赤坂パークビル22階
http://www.fsc.go.jp/



〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)