FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第141号


食品安全委員会e−マガジン 第141号


━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

 食品安全委員会e−マガジン 第141号 平成21年4月17日
 内閣府食品安全委員会事務局 発行   (毎週金曜日発行)

━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞━∞

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*[ 目 次 ]*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

1.食品安全委員会などの会合結果
◆第282回食品安全委員会会合

◆専門調査会 【化学・汚染】【農薬】

2.お知らせ
◆第283回食品安全委員会会合開催案内

◆専門調査会開催案内 【添加物】【農薬】【プリオン】【リスコミ】
【微生物・ウイルス】

◆評価案等に対する御意見・情報の募集 【農薬】

◆新着情報

3.委員随想
「最近の講演で指摘され感じたこと」 
食品安全委員会委員長代理 小泉 直子

4.その他

★*〜*☆*〜*☆*〜*☆*[ 目次おわり ]*☆*〜*☆*〜*☆*〜*☆*〜*★

*****************************************************************
厂厂厂厂 1.食品安全委員会などの会合結果
厂厂厂
*****************************************************************

■第282回食品安全委員会会合

日時:平成21年4月16日(木)14:00〜14:15
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:9名

議事概要:

(1)農薬専門調査会における審議状況について
1)「アジンホスメチル」に関する意見・情報の募集について
・評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが了承
された。
*殺虫剤で、日本国内での農薬登録はありません。ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準(いわゆる暫定基準)が設定されています。

(2)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取について
1)シフルフェナミド
・シフルフェナミドの一日摂取許容量(ADI)を0.041mg/
kg体重/日と設定する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関
(厚生労働省)へ通知することとなった。
*殺菌剤で、麦類、いちご、メロン等に使用します。ポジティブリスト
制度導入に伴う残留基準が設定されています。

2)プロスルホカルブ
・プロスルホカルブのADIを0.019mg/kg体重/日と設定
する。」との審議結果が了承され、リスク管理機関(厚生労働省)へ
通知することとなった。
*除草剤で、大麦及び小麦への新規農薬登録申請がされています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai282/index.html

■専門調査会会合 【化学・汚染】【農薬】

【化学・汚染】
○第4回化学物質・汚染物質専門調査会清涼飲料水部会
日時:平成21年4月13日(月)14:00〜15:40
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:
(1)清涼飲料水中の化学物質(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、
ジブロモクロロメタン、ブロモホルム、総トリハロメタン)の規格基準
改正に係る食品健康影響評価について
1)クロロホルム
・評価書(案)を幹事会へ報告することとなった。
*原水中の一部の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成されます。
揮発性の高い、芳香のある液体で、麻酔剤や消毒剤などの医薬品、油脂
やゴムの有機溶剤、消火剤などに利用されます。

2)ブロモジクロロメタン
・評価書(案)を幹事会へ報告することとなった。
*原水中の一部の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成されます。
揮発性の高い液体で、洗浄剤や塗料などを合成するための溶媒として
利用されます。

3)ジブロモクロロメタン
・ヒトへの発がん性の可能性は否定できないとし、評価書(案)を修正
の上、幹事会へ報告することとなった。
*原水中の一部の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成されます。
揮発性の高い液体で、冷媒や農薬などの製造過程での合成中間体
として生成します。

4)ブロモホルム
・ヒトへの発がん性の可能性は否定できないとし、評価書(案)を修正
の上、幹事会へ報告することとなった。
*原水中の一部の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成されます。
比重の大きい液体で、地質分析や鉱物の選別に利用されます。鎮静剤や
睡眠薬の成分にもなります。

5)総トリハロメタン
・評価書(案)を一部修正の上、幹事会へ報告することとなった。
*クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、
ブロモホルムの総称です。それぞれの生成量は、水中の温度、pH、
塩化物イオンや臭化物イオンの濃度に依存します。

6)ベンチマークドース(BMD)アプローチを用いた評価について
・清涼飲料水の評価に係るBMDアプローチを用いた評価の取り扱い
(案)について、一部修正の上、幹事会へ報告することとなった。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/kagaku_osen/k_o_seiryou-dai4/index.html

【農薬】
○第22回農薬専門調査会確認評価第二部会(非公開)
日時:平成21年4月14日(火)14:00〜17:05
場所:食品安全委員会 中会議室

議事概要:
(1)シヘキサチン
・継続審議となった。
*殺虫剤で、日本国内での農薬登録はありません。かんきつ類等への
インポートトレランス(国内で使用される農薬等に係る残留基準)申請
がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留基準が設定され
ています。

(2)プロパルギット
・審議に入れず、次回以降に持ち越しとなった。
*殺虫剤で、おうとう、りんご等に使用し、みかん、もも、茶等への
適用拡大申請がされています。ポジティブリスト制度導入に伴う残留
基準が設定されています。

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/senmon/nouyaku/kakunin2_dai22/index.html

****************************************************************
厂厂厂厂 2.お知らせ
厂厂厂
*****************************************************************

※開催案内は4月17日(金)17:00現在のものです。

■第283回食品安全委員会会合開催案内
日時:平成21年4月23日(木)14:00〜
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成21年4月21日(火)18:00頃にホームページに
掲載予定。

今後の食品安全委員会等開催予定はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

■専門調査会開催案内 【添加物】【農薬】【プリオン】【リスコミ】
【微生物・ウイルス】

【添加物】
○第70回添加物専門調査会
日時:平成21年4月20日(月)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)添加物の安全性評価指針の作成について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/tenkabutu_annai70.html

【農薬】
○第50回農薬専門調査会幹事会
日時:平成21年4月22日(水)14:00〜17:00
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(アルジカルブ、アルドキシカルブ、ピリミノバックメチル、
ベンダイオカルブ及びメトラクロール)の食品健康影響評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_50.html

【プリオン】
○第58回プリオン専門調査会
日時:平成21年4月24日(金)14:00〜16:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)食品安全委員会が自ら行う食品健康影響評価
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/prion_annai58.html

【リスコミ】
○第44回リスクコミュニケーション専門調査会
日時:平成21年4月27日(月)10:00〜12:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)三府省におけるリスクコミュニケーションに関する取組について
1)平成20年度の取組について
2)平成21年度の運営計画について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/risk_annai44.html

【微生物・ウイルス】
○第6回微生物・ウイルス専門調査会
日時:平成21年4月27日(月)14:00〜16:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)鶏肉中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリの食品健康影響
評価について
(2)その他

※詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.fsc.go.jp/osirase/biseibutu-virus_annai6.html

■評価案等に対する御意見・情報の募集【農薬】

○「アジンホスメチル」に関する意見・情報の募集について
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_nouyaku_azinp_210416.html

上記募集期間:
平成21年4月16日(木)から平成21年5月15日(金)17:00まで

■新着情報

○食品安全モニターからの報告(平成21年2月分)について
http://www.fsc.go.jp/monitor/2102moni-saisyuhoukoku.pdf

○食品安全委員会に来ませんか?〜訪問学習受け入れのお知らせ〜
http://www.fsc.go.jp/sonota/houmongakushu_annai.pdf

○教員免許状更新講習への食品安全委員会委員講師派遣のご案内
http://www.fsc.go.jp/sonota/kyouin_menkyo_koushu.pdf

○大学等対象(学生向け)食品の安全性についての出張講座のご案内
http://www.fsc.go.jp/sonota/daigakuto_kougi.pdf

****************************************************************
厂厂厂厂 3.委員随想
厂厂厂「最近の講演で指摘され感じたこと」
厂厂  食品安全委員会委員長代理 小泉 直子

****************************************************************

【平成21年4月17日(金)配信の第141号に掲載した
「委員随想」につきましては、私の真意がうまく伝わらない
ところがありましたので、より御理解いただけるように修正
したものをお届けいたします。 小泉 直子】

先日あるところで講演をした。事業者の方達の出席が多い会で
あったが、そこで講演内容の一部に対してある指摘を受けた。
それは、私が「食品は蛋白、炭水化物、脂肪など人体に必要な
ものと汚染物質、農薬、添加物などのように不必要なものがある」
と説明したことに対してだった。ある出席者から「農薬や添加物
は必ずしも不必要なものと言い切れないのでは?」との指摘が
あった。確かに人体の機能面からだけ言えば、農薬や添加物は
無くても健康や生命の維持には問題ないかもしれないが、食品を
その生産や加工・流通全体からみた場合、色や香、食感などで
嗜好性を高めること、安全性が担保されるなら、農薬を用いて
効率よく食料を生産すること、長期の保存を可能にすることに
より食中毒を予防するなど、使用するメリットは必ずある。食品
安全委員会の委員として、人の健康に悪影響を与えることがない
かということのみに視点を置いてきたため、これらの有用性に
ついて説明することをうっかり忘れていた。改めて、有用性の面
も視野に入れた説明が必要であったと感じた。
現在の世の中、健康と不健康、リスクの有無など、両極端に走り
がちだが、そろそろ食の安全もリスク&ベネフィットやリスク&
コストの面も重視し、バランスのとれたリスクとの付き合い方を
考えねばならない時なのではないか。

****************************************************************
厂厂厂厂 4.その他
厂厂厂
****************************************************************
■食品の安全に関する情報の検索システムの紹介

食品安全委員会が作成している「食品安全総合情報システム」は、
食品安全委員会、専門調査会などの配布資料・議事録、専門用語
解説、Q&A、海外情報などの総合データベースです。
初めての方にもわかりやすいものから専門的なものまで、知りたい
情報を簡単検索。食品安全委員会が蓄積してきた膨大なデータ・
情報を、いつでも、好きなときにご活用いただけます。(登録不要)

※食品安全総合情報システムへはこちらからアクセスして下さい。
http://www.ifsis.fsc.go.jp/fsilv1/do/FSILogon

■農林水産省からのお知らせ

食品安全エクスプレス(農林水産省メールマガジン)を登録しませんか?
農林水産省、食品安全委員会、厚生労働省の食品の安全に関する
情報、意見交換会やセミナーに関する情報などを毎日(月〜金)
メールでお届けします(無料)。
農林水産省ホームページのメールマガジンのサイトから登録して
下さい。

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

■食品安全委員会e-マガジンバックナンバーのお知らせ

以下のアドレスから、バックナンバーをご覧いただけます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/e-mailmagazine/back_number.html

◆◇◆============================================================◇

(編集後記)
なんだか暖かい。・・・と、いうより暑い!チョイと動いただけで
も汗が出る。街中には、半袖で闊歩されている御仁もお見受けする。
何だか、ひと月くらい季節が前倒しになっているような感じだな。
んーーー、困るのだ。とってもとっても困るのだ。と、いうのも、
私、光アレルギー持ちなのでございます。十数年前のとある夏の日、
突然、体中発疹に見舞われ病院に駆け込んだのだ。それ以来、日光
に晒された部分から、発疹するようになってしまったのである。
なので、とっても困るのである。想定外なのだな、4月からこんな
に気温が高くなることが。例年、5月の連休くらいから徐々に日差
しが強くなり気温が高くなってくるので、その頃から、シャツの袖
を一折捲くって我慢、暫くして二折捲くり我慢、また暫くして三折
で我慢、やがて盛夏に半袖へという具合に徐々に移行していく短期
的減感作療法とでもいうような過程を踏みつつ、自己高気温対策を
推進するのである。己の中での「化かし合い」状態なのだ。だから
困るんだよなぁ、こんなに早い時季から急に暑くなっちゃうのは。
痒いんだよなぁ、とっても・・・(;-_-) =3     (八街)

◆◇◆============================================================◇

∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽
 食品安全委員会e−マガジン第142号は平成21年4月24日(金)
配信予定です。
∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽〜〜∽∽

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
 受け付けておりません。

<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
●「食の安全ダイヤル」
・受付電話番号:03−5251−9220・9221
・受付時間:月曜日から金曜日(閉庁日を除く)の10:00〜17:00

・メールでの受付: https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0001.html
メールマガジンに関するご質問も上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。
================================================================
〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒100−8989 東京都千代田区永田町2−13−10
プルデンシャルタワー6階
http://www.fsc.go.jp/


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)