FSC Views

食品安全委員会e−マガジン 第7号


食品安全委員会e−マガジン 第7号

■■■■■□□■■■■■□□■■■■■□□■■■■■□□■■■■
内閣府食品安全委員会事務局 発行 (毎週金曜日発行)
食品安全委員会e−マガジン 第7号   平成18年7月14日
■□□■■■■■□□■■■■■□□■■■■■□□■■■■■□□■

〓〓〓 目 次 〓〓〓

1.食品安全委員会などの会合結果
◆ 食品安全委員会の会合結果
◆ 専門調査会の会合結果
  ・第3回汚染物質・化学物質専門調査会合同ワーキンググループ
◆ 意見交換会等の概要
  ・「食品に関するリスクコミュニケーション(健康食品について知ろう)」

2.食品安全委員会からのお知らせ
◆ 食品安全委員会開催案内
◆ 専門調査会開催案内
  ・第1回農薬専門調査会幹事会
  ・第2回農薬専門調査会総合評価第一部会(非公開)
◆ 意見・情報の募集
  ・酢酸α-トコフェロール(d体及びdl体に限る。)に係る食品健康影響評価
  に関する審議結果(案)についての意見・情報の募集について
◆ パンフレット・リーフレットの紹介
  ・パンフレット「食品安全委員会2006」(英語版)
  ・パンフレット「食品安全委員会2006」
  ・リーフレット「科学の目で守る食品の安全」
  ・子供向けリーフレット「科学の目で食品の安全を守ろう」
◆ ホームページコンテンツの紹介
  ・「食品安全リスク分析 第一部 概観及び枠組みマニュアル(暫定版)」

3.食品安全委員会委員紹介
食品安全委員会委員  小泉直子

*****************************************************************
1.食品安全委員会などの会合結果
*****************************************************************

■□■ 食品安全委員会の会合結果 ■□■

■第152回食品安全委員会■
日時:平成18年7月13日(木) 14:00〜14:45
場所:食品安全委員会 大会議室
傍聴者数:25名

議事概要:

(1)食品安全基本法第24条に基づく委員会の意見の聴取に関するリスク管理
機関からの説明について 

●遺伝子組換え食品等 除草剤グルホシネート耐性ワタLLCotton25系統及び
チョウ目害虫抵抗性ワタ15985系統を掛け合わせた品種

・厚生労働省から説明。
・遺伝子組換え食品等専門調査会において審議することとなった。 

(2)添加物専門調査会における審議状況について

●酢酸α-トコフェロール(d体及びdl体に限る)に関する意見・情報の募集について

・事務局から説明。
・とりまとめられた評価書(案)について、意見・情報の募集手続に入ることが
了承された。

(3)平成17年食中毒発生状況の概要について

・厚生労働省から説明。
・委員から、1)欧米との比較について、2)リステリア菌食中毒の我が国の実態
把握のための検査体制、サルモネラ菌の死亡事例の増加、自然毒による
健康被害について質問。
・厚生労働省から、1)単純な比較は困難であること、2)サルモネラ菌による
症例紹介、リステリア菌食中毒の実態把握と自然毒の危険性の周知に更に
努める旨の回答。
・委員会として、引き続き情報収集に努め、事態の推移に応じ、厚生労働省
等と連携しながら適切に対応していくこととした。

(4)その他

事務局から、農林水産省よりポジティブリスト制度導入に伴う飼料中の農薬
の残留基準の設定に関し、食品安全基本法第24条第2項に基づく報告が
なされた旨の説明。

※配付資料等はこちらからごらんください。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/i-dai152/index.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆◇◆専門調査会の会合結果◆◇◆

◆第3回汚染物質・化学物質専門調査会合同ワーキンググループ◆
日時:平成18年7月12日(水) 10:00〜12:10
場所:食品安全委員会 大会議室

議事概要:

●清涼飲料水に係る化学物質の食品健康影響評価について

・清涼飲料水に含まれる物質の評価に係る優先順位について、一部修正の
上、了承された。
・清涼飲料水に係る化学物質として塩素(残留塩素)、四塩化炭素、1,4-ジオ
キサン、1,1-ジクロロエチレンの4物質について、評価書案の審議が行われ、
1,1-ジクロロエチレンを除く3物質の評価書案については、汚染物質専門調査会
及び化学物質専門調査会へ報告することとされ、1,1-ジクロロエチレンについて
は、継続審議とされた。

※配付資料等はこちらからごらんください。
http://www.fsc.go.jp/senmon/wg_osen_kagaku/wg_o_kagaku_dai3/index.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▼△▼意見交換会等の概要▼△▼

▼「食品に関するリスクコミュニケーション(健康食品について知ろう)」▼
日時:平成18年7月10日(月) 13:30〜16:30
場所:徳島プリンスホテル(徳島県徳島市万代町3−5−1)
参加者数:212名
主催:食品安全委員会、厚生労働省・中国四国厚生局及び徳島県

議事次第:
・基調講演「『健康食品の賢い使い方』について」
   梅垣敬三  独立行政法人国立健康・栄養研究所情報センター
           健康食品情報プロジェクトリーダー
・パネルディスカッション及び会場参加者との意見交換
 コーディネーター:
  関澤 純    食品安全委員会リスクコミュニケーション専門調査会
           座長(徳島大学教授)
 パネリスト:
  加渡いづみ  消費生活アドバイザー(とくしま食の安全・安心県民会議委員)
  中田和江  徳島文理大学大学院家政学研究科博士後期過程(羽衣国際大学
          人間生活学部助手)
  近藤康得  (株)大塚製薬工場メディカルフーズ事業部栄養研究室室長
  原田満智子  (社)徳島県栄養士会会長(とくしま食の安全・安心県民会議委員)
  馬原文彦  (社)徳島県医師会常任理事(とくしま食の安全・安心県民会議座長代理)
  梅垣敬三  独立行政法人国立健康・栄養研究所情報センター健康食品情報
          プロジェクトリーダー
  北島智子  厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課新開発食品保健対策室長

議事概要:

・梅垣敬三氏による講演の後、「健康食品について知ろう」というテーマでパネル
ディスカッション及び会場参加者との意見交換を行った。
・パネルディスカッション及び会場参加者との意見交換では、消費者の自己責任と
いう観点から、健康食品の安全性や有効性の科学的根拠について、よりわかりや
すく正確な情報を交換する場が整備されることを望むといった意見や、健康食品の
表示のわかりやすさを求めるといった意見があった。
 また、健康食品やサプリメントは日常の食生活で不足した栄養分だけを補うもの
として利用し、過剰摂取は避けるべきといった意見や、「継続することで効果が現れ
る」と言われるが、体調がおかしいと感じることがあるにも関わらず続けることは逆
効果だという意見があった。
 マスメディアによる極端で断片的な食品の効能・効果を謳うような報道については、
厳しく対処していく必要があるのではないかという意見も寄せられた。

*****************************************************************
2.食品安全委員会からのお知らせ
*****************************************************************

■□■食品安全委員会開催案内■□■

■第153回食品安全委員会■
日時:平成18年7月20日(木) 14:00
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:平成18年7月18日(火)18:00頃にホームページに掲載予定
http://www.fsc.go.jp/iinkai/iinkai_yotei.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆◇◆専門調査会開催案内◆◇◆

◆第1回農薬専門調査会幹事会◆
日時:平成18年7月19日(水) 13:30
場所:食品安全委員会 大会議室
議題:
(1)ジェネリック農薬の評価方法について
(2)共通代謝物を持つ農薬の評価方法について
(3)今後の暴露評価方法について
(4)各部会において審議する農薬の指定について
(5)その他
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_kanjikai_1.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆第2回農薬専門調査会総合評価第一部会(非公開)◆
日時:平成18年7月19日(水) 14:30
場所:食品安全委員会 中会議室
議題:
(1)農薬(ピリプロキシフェン、ペノキススラム)の食品健康影響評価について
(2)その他
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_dai1_2.html

※開催案内は7月14日17:00現在のものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●○● 意見・情報の募集 ●○●

●酢酸α-トコフェロール(d体及びdl体に限る。)に係る食品健康影響評価
に関する審議結果(案)についての意見・情報の募集について●

募集期間:平成18年7月13日(木)〜平成18年8月11日(金)17:00まで
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc_acetatetocopherol180713.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▼▽▼パンフレット・リーフレットの紹介▼▽▼

▼パンフレット「食品安全委員会2006」(英語版)▼

食品安全委員会英語版パンフレット「Food Safety Commission 2006」
がリニューアルされました。下記アドレスからダウンロードできます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/pamphlet-en.html

その他の食品安全委員会のパンフレット・リーフレットについては、以下のアドレスから
ダウンロードできます。

▼パンフレット「食品安全委員会2006」▼
http://www.fsc.go.jp/sonota/pamphlet-jap.html

▼リーフレット「科学の目で守る食品の安全」▼
http://www.fsc.go.jp/sonota/leaflet.html

▼子供向けリーフレット「科学の目で食品の安全を守ろう」▼
http://www.fsc.go.jp/sonota/kids-leaflet.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▲△▲ホームページコンテンツの紹介▲△▲

▲「食品安全リスク分析 第一部 概観及び枠組みマニュアル(暫定版)」▲

国際連合食糧農業機関(FAO)から許可を得て、‘ Food Safety Risk Analysis
 ‐Part1 An Overview and Framework Manual (Provisional Edition)’ の
仮訳を食品安全委員会事務局で作成し、ホームページに掲載しました。
下記アドレスからダウンロードできます。
http://www.fsc.go.jp/sonota/riskanalysis.html

*****************************************************************
3.食品安全委員会委員紹介
食品安全委員会委員  小泉直子
*****************************************************************

食品安全委員会委員の小泉です。私は30年余り大学で公衆衛生学の研究と
教育を行ってまいりました。

食品安全委員会委員に就任してからの3年間を振り返り、私の研究してきた
公衆衛生学がどのように活かされたかを考える時、正直、少々戸惑いを感じます。
食品安全委員会は食品の安全性を科学的に評価するという点では特に問題は
ないのですが、かなりのウエイトをリスクコミュニケーションに割く必要があり、
その手法がなかなか掴みにくいということでした。

戸惑いというのは、かなり均質と思われる医学生ですら、なかなか専門の領域を
理解してもらうことが困難であったのを思い返す時、背景の異なる方達と食の安全
性評価という科学について双方向に理解しあい、消費者の信頼を得るということ
は至難の業であると痛感しています。

さらに、現在の風潮を見ますと、満たされた食生活の中で、安心が過大に
捉えられているように感じられます。安全性はリスクの確率の問題ですが、安心も
リスクの確率が小さいほど不安も小さいという安心感覚が育ち、「安全<<<安心」
から「安全=安心」に変わっていくことを期待し、また自らも有効なリスクコミュニ
ケーションが行えるよう努力すべきと考えています。

。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. 。.:*・゜゜・*:.。. .。
『編集後記』

12日夜、都心では今年初めて熱帯夜となりました。これから益々
寝苦しい夜が続きますが、冷房器具を上手に活用し、寝不足解消
につとめたいものです。
平年では関東でも来週辺りが梅雨明け宣言の頃。じめじめした梅雨
と早くさよならしたいです。来週は海の日もありますし、もうすぐ暑い
夏到来ですね。・・・今日も真夏日でしたが・・・
食品安全委員会e−マガジン第8号は7月21日(金)配信予定です。
お楽しみに・・・

〜ご利用にあたって〜
当メールマガジンでは一部PDFを利用しております。
PDFファイルをご覧頂くためには、下記アドレスから「Adobe Reader」を
ダウンロードしてください。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html
================================================================
<配信中止・配信先変更はこちら>
https://regist11.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=obp-njsd-3fc1064b497e44431b2fd03ce8281bde

<食の安全に関するご意見・ご要望はこちら>
http://www.iijnet.or.jp/cao/shokuhin/opinion-shokuhin.html
メールマガジンに関するご質問は上記のフォームで受付致しますが、
フォーム中「表題」の箇所に『メールマガジンについて』と記載して
下さい。
なお、送付頂いたすべての内容にお答えできない場合もありますが、
今後の参考とさせて頂きます。

[食品安全委員会e−マガジン]
編集:食品安全委員会e−マガジン編集会議
発行:内閣府食品安全委員会事務局勧告広報課
〒100−8989 東京都千代田区永田町2−13−10
プルデンシャルタワー6階
URL http://www.fsc.go.jp/

※このメールはシステムが自動発行しておりますので、返信メールは
 受け付けておりません。


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)