食の安全、を科学する - 食品安全委員会

文字サイズ拡大表示 文字の表示サイズを拡大縮小できます。  文字を縮小表示する 文字サイズを元に戻す文字を拡大表示する


ホーム > FSC Views > ノロウイルス食中毒について

FSC Views

ノロウイルス食中毒について


食中毒全般の情報はこちらをクリック


ノロウイルスによる食中毒に注意しましょう!!

(平成23年11月29日更新)

 ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎は特に冬に流行するとされています。
 ノロウイルスは手指や食品などを介して感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。特にこどもや高齢者は健康な成人よりもノロウイルスに感染した場合、重篤化しやすいので注意が必要です。 
 ノロウイルスによる食中毒を防ぐには、「加熱」「手洗い」「消毒」をしっかりと行いましょう。(食中毒予防の6つのポイント)

 




ノロウイルスについて

Q&A等

ノロウイルスに関するQ&A【PDF】(厚生労働省HP)    
ノロウイルス感染症とその対応・予防(国立感染症研究所HP)

   
関係機関リンク

厚生労働省
 ・
国立感染症研究所
 

 


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Copyright © 2006 - 2014 Food Safety Commission. All Right Reserved.