ホーム > 意見交換等 > 平成26年度食品安全モニターの募集について(お知らせ)

食品安全モニター募集

平成26年度食品安全モニターの募集について(お知らせ)


平成25年12月17日
内閣府食品安全委員会事務局

平成26年度食品安全モニターの募集について(お知らせ)

 本日から別紙チラシ[PDF]及び別添「平成26年度食品安全モニター募集要項」のとおり、食品安全モニターの募集を行います。



内閣府食品安全委員会事務局
情報・勧告広報課 星田、橋本
電話:03-6234-1143

【応募に関する問い合わせ】
電話:03-6234-1150・1154
       (平日10:00~17:00)



(別添)

平成26年度 食品安全モニター募集要項



食品安全モニター(以下「モニター」という。)は、広く食品の安全に関して意見を頂くと
ともに、食品安全に関する知識を普及するために、食品安全委員会が依頼するものです。


第1
 食品安全モニターの活動

 食品安全モニター会議への出席、アンケート調査への協力、食品の安全に関する提
案、日常生活を通じた地域での食品の安全に関する情報の普及等
(詳細は参考1をご覧ください。)
・食品安全モニターになっていただいた方には、食品安全委員会の広報誌や各種資料などをお送りいたします。
・また、都道府県などから提供されるイベントなどの情報を、メールにてお送りします。


第2
 応 募

(1)
 応募資格
 以下のアからオまでの全てに該当する方


 日本国内に居住されている満20歳(平成26年4月1日現在)以上の方
 食品安全モニター会議に原則として出席可能な方
 インターネットで食品安全委員会のWEB ページから、ワード、エクセルファイルをダウンロードして入力し、これらのファイルを電子メールで送信できる方。(スマートフォン、携帯は不可。)
[ファイル利用確認テスト]
応募前に、ご使用のパソコンでこのファイルを開き、入力が可能か確認してください。ファイルが開けない、表示が崩れたり文字が読めない、入力できない場合は、ご応募いただくことができません。
▶ Excel 入力確認テスト用ファイル[xls:33KB]
 食品安全委員会が行うリスク評価を理解するための知識を有していること。具体的には、次の条件のいずれかを満たしている方
① 大学等で食品に関連する学問(医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学、家政学、食品工学等)を専攻し修了した方、又は履修中の方
② 食品に関連する資格(栄養士、管理栄養士、調理師、専門調理師、製菓衛生師又は食品衛生管理者その他の事務局長が適当と認めるもの)を保有の方
③ 食品安全に関する業務に従事している方(従事していた方を含む)、又は過去に常勤公務員として食品の安全に関する行政に従事していた方
 平成26年4月1日時点で、国会議員や地方公共団体の議会の議員、常勤の国家・地方公務員ではない方


(2)
 募集人数及び任期
募集人数:
60名程度(見込)
任期:
原則1年
活動状況等に応じて、延長が認められます。(延長は1年毎、最長5年。)



(3)
 応募方法


 食品安全委員会ホームページ(http://www.fsc.go.jp/)の食品安全モニター応募フ ォームから応募してください。


 応募フォームには、氏名、住所等のほか、以下について記入いただきます。
(ア) 応募の理由(100 字程度)
(イ) 食品の安全に関する現状・課題と提案
 ① 関心のあるテーマ(30 字以内)
 ②についての現状と課題(それぞれ300 字以内)
 ③を改善するための提案(300 字以内)


(4)
 応募締切
 平成26年2月3日(月)17:00

(5)
 選考
 応募フォームに記載された「応募理由」「食品安全に関する現状・課題と提案」を審査し、モニターの活動を理解し、積極的な活動や意見の提案が期待される方の中から、 性別、年代、居住地域を考慮して選考します。
(6)
 結果の通知
 モニターになっていただく方には、平成26年3月下旬までに郵送で通知する予定です。採用されなかった方には連絡をしませんので、あらかじめご了承ください。
(7)
 その他
 応募に際して頂いた個人情報は、モニターの選考・依頼事務のみに使用し、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第58号)の規定に従って厳正に取り扱います。


第3
 食品安全モニターの手続

(1)
書類の提出
選考結果の通知後、所定の期限までに応募資格を証明できる書類(修了証明書、資 格の免状の写し等)を事務局に提出していただきます。
内容を確認後、依頼通知を郵送します(任期は依頼を承諾した日から平成27年3月31日までとなります。)。

(2)
謝金及び必要な費用
食品安全モニター会議への出席とアンケート調査への協力に対しては、当委員会の 規程に基づいて謝金、旅費をお支払いします。

【お問い合わせ先】 内閣府食品安全委員会事務局「食品安全モニター」担当
電話(03)6234-1143・1150・1154 (平日10:00~17:00)
 食品安全モニターの活動内容

(1)
 食品安全モニター会議への出席
モニターに期待される役割、食品安全委員会の取組やリスク評価等について知識や 理解を深めていただくとともに、他のモニターとの意見交換などを行います。
(2)
 アンケート調査への協力
食品の安全性に関する意識等について、1 年に2 回程度、アンケート調査にインターネットを利用して回答していただきます。
(3)
 食品の安全に関する提案
以下を中心に、随時、具体的な提案等をしていただきます。
・食品安全委員会が行った食品健康影響評価(以下「リスク評価」という。)に基づいて、リスク管理機関(厚生労働省、農林水産省等)が講じた措置の実施状況
・食品安全委員会にリスク評価を求める事項
(4)
 食品の安全に関する情報の地域の方々への提供
日常生活を通じ可能な範囲で、食品の安全に関する情報を普及していただきます。
(5)
 食品の安全に関する危害情報を入手した場合の報告
このような情報を入手した場合、速やかに事務局に情報を提供していただきます。

(平成26年度の食品安全モニター会議開催予定)
・東京(5/28(水)、29(木)、30(金)、それぞれ13:00~16:30)
・名古屋(6/11(水) 13:00~16:30)
・大阪(6/12(木) 13:00~16:30 、6/13(金) 8:30~12:00)
・岡山(6/19(木) 13:00~16:30)
・福岡(6/20 (金) 13:00~16:30)
・仙台(6/27(金) 13:00~16:30)
※ 事務局が指定する会議(原則として、自宅から最も近い会議)に出席いただきます。
(参考2)
 遵守事項等
〈詳細は、後日モニターに依頼する方に送付する手引きをご覧ください。〉

(1)
 遵守事項
①モニターは、公正中立な立場で活動を行う必要がありますので、営利企業等からいかなる利益及び便宜の供与も受けることはできません。
②モニターには、法令に基づく調査権限や検査権限は一切与えられていません。したがって、庁舎内、販売店内等での写真撮影、伝票や資料閲覧(行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成11 年法律第42 号)に基づく閲覧は除く。)の要求、常識的な質問の範囲を超えるような事情聴取等、営業妨害や風評被害の発生のおそれのある行動をとることがないよう十分にご留意願います。

また、モニターが遵守事項に反する活動をすること等により食品関連事業者、行政機関等に損害を与える等問題が発生した場合には、モニター個人の責任で対応していただくこととなります。
(2)
 モニターの依頼の取消し等
応募資格に該当しなくなった場合、遵守事項に違反したことが確認された場合など、 任期途中に依頼を取り消すことがあります。
モニターの依頼を取り消された等の場合、謝金を支払わない場合があります。

[食品安全委員会]
食品安全委員会は、食品安全基本法に基づいて、食品の安全性確保のための規制や指導を行うリスク管理機関(厚生労働省や農林水産省等)から独立して、科学的知見に基づく客観的かつ中立公正なリスク評価(食品健康影響評価) を実施することを目的に、平成15年7月1日に内閣府に設置された機関です。詳細は、下記ホームページに掲載しているパンフレット等を御覧ください。
http://www.fsc.go.jp/sonota/pamphlet/2013/pamphlet2013_jap.html


*[リスク評価(食品健康影響評価)]
食品中に含まれる危害要因を摂取することによって、どのくらいの確率で どの程度の健康への悪影響が起きるかを科学的に評価すること。 詳細は食品安全委員会のホームページを御参照下さい。
http://www.fsc.go.jp/iinkai/mission.html
〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)