ホーム > 意見交換等 >食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座(インタープリター型)(四国ブロック)の参加者募集

意見交換等

食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座(インタープリター型)(四国ブロック)の参加者募集



平成22年1月15日
内閣府食品安全委員会事務局

食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座
(インタープリター型)(四国ブロック)の参加者募集


(募集対象:高知県、徳島県、香川県又は愛媛県に在住又は在勤の方が応募対象です。)

 標記の件について、以下のとおり、平成22年1月15日から平成22年2月8日までの間、参加者の募集を行いますので、お知らせします。


【本件連絡先】
内閣府食品安全委員会事務局
勧告広報課 手塚、岡田、馬場
電話:03-6234-1191, 1195, 1146







食品の安全性に関するリスクコミュニケーター育成講座(インタープリター型)
(四国ブロック)の参加者募集


(募集対象:高知県、徳島県、香川県又は愛媛県に在住又は在勤の方が応募対象です。)

○講座の趣旨
 食品安全委員会は、厚生労働省、農林水産省等からのリスク評価の要請等に基づき、食品の安全性を科学的なデータに基づいて評価しています。この「リスク評価」の結果を基に、厚生労働省、農林水産省等が、食品が安全に生産・供給・消費されるための具体的な規制措置や基準値などを定めています。
 また、食品安全委員会は、このような食品の安全性に関する情報を国民の皆様にお伝えし意見を交換する「リスクコミュニケーション」と呼ばれる活動を推進しています。(詳しくは、食品安全委員会ホームページを御覧ください。http://www.fsc.go.jp/koukan/index.html
 しかし、より効果的なリスクコミュニケーション活動を推進するためには、各地域において、食品安全委員会が実施しているリスク評価結果などの科学情報を分かりやすく伝えていただける方の御協力が必要となります。
 そのような役割を担っていただく方のことを、一般的に「インタープリター*」と呼んでおり
、この講座は、食品の安全性に関するインタープリターとして地域の中で活躍したいと思われる方のために開催するものです。
注)インタープリター
 原意は「通訳者」、「解説者」ですが、科学コミュニケーションの分野では、科学の重要性やおもしろさ等を理解し、一般の方に分かりやすく伝え、同時に、科学に対する一般の方の思いや感じ方を専門家にフィードバックする人のことです。
○講座の目的
 この講座の目的は、食品に関わる科学的知識をお持ちの方を対象に、食品安全委員会のリスク評価結果の概要とその関連知識を知っていただくとともに、コミュニケーション・スキルの基礎を身につけていただくことです。
 受講後は、その知識とノウハウを、様々な機会を通じて地域の方々にお伝えいただくとともに、そこで得られた意見などを、是非とも食品安全委員会にフィードバックしていただきたいと思います。
 インタープリターとしての活動を通じて地域の皆様と食品安全委員会との架け橋になっていただける方の御応募をお待ちしております。
○開催日時
平成22年2月
23日(火)13:00〜17:00
24日(水) 9:30〜16:30
○会場
高知市中央卸売市場 管理棟3階 大会議室(高知市弘化台12-12)
地図はこちら
○募集人数
全体約20名のうち、若干名公募(本講座は、自治体からの推薦参加者と若干名の公募参加者から構成されます。)
○参加費
無料
○募集対象者
本講座では、リスク評価結果などの食品関連科学を扱うことを念頭に置いていただいた上で、次のいずれかに該当される方を対象とします。
  [1]
 食品安全委員会が開催した地域の指導者育成講座の受講者
  [2]
 食品安全委員会が開催したリスクコミュニケーター(ファシリテーター型)育成講座の受講者
  [3]
 食品安全モニター
  [4]
 食品安全行政の従事経験者
  [5]
 自治体主催の「食の安全関連講座」受講者
  [6]
 食品及び食関連の事業者・現場従事者(例:食品関連企業関係者、製造者、生産者、販売者、料理学校講師、栄養士免許取得者、食育担当教師など)
  [7]
 ジャーナリスト(新聞記者、雑誌記者を含む)
  [8]
 学校の教師
  [9]
 大学生・大学院生
 [10]
 食関連のNGO/NPOメンバー
○主催
食品安全委員会・高知県・高知市
○プログラム
<1日目>
オリエンテーション(本講座の概要、インタープリターの位置付けなど)

講義 
「食の安全とリスク認知」、「リスク評価結果を理解するためにⅠ」、 「分かりやすく伝えるための場作り−前編−」
 
<2日目>
講義 
「リスク評価結果を理解するためにⅡ」
「分かりやすく伝えるための場作り−後編−」
演習 
(実際に、小規模な意見交換会の設営・開催を行います)
 
○応募方法
 ○電子メールの場合 ⇒ 
 ○ファックスの場合 ⇒ 
 ○郵送の場合 ⇒ を印刷し必要事項を記入後、下記住所までお送り下さい。(切手代は応募者の御負担とさせていただきます。)
〒107-6122 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル22階
内閣府食品安全委員会事務局 勧告広報課「インタープリター型育成講座」係
※応募フォームに御記入いただいた個人情報は、当方から連絡させていただく場合や会場での参加確認に使用させていただくほか、主催者が保有する修了者名簿に登載し、種々の情報提供を行うことの目的以外には使用しません。また、正当な理由のある場合を除き、第三者に対して、個人情報を意図的に提供・開示等することはありません。
○締め切り
平成22年2月8日(月)午後6時 (郵送の場合:当日消印有効)
○受講者の決定および通知
・受講者は、応募者の中から申込書類の記載内容等に基づき、食品安全委員会事務局において選考・決定します。(選考過程で、書類記載内容等を御本人に確認させていただく場合があります。)
・受講決定者には、締め切り後「参加証」をお送りします。
・参加証は、当日会場にお持ちください。
○その他
・参加費は無料ですが、交通費、食事代、宿泊代は自己負担でお願いします。
・講義内容の録音・録画・写真撮影は御遠慮ください。
○問合せ先
内閣府食品安全委員会事務局 勧告広報課
(担当)手塚・岡田・馬場
電話:03−6234−1191・1195・1146


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)