意見交換等 開催案内

プレスリリース

精講「食中毒を起こす微生物の性質と牛肉を安全に調理するポイントを知ろう」開催のお知らせ (令和4年3月3日)

令和4年2月3日
内閣府食品安全委員会事務局

精講 ( オンライン ) の参加者を募集します

「テーマ:食中毒を起こす微生物の性質と牛肉を安全に調理するポイントを知ろう」

− 3月3日(木)15時開催 −

 

◆ 食品安全委員会では過去に「生食用食肉(牛肉)」「豚肉の生食」「鶏肉中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリ」について食品健康影響評価を行い、食中毒の原因となる微生物による食品の汚染率や動態、殺菌・不活化条件などを取りまとめてきました。

◆ 令和2年度に食品安全委員会が行った調査事業では、低温調理により肉の中心温度が上がるまでには相当長い時間がかかることが明らかになりました。巷にあふれているSNSの投稿や肉料理のレシピの中には、加熱時間が不足したり余熱に頼りすぎるなど、微生物の殺菌・不活化条件を満たしていないものが多数あり、食中毒が懸念されます。

◆ そこで、微生物学の専門家である山本茂貴委員長と、調理科学の専門家である香西みどり委員が、これらの評価書や調査報告書などに基づき、「牛肉は表面にしか菌がいないはずなのに、なぜ加熱しなければならないのか」など、主に牛肉の調理の疑問にお答えする「精講」※を開催します。

◆ オンラインにて開催します。事前申込制、参加無料。参加者は事後のアンケートに御協力下さい。

◆ 食品安全委員会は、食品安全に関する理解を深めていただくため、時々のトピックスに応じたセミナーなどを、随時開催することとしています。

※食品安全委員会は、事業者、研究者など食のプロフェッショナルを対象に食の科学について専門家が詳しく解説する講座を    「精講」と名付け、平成28年度から開催しています。

       1.開催日時:令和4年3月3日(木)15時00分から16時30分

2.開催形態:Web会議システム 

3.対象者 :食品関係事業者、研究者、肉の調理科学に関心のある消費者等 

4.参加可能人数:300名(先着順)

5.プログラム内容:

(1)食中毒を起こす微生物の性質と殺菌・不活化条件及び主に牛肉を安全に食べるために調理上必要な対策(45分)

                                              食品安全委員会委員長 山本 茂貴

(2)質疑応答(45分)

              回答者:食品安全委員会委員長  山本 茂貴

                     食品安全委員会委員  香西 みどり

                        ファシリテーター:食品安全委員会委員    松永 和紀

              司会:食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション官 藤田 佳代

6.参加申込み要領

(1)本セミナーはWeb会議システム「webex」により行います。下記の申込フォームに必要事項をご記入の上、
   お申し込みください。また、応募者多数の場合、1組織あたりの人数を限らせていただく場合があります。

(2)質疑応答は、事前に質問を受け付けて回答する予定です。質問は参考資料をご覧になった上で、お寄せ下さい。
   取り上げる質問は今回のテーマに限定させて頂きます。また、時間に限りがありますので、全ての質問にお答えできない
   場合があります。

(3)参加者には、オンラインのURLを前日16時までに送付いたします。

(4)その他

・インターネット通信料は、参加者のご負担となります。

・パソコン、タブレット、スマートフォンなどでの参加が可能ですが、安定した通信環境を推奨します。ご所属機関の
 セキュリティや通信環境により、動作に支障が出る場合がありますので、あらかじめご了承ください。

・お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、ご本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。 

      7.参加申込み

  参加申込フォーム(https://form.cao.go.jp/shokuhin2/opinion-0076.html別ウインドウで外部サイトが開きます)から、
  令和4年2月14日(月)14時までに登録をお願い致します。

 

(参考資料)

【健康影響評価書】

生食用食肉(牛肉)における腸管出血性大腸菌及びサルモネラ属菌

http://www.fsc.go.jp/fsciis/evaluationDocument/show/kya20110711108

 

豚の食肉の生食に係る食品健康影響評価について

http://www.fsc.go.jp/fsciis/evaluationDocument/show/kya20140910231

 

鶏肉中のカンピロバクター・ジェジュニ/コリ

http://www.fsc.go.jp/fsciis/evaluationDocument/show/kya20041216001

 

【食品健康影響評価のためのリスクプロファイル】

牛肉を主とする食肉中の腸管出血性大腸菌

http://www.fsc.go.jp/sonota/risk_profile/risk_ushi_o157.pdf[PDF形式:282KB]PDFファイルを別ウインドウで開きます

 

ブタ肉におけるE型肝炎ウイルス

http://www.fsc.go.jp/sonota/risk_profile/hevirus.pdf[PDF形式:588KB]PDFファイルを別ウインドウで開きます

 

鶏肉等におけるCampylobacter jejuni/coli

http://www.fsc.go.jp/risk_profile/index.data/210622CampylobacterRiskprofile.pdf[PDF形式:2,241KB]PDFファイルを別ウインドウで開きます

【本件連絡先】
内閣府食品安全委員会事務局
情報・勧告広報課 藤田、本松
電話:03-6234-1139、1191

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)