意見交換等 開催案内

食品安全委員会 国際専門家招へいプログラム「農薬の急性参照用量(ARfD)の設定に関する国際シンポジウム」の参加者募集のお知らせ

公開

平成27年9月8日
内閣府食品安全委員会事務局

食品安全委員会 国際専門家招へいプログラム

「農薬の急性参照用量(ARfD)の設定に関する国際シンポジウム 」の参加者募集のお知らせ

 9月3日にお知らせしましたとおり、食品安全委員会は、下記の要領で、「農薬の急性参照用量(ARfD)設定に関する国際シンポジウム」を開催します。本日17時より、参加者の募集を開始しますので、お知らせいたします。

 食品安全委員会が行う農薬のリスク評価(食品健康影響評価)においては、一日摂取許容量(ADI)に加え、昨年6月より、ヒトの24時間又はそれより短期間の経口摂取で健康に悪影響を及ぼさないと推定される摂取量(急性参照用量:ARfD)の検討を行っています。農薬の毒性試験は、主にADIを設定することを意図して行われていることから、ARfDの検討に当たり、単回投与などにより認められる毒性影響を把握するには、知見や経験が必要です。
 そこで、農薬の国際的なリスク評価機関であるJMPR(FAO/WHO合同残留農薬専門家会議)における、ARfD設定のためのガイダンス作りにおいて中心的な役割を果たした、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)及び元米国環境保護庁(EPA)の専門家をお招きし、諸外国におけるARfD設定の考え方などについて情報提供していただきます(同時通訳付き)。
 なお、本シンポジウムにはどなたでも参加できますが、講演に専門的な内容が含まれていますので、食品衛生に関する一定の知識をお持ちの方を主な対象者と考えております。

1.開催日時:平成27年10月7日(水) 14:00〜17:00

                         (13:30 受付開始)

2.会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)  別紙1 地図参照[PDF:73KB]

3.主催:食品安全委員会

4.募集人数: 約200名

5.参加料: 無料

6.プログラム(予定) 別紙2 議事次第参照[PDF:80KB]

7.参加者の募集(報道関係者は「8.報道関係者の皆様へ」を御覧ください):

 食品安全委員会ホームページ(http://www.fsc.go.jp/)において、9月8日(火)17:00 から受付を開始します。具体的には、以下のURLにアクセスし、インターネット上でお申し込みいただく形としています。

 申込先:https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0769.html

 申込締切:平成27年9月30日(水) 17:00
  申込は締切ました。多数のご応募ありがとうございました。

 ※ 希望者が多い場合は、先着順で締め切らせていただく場合がありますので御了承ください。

  • 参加の可否は、「参加証」のFAX又は電子メール送信により、御連絡いたします。
  • 参加証は、本シンポジウム当日に、会場受付で御提出いただきます(参加証をお忘れになった場合等は、身分を証明するもの(運転免許証、健康保険証、社員証など)を御提示いただきます。)。
  •  参加申込の際に御記入いただく項目については、当方から必要に応じて御連絡させていただく場合があるほか、会場での参加確認や、どのような立場の方々が御参加されているのかの把握のために、お尋ねしております。
  • 本シンポジウムは、マスコミにすべて全て公開いたします。発言者・参加者の写真又は映像等が、配信・報道される可能性があります。
  • 本シンポジウムは同時通訳で行います。会場にて受信機器をお貸しいたします。

8.報道関係者の皆様へ

 本シンポジウムは公開といたします(カメラ撮り可)。参加を希望される場合は、平成27年9月30日(水)17:00までに、「農薬国際シンポジウム参加希望」と明記し、以下の事項を御記入の上、次頁の問い合わせ先まで、FAXで御連絡ください(様式自由)。
1. 会社名   2. 氏名   3. TVカメラの有無   4. 電話番号 5. FAX番号  6. 住所   7. 参加人数

 

【問合せ先】
内閣府食品安全委員会事務局 情報・勧告広報課
TEL:03-6234-1182、1146
(受付時間 10:00〜17:00 土日・祝日除く)(担当:武元、小財)
FAX:03-3584-7392


 

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)