意見交換等 開催案内

食品安全委員会 国際専門家招へいプログラム「農薬の急性参照用量(ARfD)の設定に関する国際シンポジウム」の開催のお知らせ

公開

平成27年9月3日
内閣府食品安全委員会事務局

食品安全委員会 国際専門家招へいプログラム

「農薬の急性参照用量(ARfD)の設定に関する国際シンポジウム 」の開催のお知らせ

 食品安全委員会は、下記の要領で、「農薬の急性参照用量(ARfD)設定に関する国際シンポジウム」を開催します。参加者の募集は、追ってお知らせいたします。

 食品安全委員会が行う農薬のリスク評価(食品健康影響評価)においては、一日摂取許容量(ADI)に加え、昨年6月より、ヒトの24時間又はそれより短期間の経口摂取で健康に悪影響を及ぼさないと推定される摂取量(急性参照用量:ARfD)の検討を行っています。農薬の毒性試験は、主にADIを設定することを意図して行われていることから、ARfDの検討に当たり、単回投与などにより認められる毒性影響を把握するには、知見や経験が必要です。
 そこで、農薬の国際的なリスク評価機関であるJMPR(FAO/WHO合同残留農薬専門家会議)における、ARfD設定のためのガイダンス作りにおいて中心的な役割を果たした、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)及び元米国環境保護庁(EPA)の専門家をお招きし、諸外国におけるARfD設定の考え方などについて情報提供していただきます(同時通訳付き)。
 なお、本シンポジウムにはどなたでも参加できますが、講演に専門的な内容が含まれていますので、食品衛生に関する一定の知識をお持ちの方を主な対象者と考えております。

1.開催日時:平成27年10月7日(水) 14:00〜17:00

                         (13:30 受付開始)

2.会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)  別紙1 地図参照[PDF:73KB]

3.主催:食品安全委員会

4.募集人数: 約200名

5.参加料: 無料

6.プログラム(予定) 別紙2 議事次第参照[PDF:59KB]

7.参加者の募集(報道関係者は「8.報道関係者の皆様へ」を御覧ください。)

 食品安全委員会ホームページ(http://www.fsc.go.jp/)において、近日中に受付を開始します。応募方法等の詳細については、しばらくお待ちください。

 詳細はこちら

8.報道関係者の皆様へ

 本シンポジウムは公開といたします(カメラ撮り可)。取材を希望される場合は、事前に御連絡ください。事前に連絡が必要な事項等の詳細については、参加者募集と併せてお知らせしますので、しばらくお待ちください。

 詳細はこちら

 

【本シンポジウムの内容に関する問合せ先】
内閣府食品安全委員会事務局 情報・勧告広報課
TEL:03-6234-1182、1146
(受付時間 10:00〜17:00 土日・祝日除く)(担当:武元、小財)


 

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)