ホーム > 意見交換等 >食品安全委員会と欧州食品安全機関との定期会合の開催について

意見交換等

食品安全委員会と欧州食品安全機関との定期会合の開催について


公 開

平成24年11月1日
内閣府食品安全委員会事務局


食品安全委員会と欧州食品安全機関との定期会合の開催について



 食品安全委員会では、2009年12月に締結された「食品安全委員会と欧州食品安全機関との協力文書」に基づき、標記定期会合を下記のとおり開催することになりました。 この度の定期会合では、両機関の活動と今後の課題について情報・意見交換を行います。



1.
開催日時
平成24年11月28日(水) 10:00-12:00
2.
会  場
 :
食品安全委員会事務局 会議室
(港区赤坂5−2−20 赤坂パークビル22階)
別添地図参照[PDF]
3.
参加者 :
1)欧州食品安全機関  
Catherine Geslain- Lanéelle長官
Bernhard Url氏(リスク評価及び科学的支援課長)
Tobin Robinson氏(新興リスク室長) 他
2)食品安全委員会  
熊谷 進委員長
佐藤 洋委員長代理
山添 康委員長代理
三森 国敏委員長代理 他
4.
傍聴希望者の受付

 傍聴を希望される方は、受付時間(9:20~9:50)までに会議室入口で受付を済ませてください。一般の方の傍聴は先着40名までとさせて頂いております。人数に達した場合及び受付時間終了後は入場できませんので、その際には御了承下さい。
 なお、入居ビルのルールに従い、入館時にセキュリティチェックが行われますので、身分証明書等本人の確認ができるものを持参願います。また、本会合はどな たでも傍聴できますが、議事に専門的な内容が含まれておりますので、食品安全に関するリスクについて基礎的な知識をお持ちの方を主な対象者と考えております。
※本会合は日英同時通訳により実施されます。
5.
報道関係者の皆様へ

 取材は可能です。ただし、カメラ撮りについては冒頭のみでお願いします。
 また、TV撮影を希望する場合は、ビルのセキュリティーの関係上、前日までに必ず会社名、人数の登録をお願いします。(入館方法は、一般傍聴の場合と同じです。)

※ 傍聴の方から食品安全委員会の運営等について御意見を伺う試みとして、大会議室横の展示スペースに「コミュニケーションBOX」を設置しています。
 提出していただいた御意見を参考に、今後の委員会運営の改善に努めていくこととしています。


【本件連絡先】
内閣府食品安全委員会事務局
情報・緊急対応課 井関・椛本
電話:03-6234-1122

食品安全委員会について(http://www.fsc.go.jp/
食品安全委員会(委員長:熊谷進(くまがい・すすむ))は、食品中に含まれる農薬や食品添加物などが健康に及ぼす影響を、科学的に評価する機関(リスク評価機関) です。7名の委員で構成され、12の専門調査会において170名を超える専門委員の協力により、企画等、添加物、農薬、動物用医薬品、化学物質・汚染物質、器具・ 容器包装、微生物・ウイルス、プリオン、かび毒・自然毒等、遺伝子組換え食品等、新開発食品、肥料・飼料の分野のリスク評価等を行っています。

欧州食品安全機関 EFSA: European Food Safety Authority について
欧州食品安全機関は、欧州委員会とは法的に独立した機関として2002年1月に設立されました。食品の安全性に関して、欧州委員会など食品のリスクに関する科学的な 助言とコミュニケーション手段を提供しています。リスク評価は、同機関内の科学パネルが担っています。作物の病虫害、飼料、動物福祉を含めた、あらゆる食品に係る リスクが評価の対象となっています。
EFSAホームページ: http://www.efsa.europa.eu/
 


〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)