意見交換等 開催案内

平成27年度「食品を科学する―リスクアナリシス(分析)連続講座―」に係る受講者の追加募集のおしらせ

公開

平成27年8月18日
内閣府食品安全委員会事務局

平成27年度「食品を科学する-リスクアナリシス(分析)連続講座-」

に係る受講者の追加募集のお知らせ

 

 

 食品安全委員会主催の平成27年度「食品を科学する―リスクアナリシス(分析)連続講座―」について、受講者の枠に多少の余裕があります。つきましては第2回リスクアナリシス連続講座について下記のとおり受講者を追加募集いたします

 食品の安全について御関心のある方はどなたでもご応募いただけます。たくさんの御応募を、心よりお待ちしております。

1.開催日時:平成27年9月3日(木)13:30〜15:30

 

2.講義テーマ:食べ物のおいしさと安全・安心 〜新鮮なものは本当に安全?〜

 

3.講師:食品安全委員会 委員 石井克枝

 

4.会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34 )【会場案内図参照[PDF:198KB}】別ウインドウで開きます

 

5.主催:食品安全委員会

 

6.募集対象:食品安全に関してご関心のある方であれば、どなたでもご応募いただけます。

 

7.募集人数:50名(受講費:無料)

 

8.応募方法:受講をご希望の方は、次のアドレスから所定の事項を入力しお申し込み下さい。

申込フォームアドレス:https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0762.html別ウインドウで開きます(外部サイト)

 

9.申込締切日:平成27年8月26日(水)

 (なお、応募者多数の場合、受講者を選考させていただきますので、受講をお断りする場合がございます。)

 

10.受講可否の通知:受講の可否通知及び受講者への受講証は、平成27年8月27日(木)までに電子メールにて送信いたします。

 

11.「食品を科学する―リスクアナリシス(分析)連続講座―」の概要:

 食べることから逃れられない人類は、リスクのある食べ物を知恵と経験(科学)でより安全に食べられるようにしてきました。現代の日本では、食品の安全に関してリスクアナリシス(分析)という考え方が基本となっています。その考えにより、食品安全委員会は、科学的なデータに基づき、食品中に含まれる食品添加物や農薬、食中毒原因微生物等が人の健康に及ぼす影響を科学的に評価しています。

 本講座では、食品の安全やリスクに関する基本的な考え方やホットトピックスについて委員が交代で解説し、受講者の皆様と一緒に考えていきます。

 今回のプレスリリースは本連続講座の第2回について受講者を追加募集するものです。既に連続講座に応募されている方は今回応募する必要はありません。また、連続講座の全6回に出席した方には修了証を発行する予定にしておりますが、今回追加で応募された方には残念ながら修了証は発行しませんのでご了承ください。

 なお、「食品を科学する―リスクアナリシス(分析)連続講座―」の概要については、別添[PDF:100KB別ウインドウで開きますをご参照ください。

 

12.その他

   第2回から第6回全ての講座の受講をご希望の方は、応募フォームの所定欄のチェックをお願いします。

  

  • <備考>

  • 名前・住所等の個人情報は、本講座に関わる目的以外には使用いたしません。
  • 当日は、報道機関の取材でカメラ撮影が行われる場合があり、紙面やニュースなどで、受講者の姿を含む写真や映像などが報道される可能性があります。
  • 主催者のホームページや広報資料等に、受講者の姿などを含む写真等を使用させていただく場合があります。あらかじめ御了承ください。

 

(報道関係者の皆様へ)

 

 本連続講座は公開といたします(カメラ撮り可)。

 取材を希望される場合は、当日受付にて下記の項目を御伝えください。

(1)社名 (2)氏名 (3)TVカメラの有無 (4)電話番号 (5)FAX番号 

(6)住所 (7)参加人数

 なお、本講座は報道関係者の皆様に受講いただくことも可能です。

 

 

【本件連絡先】
内閣府食品安全委員会事務局
情報・勧告広報課 武元、平塚
     電話:03-6234-1182、1155

 

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階 TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)