意見交換等 開催案内

プレスリリース

報道関係者との意見交換会(会場及びオンライン)のお知らせ(令和3年12月1日)

令和3年11月15日
内閣府食品安全委員会事務局

第3回 報道関係者との意見交換会(会場およびオンライン)の参加者を募集します

テーマ:「加熱不足による食中毒を防ぎたい〜肉を安全に調理するポイント」

− 12月1日(水)15時開催 −

 

◆ 食品安全委員会は、令和2年度の調査事業において「加熱調理の科学的情報の解析及び画像の開発」を行いました。家庭での食中毒発生防止に役立てるため、食品が必要充分な範囲で加熱されていることを判断するための温度と画像のデータを収集しました。

◆ インターネット等に見られる低温調理のレシピの中には、加熱に問題がある場合があり、またハンバーグの生焼けや鶏肉の加熱不足による食中毒も懸念されます。そのため、家庭でご馳走を作る機会の多い年末年始に先駆けて、皆さんに情報提供し、ご質問にも回答します。

◆ 今回は、「肉の低温調理」「ハンバーグ」「鶏のからあげ」「トンカツ」の調理時の温度変化と安全に食べるためのポイントを紹介します。

◆ 解説は、食品安全委員会の香西みどり委員が行います。質問にも回答します。

◆ 会場およびオンラインにて開催します。事前申込制、参加無料。参加者は事後のアンケートに御協力ください。

◆ 食品安全委員会は、報道関係者の方々に食品安全に関する理解を深めていただくため、時々のトピックスに応じたセミナーなどを、随時開催することとしています。

 

1.開催日時:令和3年12月1日(水)15時00分から16時30分(予定)

2.開催形態:会場およびWeb会議システムによる

        会場:食品安全委員会委員会 中会議室(港区赤坂5−2−20 赤坂パークビル22階)

        Web会議システム:Webex             

3.対象者 :報道関係者

4.参加可能人数:会場10名、オンライン100名(どちらも先着順)

5.プログラム内容:

(1)「おいしさと安全を両立する肉の加熱方法について」(40分)

      食品安全委員会委員 香西 みどり

(2)質疑応答(30分)

      回答者:食品安全委員会委員 香西 みどり

      司会 :食品安全委員会事務局 リスクコミュニケーション官 藤田 佳代

(3)その他

6.参加申込み要領

(1)今回の意見交換会は、会議室での対面およびオンライン(Web会議システム「webex」)により行います。
参加希望される方は、下記の参加申込フォームに、所属、氏名、メールアドレス、参加方法(会議室での対面かオンラインか)など、必要事項を記載の上、11月19日(金)14時までに入力・送信してください。
なお、参加希望者が定員(対面10人、オンライン100人)に達した場合、期日前であっても、参加をお断りすることがあります。

(2)オンライン参加希望の方については、意見交換会(オンライン)のURLを前日までに送付いたします。

(3)その他
・事前に質問をお寄せいただけると、きちんと準備した回答をすることが可能です。あらかじめ質問がわかっている場合はお申し込み時にご記入ください。
・インターネット通信料は、参加者のご負担となります。
・パソコン、タブレット、スマートフォンなどでの参加が可能ですが、安定した通信環境を推奨します。
・通信環境により、動作に支障が出る場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、ご本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

7.参加申込み

参加申込フォーム(https://form.cao.go.jp/shokuhin2/opinion-0058.html別ウインドウで外部サイトが開きます)から、
令和3年11月19日(金)14時までに登録をお願い致します。

 

【本件連絡先】
内閣府食品安全委員会事務局
情報・勧告広報課 藤田、柿谷
電話:03-6234-1139、1143

〒107-6122 東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル22階
TEL 03-6234-1166 FAX 03-3584-7390
Akasaka Park Bld. 22nd F, Akasaka 5-2-20, Minato-ku, Tokyo 107-6122, JAPAN
Phone: +81-3-6234-1166 Fax: +81-3-3584-7390

内閣府法人番号 (Japan Corporate Number) 2000012010019

食品安全委員会事務所所在地図(別ウインドウで開きます)