食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04910390149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、キジに使用するCoxiril(登録商標)(ジクラズリルを含む)の安全性及び有効性に関する科学的意見書を公表
資料日付 2018(平成30)年3月22日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は3月22日、キジに使用するCoxiril(登録商標)(ジクラズリルを含む)の安全性及び有効性に関する科学的意見書(2018年2月20日採択)を公表した。概要は以下のとおり。
 Coxiril(登録商標)はジクラズリルを0.5%含み、1.0~1.2mg/kg完全配合飼料の用量で、コクシジウム症の予防を意図してキジに使用される。
 同製品に由来するジクラズリルは、1.2mg/kg完全配合飼料でキジに対して安全である。この結論は、肉用七面鳥での許容試験で得られた結果を外挿したものである。EFSAの「動物用飼料に使用する添加物及び製品又は物質に関する科学パネル」(FEEDAPパネル)は、キジの組織及び卵中の残留の程度は、生理学的に類似する主要動物種(鶏及び肉用七面鳥)において得られたものと同じであると考えた。
 Coxiril(登録商標)を最大濃度1.2mg/kg完全配合飼料でキジに使用することは、家きんに関して設定された最大残留基準値(MRL)を超えない限り、消費者に対して安全であると考えられる。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL https://efsa.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.2903/j.efsa.2018.5196