食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04560540450
タイトル Eurosurveillance:「2016年6月豪州ビクトリア州におけるノロウイルス中間変異株(intervariant)GII.4再集合体:次の流行変異株?」
資料日付 2016年9月29日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  Eurosurveillance (Volume 21, Issue 39, 29 September 2016)に掲載された論文「2016年6月豪州ビクトリア州におけるノロウイルス中間変異株(intervariant)GII.4再集合体:次の流行変異株?(A norovirus intervariant GII.4 recombinant in Victoria, Australia, June 2016: the next epidemic variant? )、著者L Bruggink(Royal Melbourne Hospital, The Peter Doherty Institute for Infection and Immunity, 豪州)ら」の概要は以下のとおり。
 2015年8月に豪州ビクトリア州でノロウイルス再集合体GII.P4_NewOrleans_2009/GII.4_Sydney_2012株が低頻度で初めて検出された。その後遺伝的変化を伴い2016年6月に再興した。ビクトリア州からの14年間のサーベイランスデータを分析した結果、これらの変異株の最初の検出からその後の流行の発生の間に2~7か月の遅れがある特徴が示された。最近の再集合体株は大流行の変異株となり得る可能性があると思料される。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) Eurosurveillance
情報源(報道) Eurosurveillance
URL http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=22594