食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04340320477
タイトル カナダ公衆衛生庁(PHAC)、腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒について、最新情報を公表
資料日付 2015(平成27)年9月16日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ公衆衛生庁(PHAC)は9月16日、腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒について、最新情報を公表した。概要は以下のとおり。
 9月14日の時点で、遺伝子フィンガープリントが一致している患者は、前回(9月2日)の公表時から5人増の31人となった(内訳は、アルバータ州で1人、オンタリオ州で11人、ケベック州で17人及びノバ・スコシア州で2人。)
 感染源又は原因となった製品は特定されておらず、調査は継続中である。
 患者らは、7月6日~9月4日に発病した。患者発生のピークは7月25日~8月1日であった。7人が入院したが、全員が回復又は回復途上にある。
 PHACは、この集団食中毒に関する情報を、8月24日に初めて公表し(患者数24人)、次いで9月2日(同26人)に更新した。
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ公衆衛生庁(PHAC)
情報源(報道) カナダ公衆衛生庁(PHAC)
URL http://phac-aspc.gc.ca/phn-asp/2015/ecoli-20150824-eng.php