食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04340300104
タイトル 米国疾病管理予防センター(CDC)、輸入きゅうりが原因とみられるSalmonella Poonaによる集団感染情報を更新
資料日付 2015(平成27)年9月22日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国疾病管理予防センター(CDC)は9月29日、輸入きゅうりが原因とみられるSalmonella Poonaによる集団感染情報を更新した。概要は以下のとおり。
 9月28日現在34州から計671人の感染届出があった。前回(9月22日)の更新以来新たに113人増えた。感染者は7月3日から9月21日までの間に発病しており、年齢は1歳未満~99歳(中央値17歳)で、18歳未満が51%で女性が54%を占める。情報の得られた459人中131人(29%)が入院し、3人が死亡した。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/疾病管理予防センター(CDC)
情報源(報道) 米国疾病管理予防センター(CDC)
URL http://www.cdc.gov/salmonella/poona-09-15/index.html